Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

≫ EDIT

アクセサリー収納

自分でアクセサリーを作るようになってから、どんどん増えるイヤリング類。(苦笑) そんな私のアクセサリー類は、アイリスオーヤマの木製フロアケースで収納しています。これ、木枠部分がIKEAの棚ぐらいしっかりしている家具調なのでお気に入りなのだ。高さが110㎝あり、上方部分のトレイは立ったまま取り出すのにちょうどいい高さなので日常よく使う細かいイヤリングやネックレスやブレスレッドなどを、すこし屈まないと取り出せない下段のほうには、たまにしか使わない物や大ぶりの物、ブランド物、ブローチなんかを収納しています。さすがにジュエリー類は布袋にいれたり別の宝石箱で保管していますが、日常使うアクセサリーなら、これで十分。

by カエレバ



トレイはいわゆる透明のプラスチック。一般的な書類ケースのトレイと同じ。トレイの中は100均の小分けトレイを使って仕切ったり、あとは無印のピルケースで小分けにしています。無印のピルケースは深めで大きいし、定番アイテムゆえいつでも買い足せるので便利。100均は同じのを買い足そうとおもっても買い足せなかったりするのがネックなんだよね・・・。ピッタリサイズのものがあって感動して買い足しにいったらもう売ってなかったり・・・。(苦笑)



写真左側のトレイは超気に入っているのだけれど、
同じものがみつけられないという・・・。(苦笑)


こちらは無印良品のピルケース。


こちらは100均の小分けケース。
ピッタリサイズな上に
隙間にこれまた無印のピルケースがピッタリなのだ。


上と同じ100均の小分けケースなのですが、
あと1つ買い足したいのに買い足せずにいます。
どこに売ってるのー?
仕方がないので、無印のピルケースを使ってます。

中に納まっているのは、買ったものもありますが、半分ぐらいが自作のイヤリングかも。イヤリングは、落としてなくすリスクが高いから基本的に安物ばかりです。自分で作ると、金具の色をゴールドとシルバーで変えるだけで雰囲気が変わったりするから、ついついいろんなパターンを作ってしまいがちなので増える一方なのだ。それらをなんとなく色分けして収納しています。ちなみにスカーフもアクセサリーとは別のフロアケースで収納しています。このフロアケース、とにかく木枠がしっかりしているのでお気に入りなんだよね。まだトレイに余裕があるから、まだまだ作って増やせます。耳たぶは2つしかないのにどんどん増えるので、毎日日替わりで積極的にどれかを身に着けて楽しんでます。

| 買い物(楽天) | 17:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・心斎橋「牡蠣 HachiRou 86」再訪

身近な所に、また牡蠣好きな人発見!というわけで、牡蠣のシーズン真っ只中ゆえ、以前訪れて気に入っているお店「牡蠣 HachiRou 86」へ一緒に行ってきました。このお店、本当に看板も入り口もわかりづらく、知らなきゃ絶対辿り着かないお店だと思うのですが、店内は牡蠣好きな方々で満席でした。さすがシーズン真っ只中。




大粒の牡蠣は食べ応え満点。やはりここのお店の牡蠣料理は文句なしに美味しい!生牡蠣三種食べ比べは、どれも好みの味でしたが、今回は岩手の牡蠣が一番好みでした。やはり大粒でミルキーな味わいの国産牡蠣が好きかも。そしてまた来月もいつもの牡蠣好きの友人と牡蠣を食べに行く予定。牡蠣の季節満喫中!
--------------------------------------
牡蠣 HachiRou 86
050-5590-5884
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-2-29 五つ星ビル 5F
食べログはこちら
--------------------------------------

| グルメ(大阪) | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・福島「燻製イナダ商店」で燻製三昧

燻製大好き!ということで、福島の燻製料理のお店へ。福島の路地の奥のほうにあり、一見するとお店だと気付かずに通り過ぎてしまいそうな外観。白い暖簾の隅の店名を確認してから入店。(笑)





レトロな民家をリノベーションしたような店内は、案外居心地の良い空間。お料理も燻製好きにはたまらない燻製づくし。たくあん、たらこ、サーモン、するめ、りんご、チーズ、パスタ、どれも燻製にしてあって美味しい。瞬間燻製したお肉は生卵を溶いたものを燻製にしてあって、それをつけて食べるのですが、残った卵で卵かけごはんを作ってくれるのですが、これがまた美味しいのです。あと、ワインもとても美味しかった。またお気に入りのお店が増えたわ~。そして、やはり福島は楽しい。
--------------------------------------
燻製イナダ商店
050-5593-5201
大阪府大阪市福島区福島3-11-24
食べログはこちら
--------------------------------------

| グルメ(大阪) | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お気に入りの秘密の隠れ家

今日はニャンニャンニャンの日です。というわけで猫ネタを。


ここはゆずさんのお気に入りの秘密の隠れ家。キッチンのテーブルの下にしまいこんだ椅子の上。ここ、ファンヒーターの熱風の吹き溜まりなのだ。しずかに覗きこんだら、この迷惑そうな目つき。本当に可愛げがない。(苦笑)

| 犬&猫 | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大殺界の最後の年

金星人マイナスの私は、今年は3年間の「大殺界」の最後の年、「減退」の年。さすが「大殺界」というべきか、大殺界1年目の「陰影」の年に父が他界、大殺界2年目の「減退」の年に愛猫ラムネが他界と、「大殺界」らしい精神的ダメージも受けておりますが、それ以外は、案外自分自身は比較的平和に過ごせている気がします。おそらく一緒に行動してくれている人たち(母を含む)が好運気ゆえ、その恩恵にあずかれているのかなぁと・・・。社交を好む金星人マイナスな私の場合、不思議なことに「大殺界」に入ると、もともとの性質(社交好き)と正反対になり、自然と出かけたくなくなるし、人にもあまり会いたくなくなるし、旅行も面倒になるし、とにかく引きこもっていたくなるのですが、それが大殺界中の金星人マイナスの私にとっては吉なんだと思います。とはいえ、「大殺界」最後の年は、案外気が緩みがちなので、気をつけないと・・・と思ってはいるのだけれど。あと1年我慢すれば、運気も上昇しはじめるし、ちょうど今のプロジェクトが終わって異動とも重なりそうだから、明るい未来を期待しつつ・・・。

| | 21:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葛根湯は食前に

実は先々週ぐらいから風邪気味。熱は全くないのだけれど、とにかく頭痛が続いて、だんだん喉も痛くなって咳も出始め、鼻も出始めたので先週病院へ行ってきた。というのも、我が職場でもインフルエンザが流行りはじめていて、私の近くの席の上司がふたりも罹患したので、もしかしたらインフルエンザかも!?と不安になったのだ。予防接種をしているから熱が出ないのかもしれないし、最近は熱の出ないタイプのインフルエンザも流行っているらしいので、自分が保菌していたら周りにも迷惑をかけるので病院へ行って一応インフルエンザの検査もしてもらいましたが、単なる風邪とのことで、抗生物質と葛根湯を出してもらいました。葛根湯、市販のものは飲んでいましたが病院でもらったのは初めてで、そのときに葛根湯は食前に、抗生物質は食後に飲んで下さいと言われました。今までずっと薬は食後に飲むものだと思い込んでいたので葛根湯も食後に飲んでいたのですが、飲み方を間違えていたのね…。このたび初めて知りました。(苦笑)

| | 22:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・北浜「サ・マッシュ」でビストロ御飯

福島、谷町六丁目と並んで私のお気に入りのグルメエリア北浜に12月11日オープンしたばかりのビストロ「サ・マッシュ」に行ってきました。帝国ホテルで15年間調理に携わっていたというシェフの井尾圭輔さんが開いたお店で、お店の名前は、フランス語でオーダーを厨房へ通す時の第一声からつけられてたのだとか。敷居の高いイメージのあるフランス料理に和のテイストを取り入れることで親しみやすくしたいというコンセプトのお店。




お店は新しくてオシャレ。木のぬくもりをモダンテイストに加えた空間は、とても居心地も良いです。メニューはアラカルトなのですが、基本的にお肉料理が多い印象です。いただいたのは、フォアグラと大根のお料理や、燻製鴨、鹿肉、鮮魚のカルパッチョなどなど。ただこちらのお店、炭水化物メニューがほとんどありません。パンはありますが別料金です。締めの炭水化物がないと、どうも物足りないのよね…。締めに麺(パスタ)やお米(リゾットなど)を食べたくなる。(苦笑) あくまで、お酒を飲んで料理をつまむお店なのかな。一皿のポーションも控えめなので、2人でシェアしてちょうど良い感じ。3人や4人だと少し物足りない量かも。でもお店の雰囲気はとても良いので、気に入りました。2人で食事するときに使いたいお店。
-----------------------------------------------
サ・マッシュ
050-5594-7687
大阪市中央区北浜1-5-7 M.D.ビルディング 1F
食べログはこちら
-----------------------------------------------

| グルメ(大阪) | 20:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今さらですが、ねこあつめデビュー

今さらですが、ねこあつめデビューしました。ゲーム類に全く興味がないので、今まで一度もスマホゲームアプリをダウンロードしたことがないのだけれど、職場の同僚Nさんに「猫大好きなJOLLYさんなのに、ねこあつめ、しらないの?」と言われ、「すごく癒されるからオススメよー。私もやってるんだけど」とスマホの画面を見せられて、誘われるがままにダウンロードしてしまったら、けっこう簡単で面白い。庭先にエサやおもちゃを置いておくと、どこからともなく猫さんが集まってくるだけのことなんだけれど、その猫さんが62種類もいるらしい。集まってきた猫さんは、御礼に「にぼし」や「たからもの」を置いていく。その「にぼし」で、また新たなエサやおもちゃを買ったり、庭を拡張したりして、猫さんをさらに庭へ誘って猫を集めていくというゲーム。訪れた猫は「ねこ手帳」に記録されていき、写真にとったりもできる。



最初は面白いのか半信半疑だったのだけれど、ジワジワと猫が集まってくると、その仕草に妙に癒される。(笑)Nさん曰く、62種類の猫さんたちにはレアキャラなんかもいたりするらしい。課金されるんじゃないの?と警戒心満点で始めたけれど、いまのところお金も使わずに楽しめています。とりあえず猫が可愛いので画面を見ては癒されています。

| | 22:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リアルタイムで男子フィギュアスケート

平昌オリンピック、さほど興味もなくて、あまり見ていなかったのですが、昨夜たまたまテレビをつけたらNEWS ZEROで男子フィギュアスケートのショートプログラムのおさらいをしていて、なんとなく見てたらフリープログラムも気になったので、今日は母上とリアルタイムで鑑賞。

羽生結弦選手にも宇野昌磨選手にも特に思い入れはなかったつもりでしたが、ジャンプのたびに固唾を飲んで緊張して見ている自分に気づきました。そして金メダル、銀メダルという結果に安堵。いやはや心臓に悪いね。(笑)でも感動&楽しませてもらいました。

今回は櫻井キャスターを追いかけることもやめてしまったこともあり、ほとんど録画もしていませんでしたが、NEWS ZEROだったり競技中継だったりで本当に良い顔をしていて(相変わらず丸々してるけど)、録画しておけば良かったなとプチ後悔。とくに高梨沙羅選手が飛んだときの涙。あのしょーさんが感動して泣いてるなんて…。男子フィギュアを見つめるお目目キラキラも可愛いかった~。って、結局私の着地点はそこ?(笑)

| 未分類 | 23:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

IOPE(アイオペ)のクッションファンデ

クッションファンデに苦手意識がある私なのだけれど、自称クッションファンデの達人な義理の妹が「いろいろ使ってみたけれど、やはり元祖クッションファンデブランドIOPE(アイオペ)が最強だと思います。崩れにくいしオススメです。」と言うので、その言葉を信じて買って使っています。安売りしていたものを買ったので、旧版なのかもしれません。ケースはこんな感じの玉虫色に光るシルバーっぽい色です。





色は、とりあえず23番にしました。ちょっと黒いかなーと思いつつも、韓国コスメは基本日本人には白すぎる印象ゆえ、白浮きするのはイヤだったので23番にしたのだけれど、ちょうどいいです。 コンパクトの内部は写真のようにスポンジの表面に凹凸があるのでファンデがつきすぎず、ちょうど良い量を肌に乗せれます。たしかに今まで使ったことのあるクッションファンデの中ではダントツでテクニックいらずで綺麗に塗れるので簡単。カバー力は、それほどでもなく、どちらかというとナチュラルな仕上がりで、つけた直後よりも少し時間が経ってからの方が綺麗な印象。涼しくなるまでしばらく封印し、汗をかかなくなってきて乾燥がそろそろ気になり始めたころから使い始めたのだけれど、全く崩れないわけではなかったですが、崩れ方が汚くないのと、お直しのときに上から重ねてもヨレずに綺麗に修正できるのがポイント高め。

今まで使ったクッションファンデはつけた直後はとても綺麗なんだけれど、しばらく経つと崩れはじめ、お化粧直しで重ねるとヨレてさらに汚くなって結果ドロドロに・・・という残念な印象だったのですが、確かに義妹の言うとおり、今まで過去に使ってみたクッションファンデの中では一番使いやすい。そのままだと、ウルっとした艶肌ですが、私はマットな質感が好みゆえ、相変わらず上からお粉を重ねていますが、そのままでもテッカテカではないので、案外使いやすい。クッションファンデ(というか韓国コスメ全般的に)はやはり保湿力が優秀だね。そのぶん崩れやすいんだけれども。(苦笑) 冬場の乾燥が気になる時期には、かなり強い味方かも。乾燥から肌が守られている気がする。IOPEのクッションファンデ、マットタイプってのもあるらしいから、次はそっちを使ってみようかな。

by カエレバ

| コスメ | 22:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「怪しいパートナー」

韓国ドラマ「怪しいパートナー」をみました。チ・チャンウクの入隊前の最後の作品で、ジャンルはロマンチックコメディとのこと。

 


チ・チャンウクは大好きだけれど、ロマンチック・コメディ(=ラブコメ)というジャンルが好きではないし、ヒロインもナム・ジヒョンだし(ナム・ジヒョン、嫌いじゃないんだけれど、チ・チャンウクの恋の相手としては少し物足りない)・・・と低めのモチベーションで見始めたのですが、なんのなんの。

これが意外や意外に面白かった!

というのもラブコメというよりも、登場人物たちが検事と弁護士なので、法廷モノの要素が強くて、クライムサスペンス要素もあって、これらの要素にラブを加えて物語を引っ張っていく感じだったので、そのバランスがラブコメ嫌いで法廷モノが大好きな私にはとても好ましかったのです。といっても最初はラブコメにありがちな「出会いは最悪」「まさかの再会」「次第に恋に発展」っていう王道のトタバタ展開でゲンナリしたのですが、そこからまさかの殺人事件勃発で物語が急展開で事件性を帯びていったので、最後まで目が離せなくなりました。

ヒロインのナム・ジヒョンは、最初「チ・チャンウクの恋の相手には似合わないわー。若すぎるし、ビジュアル的にも微妙・・・。」と思っていたのですが、前半はひたすらチ・チャンウク演じるノ・ジウクに一方的に片思いしているという設定だったこともあり、その恋のパワーバランスに全く違和感がなかったせいか、ボンヒというキャラがとてもチャーミングだったこともあり、途中からは可愛く思えてきて、恋の行方も最後まで微笑ましく見れました。しいていうなら、ナム・ジヒョンの茶髪がちょっと下品で残念だった。(苦笑)もう少し落ち着いた色味のほうが本人の顔にもチャンウクとの2ショット的にも似合うと思うのだけれど・・・。(苦笑)

で、お目当てのチ・チャンウクですが、「チ・チャンウクはじめてのロマンチック・コメディ」とのことでしたが、そうなの?ってぐらいチ・チャンウクはコミカルな演技が上手いイメージ。「奇皇后」のタファンも前半のヘナチョコ王子っぷりはコメディ色が強かったし、「ヒーラー」のパク・ボンスとして新聞社に潜入していたシーンなんかもコメディだと思っていたし、そして今回の「怪しいパートナー」でも、コミカルな演技が光っていました。ヒステリックになったり、ムキになったり、クルクル変わる表情を楽しめて微笑ましいシーンがいっぱい。 しかもデキる男の役だからカッコいいのは言わずもがな。スーツ姿も多いので、これまたしっかり目の保養。あんなイケメンで仕事もデキる男と一つ屋根の下に暮らすことになって、料理も作ってくれたら、そりゃー誰でも惚れてまうやろ!(笑)文句なしで魅力的でした。 後半、恋のパワーバランスが逆転したあたりでは、やはり少し納得のいかない部分もありましたが、とにもかくにもボンヒが羨ましすぎました。でも、やっぱり不潔な女はイヤだわー。(苦笑)

脇役の方々もいい味を出してました。ヘラヘラしているけれど、仕事ができる弁護士(チェ・テジュン)もいいし、ライバル女たちもいい味出してたし、悪役たちの憎たらしさも良かったです。2PMのチャンソンの出番があれだけだったのはさみしかったですが。(笑)

途中の事件の真相のあたり、子供の頃に自分が行ったことが、後々こんな大きな事件にかかわっていたとは!?っていう苦悩の場面は、チュウォンの「猟奇的な彼女」と重ね合わせてみてしまいました。放映時期も似ていたし、私が鑑賞した時期も同じだったから余計に。そこも含めて面白かったのだけれど。

チ・チャンウク作品も私としては全くハズレがないんだよねー。娯楽要素が強い作品が多くて気楽に見れて面白い。ますます大好きになりました。チュウォン共々、除隊後の作品を楽しみに待っておこう。

| ドラマ | 20:23 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・北新地「キャトルラパン」でフレンチ

ずっと行きたいなーと思っていた大阪・北新地のフレンチ「キャトルラパン」に連れて行ってもらいました。(嬉) 場所がら同伴出勤前のお客様の多いこと、多いこと。20時にサーっと消えていく。(笑) なので20時以降は案外空席ありかも。




予約から会計まですべてお任せだったのでコースのお値段等の詳細不明。とにかくボリューム満点。うっかりすると前菜盛り合わせだけで満腹になりそうな勢いのボリュームです。お料理はガッツリ系。ガッツリ系でボリューム満点なので、男性でも満足できそうな雰囲気。(だから同伴が多いのか?) 食の細い人には向かない。オマール海老はプリップリ。そしてビスクスープがこれまた美味しい。そして写真では伝わりづらいけど厚さしっかりのステーキの上に厚さしっかりのフォアグラが乗っています。フォアグラ好きにはたまりません。全体的にガッツリ系だけれど、さほどクドイ感じもありません。美味しいです。しっかり食べたいときにオススメのお店。
------------------------------------------------
キャトルラパン
06-6343-8663
大阪府大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル 2F
食べログはこちら
-------------------------------------------------

| グルメ(大阪) | 23:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

山田×樫本 ×センチュリー 夢の響宴

久しぶりにクラッシックの演奏会に行ってきました。シンフォニーホールの日本センチュリー交響楽団特別演奏会。お目当ては樫本大進のバイオリン。好きなんです。樫本大進のバイオリン。先月、NHKで放映されていたサントリーホールでの指揮フィリップ・ジョルダン(オケはウィーン交響楽団)とのメンデルスゾーンの協奏曲もしっかり録画して聞いて、やっぱり素敵な音色だわーと惚れ惚れし(メンデルスゾーンのコンツェルトは言わずもがななのだけれど、アンコールのバッハの「無伴奏バイオリン・パルティータ 第3番 ジーグ」がこれまた素敵すぎた。)、さらに期待を高めて聞いてきました。


日本センチュリー交響楽団特別演奏会
山田×樫本 ×センチュリー 夢の響宴

2018年2月13日(火) 19:00 開演

[指揮]
山田和樹(モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団芸術監督兼音楽監督)
[ヴァイオリン]
樫本大進(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 第1コンサートマスター)
[管弦楽]
日本センチュリー交響楽団

[曲目]
サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲 第3番(ヴァイオリン:樫本大進)
チャイコフスキー:交響曲 第4番 ヘ短調



やはり、樫本大進のバイオリン好き!綺麗な音なのは言わずもがな、優しい温かみがある音色で超癒される…。アンコールのバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番第3楽章がこれまた超素敵だった!

山田和樹氏の指揮は初めて拝見&拝聴しました。なかなか個性的というか、パフォーマンスが派手な方で、とにかく動きが元気いっぱいで派手。(笑) サン=サーンスのコンツェルトのほうは樫本大進氏に夢中で、さほど気にならなかったのだけれど、チャイ4はめちゃくちゃ動きが目に付いて気になって気になって面白かった。(笑) チャイコフスキーの4番の演奏は第一楽章と第三楽章の演奏があまり好みじゃなかったかなぁ。オケも指揮も。(苦笑) 第ニ楽章と第四楽章は特に苦手とは感じなかったんだけどね。(苦笑) なので、余韻という意味では大進付きのサン=サーンスを後に聞きたかったかも。(苦笑)

樫本大進氏は2月16日のN響の第1880回 定期公演 Cプログラムにも出演し、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィと、今回と同じ曲、サン・サーンスの第3番の協奏曲を披露するとのこと。N響だし、NHKで放映されるかな?

ちなみに本日のアンコールはこちら

でした。

| 音楽 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・谷町九丁目「彭家タッカンマリ」でまたまたタッカンマリ

最近、めっぽう寒いので、そろそろタッカンマリじゃね?って話になり、またまたお気に入りのペンガタッカンマリへ。最近、日本でもタッカンマリ(=韓国の鳥一羽まるごと鍋)が有名になってきたのか、チラホラと他のお店でもメニューに並んでいるのを見かけるようにはなってきたのだけれど、あちこちで食べ比べた友人たちとの話を総合すると、やはり大阪では、ここのが一番本場ソウルの味に近くて美味しいという結論に。なので私もここ以外で食べる気になれないため、タッカンマリが食べたくなったらここに通っています。



タッカンマリを食べたことがないという友人たちも、一度ここ(またはソウル)で食べたら必ずハマって、みんなすっかりリピーター&タッカンマリ仲間になっていくという。こちらのお店、全然オシャレなお店ではないけれど、かといってコテコテの韓国食堂という感じでもなく、程よいお店です。一生懸命日本語で接客してくれるお兄さんたちの好感度も高く、しかも月末はタッカンマリ半額デーなんてイベントを毎月開催しているので、末日を狙っては集合がかかる(&かける)。韓国人のお客さんも多いので本国の方たちからも支持されている様子。

今回も安定の美味しさでした。締めのククス(韓国のうどん)までしっかりと食べて大満足。またタッカンマリ気分になったら誘ってねー。
------------------------------------
彭家 タッカンマリ
大阪市天王寺区生玉町12-1 朝日プラザ高津3 105
050-5869-3264
食べログはこちら
------------------------------------

| グルメ(大阪) | 22:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

AESOP(イソップ )のレスレクションハンドバーム

楽天スーパーセールのときにAESOPのレスレクションハンドバームのデカボトル(500ml)が送料無料で定価より2000円近く安くなっていたからポチりました。これ、高いけど香りも使用感も最高なんだよねー。肌荒れは治るしサラサラしていてベタつかないし、香りも癒される。とりわけ香りが大好き。やはりハンドクリームは香り重視です。





本当は真ん中のサイズ(120ml)のビンのを買うつもりだったのに、一瞬で売り切れたからデカボトルを買うことに。ちなみに定価は

75ml 2700円
120ml 3888円
500ml 10800円

なかなかデカいのは気軽には買えません。(苦笑) ボーナスが出た&増えていた&スーパーセールだからこそ勢いで買いましたが。(苦笑)これは会社に置いて使っています。これを使い始めた日に後ろの席にいる同僚男子が、「うちの部署、いつからアロマを炊くようになったんですか?アロマ屋さんのめっちゃいい香りがします。」って言ってきたので、「アロマは炊いてないよ。このハンドクリームの香りじゃない?」って言って手をヒラヒラしたら「あ!この香りです!めっちゃアロマ屋さん!」って言われました。(笑)





後から持ち歩き用にチューブタイプも追加。外出先で使うと香りにさらに癒されます。とりあえず、しばらくはハンドクリームには困らないな。(笑)

| コスメ | 00:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・難波「外灘紅緑灯 (ワイタンホンリュウドン) 新なんば店」で女子会

前回訪れて気に入った「外灘紅緑灯 (ワイタンホンリュウドン) 新なんば店」にて総勢6名の女子会。



やはり中華は大人数だとたくさんの種類が食べれるから良いね。ここはほんとに女子会向きだと思う。
---------------------------------------------
外灘紅緑灯 (ワイタンホンリュウドン) 新なんば店
大阪市浪速区難波中3-1-6
TEL:050-5868-2928
食べログはこちら
---------------------------------------------

| グルメ(大阪) | 23:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「マンハント」

2月9日(金)、本日公開の中国映画(日中合作?)『マンハント』を試写にて観賞。西村寿行原作、高倉健主演の日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」をリメイクしたサスペンス・アクション大作で、監督は大好きなジョン・ウー。主演は中国人俳優のチャン・ハンユー。大阪で国際弁護士をしている中国人の主人公(チャン・ハンユー)が殺人事件にまきこまれ無実の罪で追われて大阪の街を逃げ回り、それを執念で追いかける大阪府警の刑事を演じているのが福山雅治。簡単に言えば、大阪を舞台にしたチャン・ハンユーと福山雅治の鬼ごっこ。ちなみに主演の二人(チャン・ハンユーと福山雅治)には全く興味ナシ状態で鑑賞しました。


『マンハント』
【原題】「追捕/MANHUNT」
【製作】2017年 中国
【監督】ジョン・ウー
【出演】チャン・ハンユー(ドゥ・チウ)、福山雅治(矢村聡)、チー・ウェイ(遠波真由美)、ハ・ジウォン(レイン)、國村隼(酒井義廣)※友情出演、竹中直人(伊藤) ※特別出演、倉田保昭(坂口秀夫)※特別出演、斎藤工(犯人A)※特別出演、アンジェスル・ウー(ドーン)、桜庭ななみ(百田里香)、池内博之(酒井宏)、TAO(田中希子)、トクナガクニハル(浅野雄二)、矢島健一(堂塔)、田中圭(北川正樹)、ジョーナカムラ(青木)、吉沢悠(犯人B)
【原作】西村寿行『君よ憤怒の河を渉れ』(徳間書店刊)



この映画、日中(韓?)合作映画とのことで、物語の舞台が大阪。よって撮影もオール日本ロケ(大阪・奈良・岡山あたりで撮影された様子)。大阪が舞台ということで、当然ながら大阪の各地でも撮影されており(※大阪各地でロケ地マップを配布中とのこと)、実は私もこの作品には仕事で少し関わっており、撮影にも立ち会いました。撮影は2016年の初夏~だったので、かれこれ2年ほど前ですが、映画って公開まで時間がかかるものなんだなーとシミジミ。日中韓の俳優女優が出演していることもあり、劇中での会話は、日本語・中国語・英語とチャンポン状態です。福山雅治氏は英語のシーン多め。 

で、そんな映画の感想ですが、 やはりねー、日本が舞台なだけに、外国人が描くトンチンカンJAPANが炸裂していて、ツッコミどころは満載なのです。とりわけ大阪が舞台なので、よけいにツッコミたくなることが多々あったりします。(苦笑) でもねー、私は、このジョン・ウーのツッコミどころ満載の世界観、本人たちは至って真面目なのに失笑系オモローなテイストに仕上がってしまっている残念な感じ(=アホアホ系)って結構好きなんだよねー。(笑)なので個人的には面白かったです。ただ失笑系の面白かったで、決して名作ではないし、他人に勧めるかというと悩ましいところ。(苦笑)

ジョン・ウー監督のファンとしては、ジョン・ウー独特のアホアホなテイスト(=失笑系のオモロー)もジョン・ウーのお約束(2丁拳銃、白い鳩、スローモーション、男の友情)も満載で、期待は全く裏切られてはいません。 アクションの迫力はさすがジョン・ウー。大阪のいたるところで大暴れです。関西人なら、おお!と思うような身近な場所もたくさん出てきてるのではないでしょうか? ジョン・ウー作品名物の白い鳩も、そこでそう使うか!?と予想をはるかに超える使い方で、思わず失笑しながら拍手しそうになった。(笑) ただ物語は荒唐無稽というか、あまりにも陳腐な勧善懲悪というか、無料だから見たけれど、お金を払って観て満足と言えるかと言われると主演キャストに全く思い入れもないだけに、かなり微妙ー。(苦笑)  

俳優陣の印象は、チャン・ハンユーは泥臭いのも似合っていたし、全体的に渋い男って感じ。日本ではほぼ無名な方だけれど、ちょっと渡辺謙っぽい雰囲気で、寡黙で渋いキャラが似合っていました。福山雅治は、まんま福山雅治でした。福山雅治って一般的にも映画の画面で見ても実際に見てもイケメンなんだと思うのですが、アクションも泥臭い役も似合わないよねぇ・・・。(苦笑) プロファイラー役とかなら似合うと思うのだけれど、血まみれ泥まみれで体を張って現場で戦う刑事っていうのがどうも違和感。アクションも微妙・・・。頑張った感が出てしまっていて不自然さが否めず・・・。(苦笑) 女の殺し屋役で登場する韓国人女優ハ・ジウォン(←韓国でもアクション得意な人)のアクションが、あまりにも自然でキレキレでカッコイイので、それとのギャップが目立ってしまって残念だった印象。(苦笑)

あと、福山雅治演じる刑事の部下役で出てくる桜庭ななみの演技が超絶大根すぎて、大阪府警のシーンはもう目をそむけたくなるような仕上がりで、全体的に大阪府警残念!って感じ。(苦笑) 桜庭ななみちゃんって中国語と韓国語ができるらしいのだけれど、その語学力が映画内では全く活かされていないし(苦笑)、それより何より、女優を名乗るのなら、まずは日本語での演技を磨こう!(苦笑) 個人的に面白かったのは斎藤工。よくぞ引き受けたよねーって役どころ。(笑) あと國村隼がいかにも國村隼な役で面白かったです。

とりあえずアクションの迫力はあるので、アホアホなジョン・ウーの世界が好きな方は劇場で観る価値もあるかと・・・。ジョン・ウー作品で言うなら「ブロークン・アロー」的な位置づけかなぁ。  「ミッション・インポッシブル2」や「フェイスオフ」クラスではないし、「レッドクリフ」でもないし、「男たちの挽歌」でもない。(苦笑) 残念さと失笑まじりの面白さが、ちょうど「ブロークン・アロー」。(笑) クリスチャン・スレーターに感じた残念さ=福山雅治に感じる残念さって感じで。(笑) レディースデーやレイトショーなら見るかなぁ。あ、この内容でも、舞台をアメリカにして主演をジョン・トラボルタとニコラス・ケイジなら定価を払って見たいです。あー、ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジって名前を書いただけで「フェイスオフ」(←私の中でジョン・ウー作品の中の最高のお気に入り)見直したくなってきました。(笑)

≫ Read More

| 映画 | 22:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

乾ききってカラカラです

自宅だと暖房(エアコン)をつけなければ湿度50%程度、暖房(エアコン)をつけると35%ぐらいまで下がってしまうのだけれど、加湿器を使えば45%程度まですぐに回復するので、自宅では乾燥してると感じることはないのだけれど、職場がエアコンをガンガンにかけるせいであまりにも乾燥していて体中がカラカラで、とりわけ目玉の乾燥がひどく、毎年1月~2月はドライアイが辛くてコンタクトだと苦しいので毎日メガネ生活を送っています。職場でも加湿器を使っているし、濡れタオルを座席近くに吊るして湿度を上げてみているのですが、それでも乾燥しているなーと痛感するので、一体どれぐらいの湿度なんだろう?と気になり始め、湿度計を買ってデスクの上に置いてみたところ、湿度が20%以下・・・。加湿器をつけてもやっと20%程度・・・。そりゃ目も乾くわけだわ。本当にカラッカラ。必死に加湿器をたいて、濡れタオル大作戦も併用して、熱いお湯をコップに入れてデスクに置いてみたりしても21%程度にしかならない環境、マジ辛い・・・。

この湿度計を買いました。けっこうデカいけど自立してくれるし見やすいです。

by カエレバ

| | 21:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近やたらと人身事故が多い

私の通勤時間は、ドアtoドアで約1時間半。電車3路線を利用し(=2回乗り換え)て通勤しているのだけれど、これって関西だけなのか全国的になのかよくわかりませんが、最近やたらと人身事故が多い。車両故障や信号トラブルなんかで止まることもたまにあるけれど、ほとんどが人身事故。以前はこんなに多くなかったと思うのだ。駅のアナウンスでは人身事故としか報告されないので、事の詳細はわからずじまいなことがほとんどなのだけれど、人身事故って、うっかりホームから転落したとか?飛び込み自殺とか?踏切事故なんかは交通事故っていうの?それともこれも人身事故? それにしてもここ最近、こうも頻繁に人身事故が起こるのは何故なんだろう? 事故が毎回同じ場所で繰り返されているのなら鉄道会社のほうで転落防止柵を設置するとか何らかの対策を立ててほしいけれど、毎回違う場所なのかも不明。 ここ1年以内で電車が止まって途中の駅で足止めを食らった回数を数えてみても5回を超える。今の職場になってからの2年間だと軽く10回は超えている。しかもだいたい朝の通勤時間と夕方、職場からまっすぐ帰るときの帰宅時間。ある程度大きな乗り換え駅で電車が止まっちゃった場合は、まだ別の路線に乗り換えたり、タクシーを捕まえたり、再開するまで近くのお店等で時間をつぶしたりできるけれど、困るのが一度も降り立ったことのないような辺鄙な駅で降ろされてしまう時。タクシーも止まってないような小さな駅で運転再開見込が立たないとか言われると、そこで待つのも厳しいし、スマホの地図をひらいてGPSで自分のいる位置を確認し、そこからとにかく鉄道駅のあるところへ向うしかないわけで、ココドコ?状態で朝っぱらや仕事終わりに予定外のルートをさまよい歩かされるとドっと疲れる。本当にスマホがあって良かったと思う。そしてスマホの充電の大切さを痛感する今日この頃です。

| | 22:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cashmeeの大判ストール

今年の冬は寒い!大阪ですら最高気温が5度以下で最低気温が0度やマイナスという日がずっと続いています。暦の上では春ですが、まだ来週も次の寒波が来るらしいから、まだまだ春は遠いですね。おかげで、ストールが手放せません。首にグルグル巻いて完全防備しています。そんなストールですが、やはりカシミアのストールに手が伸びます。肌触りや温かさはいわずもがなですが、やはりカシミアのストールは流行り廃りがないので一生物として使える便利なアイテムだと思っています。そんなカシミヤのストールの中で、この時期から春先にかけてヘビロテしているのが、このCashmeeの大判ストール。



数年前に買って以来愛用しているのですが、Cashmeeは、深喜毛織株式会社という大阪ではカシミヤで有名な会社の製品で、もともとフカキのカシミア製品はクオリティが高くてお気に入りだったのですが、こちらのストールも超お気に入り。何が良いって、独特の厚みと肌触り。ずばり薄いんです。でも薄いのに十分暖かいのです。買ったばかりだと薄い!って驚くかもしれないのですが、巻くと十分ボリュームも出るし使い込んでていくうちに風合いもフカフカふわふわにどんどん変わっていきます。とりわけ、この薄いのに暖かいというのは春先に超便利なのだ。Johnstonsのカシミアのストールも大好きなのですが、Johnstonsだと少し季節外れな感じがしちゃう春先でも、このCashmeeだとほどよく薄手で浮かないので重宝しています。薄いといっても、冬でも十分使える厚みと保温効果はあるので、冬場も活躍しています。春先に使うことを見越して薄めの色味を買い揃えて愛用しているのですが、本当に肌触りも超なめらかだし便利だしでこれからの季節に超オススメです。

| 買い物(楽天) | 19:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT