FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後のキャッツ

かりんの怪我は相変わらずで、まだ三本足歩行をしています。それでも動き回るようになってきたので、少しは回復をしてきているみたい。

あんずの人馴れもまだまだで、我が家に来て3週間が過ぎましたが、まだウーウーシャーシャー。(苦笑)そんならあんずですが、かりんのことは大好きで、かりんと遊びたくてしかたがありません。

かりんが怪我するまでは、2匹の関係は順調で、挨拶も交わして一緒に追いかけっこするぐらいになっていたのですが、かりんの怪我で全てリセットされてしまいました。(苦笑)体調が万全でないかりんが、あんずに会うのを嫌がり、ついにシャー子先輩に戻ってしまっています。(苦笑)


ここまで、仲良くなれていたのに…。(苦笑)


あんずさんの人馴れはイマイチで、まだシャーシャーウーウーで抱っこもできません。今は身体を触られるトレーニング中。人馴れはイマイチながらも部屋慣れは進み、ケージを自由に出て母の部屋を我がもの顔で使っています。








顔つきは少し穏やかになってきました。
なんせ、ワクチンを打ちに病院に連れて行った後なんて、こんなヤサグレていたのでね。(苦笑)





この睨み方、ゆずの生まれ変わりみたい。(笑)このヤサグレ写真、ひそかにお気に入り。

| 犬&猫 | 17:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休み初日のハプニング

今日から夏休み9連休です。夏休みは人慣れしてくれない子猫あんずをなんとか慣れさせようと思っていたのですが、それどころじゃないハプニング勃発!

かりんが大きな物音にビックリし、キャットタワーの中段(高さ90cmほど)から慌てて飛び降りた際に着地に失敗したのか、その直後から立っていても右手をかばって体重をかけないようにしているし、歩き方も明らかにおかしいので、慌てて病院へ。

幸いレントゲンでも骨には異常はなく、触診でもとくに問題もなく、おそらく人間で言うところの捻挫でしょうとのことで痛み止めの注射を打ってもらい、明日以降2日分の痛み止めの飲み薬を出してもらい帰ってきました。1週間は安静にキャットタワーも禁止とのこと。せっかくあんずと遊べるようになった(2匹で挨拶をすませて遊びはじめていた)のに、しばらくはこちらも禁止だな。でも怪我がたいしたことなくてよかったです。

病院に行く前に歩き方の様子や座っているときの不自然な体勢を動画を撮っておいて先生に見せて説明したのですが、動画だとすぐに状況をわかっていただけたので、改めて、動画って便利てだなーと思いました。かりんは病院では検査室でもおとなしくお利口さんだったようで先生がとてもとても褒めてくれました。



ちなみに痛いのは
前脚の袖なしの白い方
(淡路島模様のあるほう)です。


キャットタワー禁止ならケージの上下移動も禁止せねばとケージに入れないようにして、床に臨時ベッドを置いておいたら、臨時ベッドに機嫌良く入っていたのですが、ある時間帯から締め切ったケージの前に行き、ケージに入りたいと鳴いてアピールしはじめた。(苦笑)トイレもケージの外に出していたのですが「ここじゃない!ここじゃ落ち着いてトイレできない!」と鳴いてアピール。(苦笑)

今日はダメだよとなだめて無視していたら、なんと閉じているケージを外側からよじ登りはじめ、ケージの天井から入れないかとてっぺんまで確認しに行くではありませんか!? 慌てて抱いて下ろしましたが、これは安静にさせるにはケージを解放した方がマシかもと観念し、ケージの扉を開けてトイレも元の場所に戻したら早速トイレをすませて最上階まで登ってハンモックへ…。(苦笑)

腕が痛いんじゃないの?それだけ動けるなら大丈夫なのかな?そこが一番落ち着けるなら、もうそこにいなさい。(降りるときに前脚に負荷がかかりそうで心配なんだけども…。)


お騒がせしました。

| 犬&猫 | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かりんの様子

子猫が来た初日は落ちつかなかったかりんですが、すっかりペースを取り戻しています。



余裕のザ・流し目


子猫の存在にも慣れたようで、見に行っては数日はシャーと言っていましたが、最近は全く言いません。あんずが夜鳴きしていたら私や母のかわりに見に行ってくれたりも。おかげで、あんずはかりんのことが大好きになったみたいです。

二階はかりんの聖域にしているので、二階で私といる時間も増えています。めっちゃ懐いてくれる。





可愛くてたまらない。(笑)かりんも人慣れしていなかったんだけど、どうやって慣れたんだったかなぁ…。(苦笑)

| 犬&猫 | 03:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全然なつきません。(苦笑)

その後のあんず。全然懐きません。(苦笑)とりあえず首輪はなんとかつけることができました。私のお手製です。というのも、子猫用首輪を買ったのですが、セーフティーバックルが仇となり、なぜか何度つけても外してしまい、ものの1時間で金具を壊してしまったので、100均でオトナ猫用のセーフティー首輪を買って分解し、金具だけ再利用して手持ちのリボンで作りました。




いまのところこれは外さないでつけています。


人慣れもそこそこながらワクチンのため病院に連れていかねばならず、なんとか洗濯ネットに入れて連れて行ったんですが、病院では別猫のようにおとなしくしおらしくワクチンを打ってもらって帰ったのですが、帰ったら激おこ。(苦笑)人慣れが後退してリセットされてしまいました。(苦笑)



ほんのりイカ耳…。(イカ耳=怒っている)


シャーも言いまくり、ウーと唸り声も。(苦笑)



病院に行くまでは、ここまで警戒心溶けてたんですけどね…。それでも起きるとシャー。(苦笑)

それが、さらに警戒心が強くなって、初日に限りなく近い拒否モード…。夜鳴きもひどくなって…。子猫のくせに手強い。心が折れそうです。(苦笑)


| 犬&猫 | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初お披露目

我が家の6代目ペット、5代目猫のあんずです。尻尾が短くてブサイク尻尾です。(苦笑)








全く人慣れしておりませんが、少しづつ心を開いてきているかなぁ。我が家に来てからはじめて爆睡しております。

ちなみに、こちらは保護主さん宅にて撮られた写真。



表情が全然違って穏やか。はやくこんな表情になってくれますように…。

| 犬&猫 | 15:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子猫の里親になりましたが…。

少し前に、もう一匹猫を迎えるのは諦めたと報告しておりましたが(※参照記事こちら)、いきなり子猫の里親になりました。(笑)生後3ヶ月の茶トラの女の子です。かりんが我が家に来たときよりも1ヶ月ほど大きい。

ただ、全くなついていません。(苦笑)数日前まで生粋の野良猫で保護されたばかりの子。とりあえず今日、お見合いに行ったのですが、お見合いのときは抱っこはまだできないとのことでしたが、とてもおとなしく一言も鳴かない子で、この子にしますと決めたら弾丸でお届けしてくださり、いきなり今日我が家にやってきたのですが、我が家に来たとたんにパニックになりケージに入るまで大暴れ。捕まえようとした私と母は本気で噛まれて血がポタポタ落ちるほどに。(苦笑)破傷風の恐れもあるからと保護主さんのススメで母と二人で救急病院に行き、抗生物質を点滴してもらうハメに。(苦笑)母と2人で並んで点滴を受けるなんて経験初めてです。(苦笑)

あまりの凶暴娘に前途多難です。そして、ケージの中に落ちついたら岩のように動かない。ケージの外から撫でさせてはくれるのですが、無表情&無反応。本当に岩のよう。ある意味、シャー子だったかりんよりも手強い。(苦笑)水も飲まないしカリカリも食べないしちゅーるも食べない。ここまで頑なに心を閉ざされると不安しかない。(苦笑)

そして、かりんは子猫とは対面していないのですが、子猫がパニックになった時の物音(仏壇に飛び込んで、ありとあらゆるものを落としたので。(苦笑))にすっかり怯えてしまい、これまた二階に籠城。一階に何かがいる、怖い!となり、すっかり怯えてしまいご飯も食べない…。これまた前途多難です。(苦笑)

家族猫が増えて楽しい生活のはじまりの予定が、母も私も子猫もかりんもテンションだだ下がりで、家の中がドヨーンとしています。ゆずとかりんのときよりもさらに大変かも。さてさて、どうなることやら。

あ、新しい猫の名前は「あんず」になりました。

| 犬&猫 | 19:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新型コロナのせいであきらめたこと

新型コロナのせいで、諸々のスポーツの全国大会などが中止となり高校生たちは夢をあきらめたりしているわけだけれど、そういう私も新型コロナのせいであきらめたことがあります。それは子猫の里親になること。ゆずが他界して半年が経ったけれど、ずっと多頭飼いをしていたので猫同士がくっついたりコミュニケーションをとったりしている姿を眺めているのが本当に楽しくて大好きだっただけに、春になったらかりんにもお友達(妹)をと思っていたのだけれど、譲渡会とかも新型コロナのせいでどんどん中止になっていて、それでも春生まれの子猫たちはたくさん保護されているので、その子たちの1匹をかりんの妹に迎えたいと思っていたのですが、新型コロナ、万一罹患したらかりん1匹ならまだ預け先も探したりもできるだろうけれど、子猫もとなると無理だなと自分たちの限界を感じてしまったもので・・・。私も母も先々どうなるかわからないし、無責任なことはできないしねぇ・・・。今、ちょうどかりんは2才と若いし遊び盛りなので妹子猫を迎えて一緒に遊ぶには一番いい年齢なんだけどね。猫って2匹から1匹になると消耗品とか全然減らないのね。トイレの砂とかキャットフードとか、今までの半分。トイレを片づけたりシャンプーしてやったりする手間も半分になってしまい、なんだかそれにも慣れてしまって、もうかりん1匹だけでいいかな・・・と。(苦笑)

| 犬&猫 | 20:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

在宅のプロ

我が家の在宅のプロ、かりんさん。




4月20日で2歳1ヶ月。庭先まで出ることはあっても、病院以外の外出はしたことがありません。外を眺めたり、おもちゃで遊んだり、たまに食べて、あとはひたすら寝る。まさに在宅のプロ。STAY HOMEの達人ならぬ、達猫です。(笑)

| 犬&猫 | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2歳になりました。

かりんさん、3月20日が推定誕生日だったので、先日2歳になりました。早いものですね。ついこの間、譲渡会で出会って我が家にきたと思っていたら、もう2才。体重は4キロをキープ。標準体型ですが、食はどちらかというと細いほうかもしれません。1日の規定量を食べきらないことも多いので、食べさせるようにあれこれ気は使います。



ゆずちゃんとお揃いの星柄のザビエル首輪。
ゆずちゃんはこれを身に着けてお空に旅立ちました。


リバティの小花柄のザビエル首輪。


春色チェックのザビエル首輪


性格は、活発ですが、とても内弁慶。人見知りで知らない人は怖くて怖くて、すぐに隠れてしまいます。 このあたり、ラムネととても似ています。ゆずは人懐っこくて知らない人も大好きでしたが、かりんは全くダメです。知らない人には人見知りを発揮しますが、私と母にはとても懐いてくれています。とくにゆずが他界して1匹になってしまってからは、母か私の姿が見えないと追い鳴きするようになりました。トイレに入っていたりすると、家中を探して鳴くので、トイレの中から「トイレにいるよー」って声をかけるとおさまります。トイレの前で待っていたりもします。そういうところは妙に可愛かったりもします。ゆずがいたときはそんなこと全くなかったんだけどねぇ・・・。やっぱり一匹だとお留守番とか寂しいのかな?もう一匹保護猫を迎えるべきか悩みどころでもあります。

| 犬&猫 | 13:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆずちゃんの四十九日

私の計算が正しければ、今日はゆずちゃんの四十九日です。ゆずちゃんが居なくなって、悲しみに暮れる暇もなく上京でバタバタしたり、引越しでバタバタしたりしていたけれど、やっと引越しも落ち着いて、いよいよ新しいお家での生活が始まると、ゆずも一緒にここで暮らしたかったなあとシミジミしてしまいます。

ラムネが居なくなったときもそうですが、やはり多頭飼いって猫同士のやりとりを見ているのも楽しいので、2匹がくっついていたり、各々がマイペースで好きなことをしていたり、そんな毎日を眺めているだけでも楽しいので、かりん一匹だとやはり寂しい。

じゃあ、また一匹保護猫を引き取ってみようかとも思うものの、ゆずとかりんのときに思いの外仲良くなるのに時間がかかったこともありおよび腰。なにより母も高齢で、いつまで猫の面倒を見る余裕があるかという不安もあり、なかなか気持ちが固まらない。世の中の不幸な猫を減らすべく、まだお家の決まらない保護猫さんに暖かいお家と毎日の食事を与えてあげたい気持ちもあり、かりんが一匹でお留守番するのも退屈そうなので、同世代のお友達を与えてあげたい気持ちもあり、日々気持ちが揺れております。

まあ、こういうのもご縁なのでね。もう少しゆずちゃんロスに浸っていようと思います。

| 犬&猫 | 19:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人騒がせな娘

母がゆずちゃんにお供えするといって買ってきたフラワーアレンジメントに使われていた麦の穂をかりんがカジって飲み込んでしまい大騒ぎ。

麦自体は猫にとって毒性はなさそうなんだけれど、麦の穂のトゲトゲが喉に引っかかったのか、飲み込んだものを吐き出そうとするも吐き出せず、えずいたり苦しそうに鳴き始め、それが全く治らないので、明日容体が変わっても明日は日曜日で病院が開いてないし、病院が開いてる今日のうちに連れて行っておかないと!と、慌ててかかりつけの病院に電話して症状を伝えて連れて行くことに。

病院に行く前に、とりあえず喉のひっかかりを流して吐き出させようと、とりあえずチュールを水で薄めたものをゴクゴク飲ませてみたら、ゴボッと胃の中のものを一気に吐き出した。吐いたものを見たらやはり麦の穂のヒゲの部分が出てきた。吐いてしまったら少しラクになったのか、病院に着いた頃には様子もほとんど落ちついてはいたのだけれど、念のため血液検査をしてもらい、胃薬をもらって経過観察することに。

先生も「血液検査では異常がないので毒性のものは何も口にしていなかったようですし、おそらく一過性の吐き戻しだとは思いますが、そもそも猫が草花を口にするのは胃の調子が悪いときなので胃薬を出しましょう。それでも明日以降にまた症状がぶりかえすようなら食道になにかが刺さっていたりする可能性があるので、そうなると内視鏡検査になりますが内視鏡だと全身麻酔になるので、今夜このまま落ちついていれば良いんですけど…。とりあえず経過観察で様子を見てください。」とのことで、胃酸を抑える注射をしてもらって帰ってきました。幸い、帰宅後今のところ食欲もあり吐き戻すこともなくゴハンも食べて落ち着いています。が、自分がダメなことをして苦しくなって病院につれていかれて2回もチクン(血液検査と注射)されたという自覚はあるようで、病院で緊張して疲れたこともあり、帰宅後もしおらしい態度で神妙にしており、今はひたすら寝ております。(苦笑)



病院の待合室で反省中のかりん。


それにしても本当に人騒がせな娘(かりん)と我が母上!あれほど生花はかりんの手(口)の届くところに飾るな!って何度も言っておいたのに「お花がない生活は寂しいもん」とか言って飾って、この騒ぎ。 さすがに懲りて、花は玄関(かりんが入れないエリア)にうつしてました。本当に、かりんまで死んじゃったらどうしようかと焦ったわ…。これがユリ科の植物なら死んでたよ…。(ユリは猫には猛毒)

| 犬&猫 | 22:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トラウマになりそうなぐらいビックリした

昨夜、夜中に2階のキャットドア(扉はシリコンなので柔らかい)に手を挟んだらしいかりんさん。突然ギャー!と叫び、その後もしばらく(おそらく挟まった手が抜けるまで)大声でギャーギャー鳴き叫び続け、階下にいた私と母はビックリして、慌てて様子を見にいくと怯えた顔で部屋の隅にうずくまっていました。

かりんはキャットドアを手で押して開ける(頭で押さない)ので、軽く押して途中でやめて手を引いたら挟まったと思われる。で引けば引くほど抜けなくなってパニックになったのかと…。キャットドアは頭で押しなさい、押してダメならもっと押せ!だよって言い聞かせてみたけれど、これがトラウマになってキャットドアを使わなくなりそう…。(苦笑)

本猫もビックリしただろうけど、あまりに激しい叫び声で私もトラウマになりそうなぐらいビックリしたわ。(苦笑)

| 犬&猫 | 23:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かりんの近況

かりんは、新しい家にも慣れて元気にしています。ゆずちゃんがいなくなって1匹でお留守番する時間帯もありますが、お利口にしているようです。




家の中で日当たりの良い場所を見つけて日向ぼっこしたり、お昼寝したり。お部屋に入っていくと可愛い声で挨拶してくれます。とても癒されます。

| 犬&猫 | 23:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニトリにて衝動買いしたもの

ニトリにて、思わず衝動買いした油絵もどきのアートポスター。




モデルの猫ちゃんがかりんに似ていることもあり、しかもお値段800円以下というお手頃価格。新居のどこかに飾ろうと思います。

| 犬&猫 | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスバージョン

上京中は横浜の友人宅に泊めてもらっていたので、横浜で開催されている「ねこ休み展」に行ってザビエル首輪を買い足してきました。計画していた段階では、クリスマスの赤いザビエル首輪(スカート付き)をゆずとかりんの2匹にお揃いで購入するつもりでした。が、ゆずのぶんが必要なくなってしまったので(苦笑)、余った予算で、かりんに予備をいくつか購入してきました。この赤いの、ゆずに似合いそうだと思ってたのになぁ…。(苦笑)ゆずちゃんはかりんとのお揃いザビエルを身につけたままお空に旅立ちました。




というわけで、クリスマスバージョンを早速着用。

なかなかポーズを決めてくれません。(苦笑)

かりんは赤があまり似合わない?パステルカラーのほうが似合うなぁ…。やはりハッキリした柄のゆずのほうが似合いそうだな。(苦笑)

| 犬&猫 | 23:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆずのお葬式

今日の夕方、ゆずのお葬式をしました。2時間ほど早退しないと葬儀に間に合わないので、朝一に上司に許可をもらいに行ったら、上司も小型の室内犬を2匹飼っておられるので気持ちは痛いほどわかると言って快諾してくださり、同僚たちも一緒に悼んでくださりありがたい限りでした。

ゆずちゃんの葬儀は、リフォームしたばかりのお家の前でしてきました。こっちのほうが、ゆずの思い出がたくさんある土地だし、御近所さんも長年ゆずを可愛がって下さった方々がたくさんいらっしゃるし、そのご近所さんたちも一緒にゆずを見送ってくだると言ってくれていたので。

新しい家は猫たちが大好きだった表の庭を潰して駐車スペースにしたのですが、ちょうどその土間コンの養生期間が今日で開けるので、そこに火葬車を止めてもらって火葬しました。はじめて使うのがゆずの火葬だなんて、ある意味記念すべきことかも。(苦笑)

かりんも新しい家に連れて行き、かりんも家の中から窓越しにお葬式を見守りました。リフォームした家に入るのも初めてだし、ご近所さんたちがたくさんいる状態も初めてだし、何より火葬車なんて見るのも初めてだから、ど緊張してました。

同じ市内に住んでおられる保護猫ボランティアの方が、ゆずちゃんにとわざわざお花を届けて下さったのですが、私の抱くゆずのイメージのピンクのお花に、これまた可愛い白いまんまるの菊の花で「この白い菊の花がゆずちゃんみたいだったから」と選んでくださったそうで、本当にゆずみたいなフォルムにホッコリさせてもらいました。






とりあえずキャットタワーがお供え場所になってます。(苦笑)

| 犬&猫 | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

突然のお別れ

あまりにも突然ですが、ゆずが先ほど虹の橋を渡っていきました。

夜、突然呼吸がおかしくなって、慌てて救急病院を探して連れて行きましたが、レントゲンをとったあと、ほどなく息を引き取りました。

お医者様曰く、突然胸水が溜まって肺を圧迫し呼吸ができなくなったとのこと。先月の血液検査でも健康には全く問題ないと言われて安心していたし、今朝も元気だったのに…。(涙)

つい先日2匹とも元気ですって報告したばかりなのに…。(涙)新しいお家には、ゆずのために作ったり工夫したものがいろいろあります。ゆずが大好きなお外を眺めるための窓や、換気扇つきの猫用トイレスペース、キャットドア…。それらを使うことなく逝ってしまうなんて、悲しい…。喜ぶ姿を見るのを楽しみにしてたのに…。


この写真は、一昨日の夜のゆず。


元気そうでしょ?鏡餅みたいだねー、お正月に飾ろうか?って話してたのに…。今日の朝も爪を切って、お昼は撫で撫でしたらグルグルと喉を鳴らしてくれていたのに…。まだ12歳だったから、あと5年ぐらいは一緒に過ごせると思ってたのに…。(涙)

最後、少し苦しんでたから、今は苦しくなくなって、ラムちゃんやお父さんに会えるって喜んでるかな? それにしても、あまりにも突然でとにかくビックリしています。

| 犬&猫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近のキャッツ

ネタがないので、最近の我が家のキャッツ。




2匹とも元気です。

| 犬&猫 | 23:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

心ばかり

かりんを保護して譲ってくださった保護猫ボランティア団体さんの元には今年も秋生まれの子猫たちがたくさん保護されているとのこと。その中に体調の良くない子が数匹いるようで、病院通いが続き出費もかさみ、運営がたいへんらしいとのことで、かりんの名前で気持ちばかりの寄付をしてきました。

かりんも寒い中、母猫と兄弟共々お山に捨てられたところをボランティア団体さんに保護していただき今に至ります。子猫は寒さに耐えれません。寒さから命を落とす子がたくさんいます。暖かい部屋で保護してもらい、栄養のある食事やミルクをもらえたから、今のかりんがいます。そんなかりんの後輩猫ちゃんたちが、里親さんと巡り合うまで少しでも元気に過ごせるために、保護猫活動資金の足しになればと思い、できる範囲で応援していけたらと…。

かりんを譲っていただいた保護猫団体さんは、ブリーダー崩壊やブリーダー引退時の猫たちも保護しておられるので、実は純血種の保護猫たちもたくさんお世話しておられます。純血の子はほとんど成猫さんですが、今はスコティッシュフォールドやアビシニアンの里親さんを探されています。純血の子も飼育放棄なんかで保健所に持ち込まれたり捨てられてたりした子を保護している保護団体さんがたくさんいます。ぜひ、ペットショップに行く前に保護猫さんを引き取るという選択肢も視野に入れて下さい。リアル友達で保護猫譲渡会に興味があれば、お付き合いしますので。


かりんは、まーまのオフトンに入って
腕枕してもらってヌックヌクです。

| 犬&猫 | 22:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

癒しの一枚

今日の昼下がりの光景。





ゆずちゃんの表情がたまりません。かりんがゆずを毛繕いしているだけの光景なのですが、かりんが来た当初のことを思うと、本当にホッコリ癒される…。

| 犬&猫 | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT