Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都鉄道博物館

少し日付が遡るのですが、京都鉄道博物館に行ってきました。もともと予定していたわけではなく、京都に用事があって出かけたところ、15時半頃に用事が終わったので、近くの鉄道博物館に寄ってみたという…。入館したのが16時だったこともあり、館内はすいていました。人も少なかったから閉館までの1時間で十分たのしめました。





くろしおとか雷鳥とかは大阪(天王寺)発着なだけに思い出も多いな。あと初代新幹線も可愛い。規模はやはりイギリスのヨークの鉄道博物館に比べると小さいし機関車も地味。それでも鉄道好きなので楽しかったけどね。イギリスの鉄道博物館は国立なので入館料無料で見応えも満点なのだ。季節も夏だっただけに、いろいろとヨーク旅行を思い出しちゃいました。イギリス、また行きたいな…。(遠い目)

| おでかけ | 08:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

念願の「旭山動物園」へ

北海道旅行の際に、旭山動物園にも行ってきました。午後すこし遅めの時間帯から閉園までを狙って行ったので、わりとお客さんも減ってきていて、とても観やすかったです。そして夕方近かったせいか、動物たちが妙に活発でした。とくに猛獣系。猛獣系って動物園ではいつもダラーっと寝てるイメージだったのですが、ライオンもトラもオオカミもみんな動き回ったり、じゃれあったり、とてもアクティブ。オオカミは夕暮れの時間帯に一斉に遠吠えをはじめたりなんかして、ちょっと感動。





旭山動物園は、噂には聞いていたけれど本当に楽しい動物園でした。さほど大きい動物園というわけでもないので、見て回るのも疲れないし、動物も多すぎず少なすぎずで見やすい。そして動物をいろんな角度から見れるのが楽しい。


空飛ぶペンギン?


横からドアップ


水槽の下にもぐって真下から見上げるように動物たちを見たり、水槽の横からも見たり、上からも見たり。いろんな角度から見れるのですが、やはり真下から見れるのが面白かったです。動物との距離も近い!レッサーパンダは頭の上を走り回るし、アザラシやペンギンたちは羽の毛並みまで間近で観察できる距離。そして動物たち、なかなかのフォトジェニックさんたちで、絶妙なタイミングでカメラ目線やポーズを決めてくれるので写真を撮るのも楽しくて楽しくて、あっというまに閉園時間でした。(笑)

| おでかけ | 23:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台湾・九份観光

3月に行った台湾旅行の主な目的は、九份観光。九份は、台北から車で1時間ぐらいの山の上にある町で、宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになったといわれているところです。



夕暮れ、赤提灯に火が灯る時間帯が最高に素敵だというので、その時間帯に狙いをつけて向かったのですが・・・・。とにかく人、人、人。  3月は台湾観光のベストシーズンなこともあってか、普通の平日だったんだけれど、あまりの観光客(観光客の8割が日本人の団体旅行客)の多さに辟易。(苦笑)  ここまで観光地化されて、人だかりになってしまうと趣もヘッタクレもありゃしません。どこもかしこも人だらけで、あまり素敵な写真も撮れなかったし・・・。 

九份に向かうバス(←いわゆる市バス)乗り場も九份から台北へ戻るバス停もとにかく先が見えないぐらいの大行列。 並ぶのも、並んで乗れたとしても満員のバスで1時間ゆられて山道を行くのも考えただけで疲れるレベルだったので、行きも帰りも日本人観光客の人たちに声をかけてもらい大型タクシーに7人相乗りで現地に向かいました。 タクシーだと一人あたり250TW$(≒1000円)で、30分~45分ぐらいで着いて快適&ラクちんでしたが、九份は人が多すぎて本当に疲れました。 数年前ぐらいだったら、素敵だったんだろうな~。(苦笑)

| おでかけ | 01:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北で泊まったホテル

今回の台北旅行は空港~ホテルまでの送迎付フリープランの3泊4日格安ツアーで、エアーはLCC(格安航空会社)のジェットスター。ホテルは、洛碁大飯店建北商旅(グリーン ワールド ホテル - 建北 スイーツ)を指定して、ツアー代金はサーチャージ、空港税、諸税込み一人あたり57040円でした。

ジェットスターは、やっぱり座席の間隔が超狭い・・・。(苦笑) とはいえ、それ以外は関空は第一ターミナル発着だし、フライト時間も程よい時間でまあ台北ぐらいの距離なら我慢できるかなーって感じではありました。

今回、台北で泊まったホテルは、

洛碁大飯店建北商旅(グリーン ワールド ホテル - 建北 スイーツ)
Green World Hotel - Jianpei Suites




MRT「松江南京」駅から徒歩8分。女子好みのプチホテルといった感じのホテルでしたが、設備がとても新しくて清潔感があって、インテリアもセンスが良く、私たちが泊まったツインルームは広さも申し分なく、無料Wi-Fiもあり、ホテルの隣にはコンビニもあり、周囲にほどほどに店もあり、結論としてはとても快適なホテルでした。なんてったってホテルの名前もインテリアも「グリーン」なのがいい。(笑) 次回もここに泊まってもいいと思えるぐらい気に入ったホテルでした。果たして、次回がいつになるかはわからないけれど・・・。(苦笑)

| おでかけ | 18:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北に行ってきました

少し日付が遡りますが、先月、3月末までに余っていた有給休暇を消費すべく格安ツアーを利用して3泊4日の台北旅行をしてきました。台北は8年ぶりだったかな?とにかく、とても久しぶり。私の知っている台北には、まだMRT(地下鉄)とかなかったもん。(苦笑)久しぶりの台北の街はずいぶん変ってとてもキレイになっていました。人のマナーもいいし、町も清潔で綺麗だし、案内表示等もわかりやすくて、とても快適な都会といった感じでした。でも昔の猥雑なガチャガチャした活気も少し懐かしかったり・・・。

今回は一緒に行った友人も台北リピーターだったから、台北ではこれといった観光もせず(半日だけ九份(※宮崎駿のアニメ『千と千尋の神隠し』のモデルになったという噂のある町)へ行ってレトロな町並みを軽く観光した程度)で、あとは、町をブラブラしては、ひたすらグルメと、エステとマッサージとショッピング。といっても物価は別に安くないし、レートも円安だしで、ショッピングといってもお土産と食べ物ぐらいしか買っていません。(苦笑) 意外と時間が足りなかった。(苦笑)

3月の台北は観光的にはベストシーズンだそうで、幸い、雨にも合わず、暑くもなく寒くもなく、とてもすごしやすくて快適でした。今まで散々振られ続けてきたイチゴスイーツにもめぐり合えたし、マンゴースイーツもシーズンではなかったけれど冷凍マンゴー等で味わえたから思い残すことなしです。というわけで、またじわじわと台北グルメ報告なんかもしていきます。(ニヤリ)

| おでかけ | 19:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2泊3日でソウルへ行ってきました

少し日付けが遡るのですが、韓国料理が食べたいなー。ついでに韓国コスメも買いたいなー。ついでに秋冬にむけて革製品も買いたいなー。ってことで、同じテンションの友人と意気投合したので2泊3日でソウルに行ってきました。

今回は航空券とホテルがセットになってるいるパックツアーを利用。航空会社はアシアナ航空で、関空発仁川着の朝一のフライト、帰りは仁川発関空着の最終のフライトという現地滞在時間が一番長いフライト指定で、ホテルは明洞の世宗(セジュン)ホテルのスタンダードツイン利用の二泊三日のパックツアー。サーチャージ、諸税込み、楽天トラベルで旅行代金一人あたり46584円でした。ホテル代やツアー代もいろいろ調べたけれど、フライトを選ぶとオプション料金が追加されたり、サーチャージや諸税が別だったりするものが多い中、楽天トラベルは全て込みの値段だから、かなりお得な価格設定な気がします。真冬だと、もっと安く行ける印象。

ソウルは、近いし気軽に行けるし美味しい食べ物が多いから気分転換にはもってこい。とはいえ、円安すぎて、昔ほどオトク感はなかったけどね…。(苦笑)

というわけで、またぼちぼちソウルグルメ&韓国買い物レポしまーす。

| おでかけ | 20:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真っ白すぎる?姫路城

少し日付けが遡りますが、先日、所用があって姫路に行きました。いつも新幹線で通過するだけだったので、姫路に降り立ったのは初めて。生憎、姫路城は平成の大改修で工事中。とはいえ、天守を覆っていた素屋根はとれて真っ白な姿は見えたので工事中の機材が映り込まない角度から記念撮影。



大河ドラマ「軍師官兵衛」も、珍しく欠かさず見ているので当時の播磨に思いを馳せつつ、束の間の姫路滞在をしてきました。今度は、ゆっくりと書写山とかもまわって姫路観光したいな。

| おでかけ | 23:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日は札幌

今日は札幌。イサムノグチで有名なモエレ沼公園も桜が咲いていて上から眺めるとピンク色。ピンクと緑に癒される~。


| おでかけ | 02:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松前城の桜まつり

今日は松前城の桜を見に行きました。




お天気もよく、函館から松前城に向かう途中の海沿いの道をドライブするのがとても気持ち良かった。とくに白神岬の展望スポットから眺める津軽海峡(?)の波しぶきが迫力満点でめちゃくちゃ楽しい。むかしの東映の映画が始まるまえに「東映」のロゴが出てくるときの背景みたいな波しぶき。(笑)

それにしても北海道って広いね~。地域ごとに特色があって、季節ごとに全く雰囲気も変わるから奥が深い。北海道の達人に教えてもらうことがらにカルチャーショックを感じながら、あまりにも大阪の日常と異なる時間と風景と友人とのおしゃべりに癒されまくり。そして、ひたすら食べてます。(笑)

| おでかけ | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウィーク2日目は京都へ

ゴールデンウィーク2日目は、東京から関西に友達が遊びにきていたので一緒に京都へお出かけ。新緑の東山を散策。

永観堂の新緑


快晴で日差しが強いから例の帽子が大活躍でしたが、気温は暑すぎず寒すぎずで散策にピッタリ。観光客も多かったけれど、紅葉や桜の時期ほどではないので、寺社仏閣も見やすいし、お庭もゆっくりまわれて快適で、京都の新緑に癒やされました。グルメも堪能して充実したお休み満喫中。

| おでかけ | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先日、関空から向かった先

先日、関空から向かった先はソウルです。海外へ行くのもあまりにも久しぶりすぎて、すっかり浦島太郎なんだけれど、ソウルは何年ぶりだろう?とブログを遡ってみたら、2006.08.15にソウルグルメレポを書き残しているから、それ以来となると5年ぶり?今や韓流ブームも第二次、第三次ぐらいまで進んで、ソウルリピーターの数もソウルの情報も昔とは比べ物にならないぐらいたくさんあるし、飛行機の本数も多いし安いから、ソウルの町は昔以上にちょっと行って帰ってこれる感覚の場所になってきています。

今回、私はマイレージ利用、友達はLCC(ピーチ航空)利用で現地合流したのだけれどLCCでも何ら支障なかったとのこと。マイレージ利用だとサーチャージで1万円弱はとられたのにLCCだとソウル往復航空券がサーチャージ込みで荷物のオプションをつけても2万円していなかったと思います。安い!また韓国料理が食べたくなったら気軽に行きたくなります。ネットやブログあたりでソウルの達人の方々のレポも豊富だし、行きたいお店(主に飲食系)がたくさんあって、滞在中にどれだけ回れるか&食べれるかが勝負みたいなところがあったのですが、体力と時間と所持金の限界で計画の半分(=東大門と明洞)ぐらいしか回れなかった・・・。(苦笑)今回こそ漢江を超えてトレンド&オシャレストリートを散策しようと思っていたんだけれど、またもや次回に持ち越し。(苦笑)食べ物も韓国料理って腹持ちがいいのか一度食べるとその後全然お腹が減らないので、食べたかった物の半分ぐらいしか食べれなかった。こちらもまたリベンジしたいところ。お友達各位、ソウルまで行って韓国料理が食べたくなったら、ぜひ声かけてください。お付き合いしますので。(笑)

| おでかけ | 20:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夕暮れの美瑛の風景に感動

10月だというのに真夏日を更新する暑さの大阪を抜け出して、向かった先は北海道。札幌に住む友人が車で色々と案内してくれるとのことで、普段のライブ遠征ではなかなか行けない場所を中心に、ほぼお任せコースで観光してきました。

10月の北海道は暑くもなく、寒すぎず、爽やかな秋といった感じで、とても快適。薄手の羽織物にCITRUSやmattaのウールのストールが大活躍!まさに理想的な季節です。山の紅葉もチラホラと始まり、夏ほど観光客だらけでもないので快適でした。

今回、懐かしのドラマ「優しい時間」に思いを馳せながら富良野・美瑛をドライブしてきたのですが、別の目的地に向かう途中、偶然に絶妙な夕暮れのタイミングで遭遇した「嵐の木」。探してないのに偶然みつけた幸運と、あまりにも綺麗な空の色にテンションが上がりました。







各種報道では地元の農家の方とマナーの悪い観光客との間で大きなトラブルになっていると聞いていたから、道路の端からお行儀よく写真を撮っていたら、農家のおじさんが「敷地の中に入ってもいいよ」と私たちと一組のカップルに声をかけてくれてくださり、平和な空気が漂っていました。でも道路からでも十分素敵な写真が撮れましたよ。秋だから観光客も少なかったからかな?ラベンダーの季節や夏の富良野界隈は、道路もすごく渋滞するほど観光客が多いらしいし、夕暮れも遅いから、いろんな意味で、この時期に行けてラッキーでした。

こちらは、夏に北海道旅行に行ってきた友人から、お土産でいただいたポストカード。



撮影場所も同じあたり?青空とグリーンも素敵ですが、私たちが出会った夕焼けの赤い空にシルエットも素敵でしょ?

| おでかけ | 12:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

岩合光昭 写真展「ねこ歩き」

大丸心斎橋店で開催されている岩合光昭さんの写真展「 ねこ歩き」に行ってきました。本当は岩合さんのトークショーのある日に行く予定にしていたのですが、台風上陸で断念。岩合さんのトーク、とても素敵なので聞きたかったのに…。とりあえず気を取り直して写真だけ改めて鑑賞。


チケットが猫の形で、とても可愛いの!

NHKで放映されていた「ねこ歩き」のドキュメンタリーのときに岩合さんが撮影していた猫ちゃんたちがたくさんいて、あ!あの子だ!なんていいながらお友達と楽しみました。やはりプロのカメラマンって一瞬をとらえるのがすごいです。ジャンプした瞬間だったり、立ち上がった瞬間だったり、猫のしなやかさと野生的な力強さとを感じさせてもらえる写真がたくさん。そしてその一枚一枚に猫への愛情がたーーーっぷりつまっていて、猫好きにはたまらない空間でした。今月30日まで開催中ですので、お時間のあるかた是非。1階にも猫バカさんたちの自慢の猫写真がたくさんあって楽しいです。ちなみに我が家のキャッツは不参加ですが。(苦笑)

| おでかけ | 21:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリー・アントワネット物語展

神戸の兵庫県立美術館で開催中の「マリー・アントワネット物語展」に行ってきました。

「マリー・アントワネット物語展」
開催期間:2013年7月6日~2013年9月1日
開催場所:兵庫県立美術館ギャラリー棟3階
住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)


マリー・アントワネットの肖像画や愛用品等を彼女の人生をたどるような形で展示してあり、かなり全体的にマリー・アントワネットに対して好意的な目線で紹介してありました。ドレス類はレプリカだそうで写真撮影OKとのことだったので撮影させていただきました。面白かったのは当時のフランス社交界のファッションリーダーだったマリー・アントワネットの髪型のデザイン画とそれを元に作成したカツラの展示。盛り髪もエスカレートするとここまで辿り着くのか?ってなぐらい、頭の上に帆船が乗っていたりするの。(笑)きゃりーぱみゅぱみゅなんて、まだまだ甘いねって思うぐらいのレベルのキテレツな髪型がたくさん。(笑)会場では、その帆船カツラをかぶって写真撮影ができるコーナーがあったのですが、さすがに勇気がなかっので挑戦せず。(笑)会場にはやはり女性が多かった。とくに「ベルサイユの薔薇」のファンと思われる方と宝塚ファンと思われる方が多かったです。物販コーナーもそういう方々をターゲットにした商品が多数並んでおりました。あ、そうそう、以前ダーリンのイニシャルとマリー・アントワネットのイニシャルが同じことに運命を感じてベルサイユ宮殿のお土産屋さんで買ったMAブローチと同じものが物販コーナーで売られていました。私は当時20ユーロ(当時のレートで3600円程度)で買ったのですが、この展覧会の物販コーナーでは3倍近い値段で売られていました。物の値段って不思議・・・。(苦笑)

| おでかけ | 23:05 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上京なう

東京までバレエを見にきています。


非現実な空間で思い切り現実逃避して日々のストレス解消中。

| おでかけ | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

またまた青蓮院へ

またまた京都の青蓮院門跡へ行ってきました。前回は札幌から関西に遊びに来たお友達を御案内したのだけれど(※参照記事こちら)、今回は東京から来たお友達のリクエストで案内してきました。


前回来たときに、こちらの青い蓮の襖絵が気に入ったのですが、この襖絵は木村英輝さんという方の作品なんだそう。寺社仏閣だけでなく、商業施設なんかにもたくさん描いておられるみたいで、京都だけでなく四国や東京方面にも作品を見られる場所があるみたい。また気をつけて見てみようっと。

| おでかけ | 17:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お伊勢参り

真夏の3連休、暑さに負けず、伊勢へ日帰り旅行してきました。ちょうどゴールデンウィークにお友達がお伊勢参りに行っており、鳥羽の相差にある女性の願いを1つだけ何でも叶えてくれるという有名な「石神様」のお守りをくれて、その話を会社の後輩ちゃんたち(Iちゃん&Tちゃん)との食事中にしたところ、「私も欲しい~♪」という流れになり、それに追い討ちをかけて「私、関西に住んでいながら、伊勢って行ったことなくて、伊勢神宮に行ってみたいんだよね。あと伊勢うどん食べてみたいんだー。」と言ったところ「えー、私、よく御伊勢さんはお参りにいきますよ。」という返事。「いいなー」と言ったら、「行きましょうよ!案内しますし。」というノリになり、結果的に、この真夏の3連休に行くことになりました。冬だったら温泉宿に泊まるってのもアリだったんだけど、さすがに、こうも暑いと温泉は遠慮したくて、日帰りの電車&バスコースでしたが(苦笑)同行者のIちゃんが、旅行大好き&旅慣れた人で、もうツアーコンダクター並にいろいろ調べ上げてくれて至れり尽くせりだったので、本当に効率よく一日でいろいろ見て食べてきました。「石神様」では、しっかりとお願いをしてきたし、伊勢神宮は、もう敷地全体がパワースポットだから、全身にパワーを浴びて、ついでに真夏の日差しも浴びて(苦笑)、お参りをして、ここでもお願い事をして、日焼けした首筋がヒリヒリ、汗だくになりつつも、食べたいものを食べて、帰ってきました。人が多くて、どこを映しても写真には人がはいるため、食べた写真しか残ってないけど、またボチボチと報告します。

| おでかけ | 14:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祇園祭宵々山に行ってきた

祇園祭りの宵々山に行ってきました。私は宵々山の雰囲気が好き。宵山よりも少し混み具合もラクだし、宵山に比べると比較的地元の人が多い落ち着いた印象だから。今日は、夕方からは、そんなに暑くもなくて過ごしやすかったし、山鉾を眺めてぶらぶら歩くのもしんどくなかったです。

 



今年は祇園祭の宵山、山鉾巡行は3連休の土日だから、すごい人だろうね。そして、大阪の天神祭の宵宮も7月24日(日)で週末なんだね。天神祭の本宮は25日(月)。大阪に来るヲタクの皆さんは大阪初日の後に居残りしたら花火と陸渡御・船渡御も見れる、まさに「大阪祭り」かもね。

| おでかけ | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日光へ日帰りでお出かけ

20090815091748関東エリア在住の嵐ファンのお友達が、「せっかく関東に長期で滞在しているのなら、ぜひどこかへ案内しますよ」と申し出てくださり、お言葉に甘えて遊んでもらうことに。お友達が企画してくれたのは日帰り日光ツアー。日光ってどこ?栃木県ってどこ?状態の田舎者ゆえ、すべてお友達にお任せしてみたところ、電車から食事どころから全て段取りしてくださり、嵐ヲタクが超楽しめる日光ツアーを企画してくださった。なんて素敵なツアーコンダクター♪ということで、予約してもらったスペーシア日光に乗って生まれて初めての栃木県、生まれてはじめての日光へ。

とてもいいお天気でしたが、湿度がなくてカラっとしていて日陰に入れば涼しくて、夏のおでかけには最高の気候。日光といえば、2008年9月の「ひみつのアラシちゃん」で特集が組まれて放映されていた場所なので、アラシちゃんゆかりの地を巡るということで、旅立つ前に昔の録画映像を引っ張り出して、いろいろ予習していきました。



まず最初に目指した先は、「宮前だんご」さん。5人、とりわけ松本さんと相葉さんがうれしそうに頬張っていたお団子を我々もいただきました。お団子を焼いていたのは、テレビに映ってた、あのおばちゃん。お団子は、お米で作ったお団子を焼いて、その上にザラメの砂糖の食感が残してあるタレをかけてあり、甘くて香ばしくて美味しい。思ったより小粒でしたが腹持ちがいい。

20090816073723




そして、もうひとつ日光で狙っていた甘味といえば、「四代目徳次郎」の天然氷を使ったカキ氷!

20090816073725.jpg


念願叶って食べてきました。本当は、「ひみつのアラシちゃん」で二宮君が食べていたトチオトメを使った苺シロップの「練乳いちご」を食べたかったのですが、私達が行ったお店(チロリン村までは足を運べずでしたので)にはなかったので無難な宇治金時ミルク。宇治金時ミルクは、ダーリンと同じチョイスです。噂の四代目徳次郎の天然氷は、本当にフワフワで口に入れるとすぐ消える感じ。頭がキーンとするような冷たさはなくて、優しい冷たさでした。ちなみに「四代目徳次郎」のカキ氷は東京だと池袋のナンジャタウンに期間限定で出店しているらしくナンジャタウンで食べれるみたいです。

| おでかけ | 22:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高知・室戸岬のウトコディープシーセラピーセンター&ホテル

先週末もチラっと報告しましたが(※参照記事こちら)高知のウトコディープシーセラピーセンター&ホテルは、こんな感じの場所でした。

utoko_200907 (19)

utoko_200907 (20)
目の前が海です。でも岩場なので海水浴はできません。
海岸沿いを車で30分から1時間ほど行けば、海水浴場や砂浜もありました。

utoko_200907 (21)
そして反対側は山。まあ、田舎なので仕方がないけれど虫が多いのが虫嫌いな私には苦しいところ。

utoko_200907 (7)
utoko_200907 (9)
私とTが泊まった部屋は黄色でコーディネートされたお部屋。とにかく広い。
ソファーにも2人ぐらい余裕で足を伸ばして寝れるので、1部屋で4人でもいいぐらい。
大きな液晶テレビもあるので、ポータブルDVDプレイヤーを繋いで嵐会にもよさげ。(←ヲタク的思考)
カーテンを開けると一面の海。まさにオーシャンビュー!

utoko_200907 (11)
utoko_200907 (10)
お友達(YとK)の部屋は赤でコーディネートされておりました。

utoko_200907 (12)
アメニティは、すべてシュウ・ウエムラ。
でも、ディープシーセラピーのほうもホテルのほうもフェイシャル用の基礎化粧品は用意されておりません。
せっかくシュウ・ウエムラだったらクレンジングと化粧水ぐらい用意してほしかったなー。
とはいえ、ここのマリンソープがとても使い心地がよかったので売店で買って帰りました。
歯磨き粉は海の塩味。

utoko_200907 (13)
バスルームもオーシャンビュー。
洗面台もシンクが2つで広々としているので2人で使っても余裕です。
トイレも別扉になっているので、そのあたりも使いやすい設計。


ホテルスタッフの接客も非常に感じがよくて、お料理も最高に美味しくて、かなりオススメのお宿です。ただし、ホテル、レストラン共に中学生以下の子供の同伴不可の大人のための施設ですので御注意を。
---------------------------------------------
ウトコディープシーセラピーセンター&ホテル
高知県室戸市室戸岬町6969-1 ディープシーワールド内
予約・問い合わせ 0120-477-811
(月~金9:00~18:00 土・日・祝休)
TEL: 0887-22-1811
---------------------------------------------

| おでかけ | 00:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT