Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お気に入りの秘密の隠れ家

今日はニャンニャンニャンの日です。というわけで猫ネタを。


ここはゆずさんのお気に入りの秘密の隠れ家。キッチンのテーブルの下にしまいこんだ椅子の上。ここ、ファンヒーターの熱風の吹き溜まりなのだ。しずかに覗きこんだら、この迷惑そうな目つき。本当に可愛げがない。(苦笑)

| 犬&猫 | 23:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆずちゃん、心を入れ替えた?

実は、ラムネの四十九日を境に三毛猫ゆずの態度が大きく変化しました。ラムネが死んでしまってから早起きもお出迎えも挨拶もサボりにサボってヤル気ナシ、以前ブログの記事で報告したとおりに、朝は母が起きても母の布団から出てこないで眠りこけているという超ナメた生活を送っていたゆずが、ラムネの四十九日を境に、毎朝早起きして、母がまだ寝ていてもきちんと母の布団から抜け出して、リビングの私に挨拶しに来るようになったのです。

もともと父の生前は我が家では父が一番早起きで、一番に起きた父が新聞をポストまで取りに行き、その物音でゆずが起きてきて、ストーブの前で新聞を読む父に甘えて体を撫でてもらい、しばらくすると私と母(と最後にラムネ)が起きてくるというのが平日の朝の風景でした。

父が他界してからは、母も主婦業を堂々とサボれるようになったので(笑)、朝はゆっくり朝寝坊(←だいたい夜ふけまで韓国ドラマを夢中でみているから)させてあげていることもあり、朝は私一人で朝食を作り(だいたい前の日の晩に母上が用意してくれているのを暖めて食べるだけなんだけれど)身支度をして、私が出かける直前に起きてきた母と猫たちに挨拶をして出かけていくという毎日だったのですが、父が他界してからもラムネがいた頃のゆずは、早起きの習慣が身についていたせいか私が起きてゴソゴソする物音につられて起きてきては、父のかわりに私に体を撫でろと要求してきていたので「ゆずちゃん毎朝早起きして挨拶しにくるのえらいねー、ラムちゃんはダメな子だねー。ラムちゃんより柚子ちゃんのほうがお利口さんだねー。」なんてほめながら撫でていたのす。それがラムネが死んでからは朝寝坊の常習犯となり、パタリと起きてこなくなっていて、「ゆずちゃん、最近ダメダメだねー。」と愚痴を言ってきかせた翌朝だけ早起きしてきたのですが、それも長続きせずだったのだけれど、これが不思議なことに、まさにラムネの四十九日を境にして変わり、また毎朝6時に起きて挨拶してくるようになったので、ラムちゃんがいよいよ旅立つときに何か言い聞かせたんじゃないか?と母と言ってます。(笑)

ちなみにラムネは私や私の家族、近所のおばさま達、犬のきなこ、柚子と人間にも猫にも犬にも愛情表現として手や顔をペロペロと舐めてくれていたのですが、柚子ちゃんは絶対にラムネだけにしか舐めるという行為をしません。ラムネは別格で一目置いていたみたいです。なのできっとラムネが何か言い聞かせたのではないかと・・・。「万一お母さんに何かあったら、頼れるのはJOLLYだけなんだよ!お父さんが入院してた時も御飯とトイレのお世話してくれたのJOLLYだったでしょ?だからJOLLYにも媚びておかなきゃダメ!」って。(苦笑)真相はわからないけれどね。(笑)

ただ、ゆずちゃん、曜日の感覚がないのよね。(苦笑) なので、土日も祝日も張り切って早起きしては私を探している様子。「ゆずちゃん、明日は土曜日だから朝寝坊しても良いんだよ!お休みの日は早きしなくてもいいよ。」って言い聞かせても理解できないようです。(苦笑) 

| 犬&猫 | 16:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

寒い!

寒い!ラムちゃんがいたときは寒いときは2匹でくっついて暖めあっていたけれど、ラムちゃん亡き今、自分でなんとかするしかないので、お手手も尻尾も丸めてます。ラムちゃんは、1月8日が四十九日で、本当にお家から居なくなってしまいました。



ちなみに、ここはコタツのお母さんのお膝の上です。ラムちゃんがいなくなったから心おきなく独占してまーす。(今までは、ここはラムちゃんの特等席で、なかなか座らせてもらえなくて我慢してました!)

| 犬&猫 | 21:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初洗い

明けましておめでとうございます。JOLLY家の三毛猫ゆずです。大晦日、母上とJOLLYが紅白を見ている横でベッドで寛いで寝て過ごし(写真左下)、お正月を迎えた朝一番に、JOLLYに洗濯の神様が降臨したとかで、いきなりシャンプーされました。シャンプーは好きじゃないけれど、温水シャワーは温かくて気持ち良かったです。


シャンプーが終わったら、新しい胴輪にお着替えしました。サーモンピンクにグレーのチェックのリボンです。胴輪生活のおかげで、首輪ハゲにうっすら産毛が生えてきました!今年の目標は脱・首輪ハゲです!!

| 犬&猫 | 18:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

案外デリケートだったみたい

ラムネが天国に旅立って、約1か月が経ちました。早いものです。母はラムネがいなくなったものの、ラムネの代わりにゆずがベタベタと甘えてくるようになったので、あまり猫と接する(=触っている)時間という点では変化がないらしい。だからラムネロスも案外少ないと言うのですが、私は逆で、ラムネはわりと触らせてくれたり抱っこさせてくれたのだけれど、ゆずはとにかく私がキライらしく、私が抱くと暴れるわ、文句を言い続けるわで、なかなか触らせてくれたり抱っこさせてくれない(※母の膝の上には自分からしょっちゅうのって甘えている)ので、私はゆず1匹だけだと、ちっとも楽しくないのです。

実は、そんなワガママゆずちゃんもラムネが亡くなってからは、かなり精神的ダメージが大きかったようで、食欲が急激に落ちており今までと同じペースで食事を与えても、ちょっと口をつけただけでほとんど食べないで残したまま。もともとラムネに比べると偏食気味で、食もそんなに太くはなく、チョコチョコチョコチョコと何度も食べるタイプではあったのだけれど、それでも今までと比べると食べる量がかなり減っていたのですが(といっても世間一般的には「肥満」予備軍の猫になるらしい)、1か月経って、ここ最近やっと「お腹が減ったー!ごはんちょうだい!」と自分から催促するようになり、ごはんもわりと残さず食べるようになってきました。やはりほぼ24時間ずっと一緒に側にいたのだから、ラムネがいなくなって一番ストレスを感じているのはゆずなのかもしれません。1か月経って、少しラムネのいない日常に慣れてきたのでしょうかね。

それにしてもゆずちゃん、最近ますます輪をかけて生意気で可愛げがないのよねー。で「ちょっと、ゆずちゃん、ラムちゃんがいなくなってから、どんどん生意気で可愛げなくなってきてるよ。ラムちゃんいないとダメダメな子だねー。朝もお寝坊でサボってばかりだし、ちっとも可愛くなくなってきたわー。」って言ったら、次の日、早朝から一人で起きてきて(=母はまだ寝てるのに)「ニャーン(=おそらく、おはよう)」って挨拶してきた。少しは反省したのかしら?(笑)

| 犬&猫 | 22:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リクエストにお答えして

「全身が見たい」とのリクエストにお答えして、新しい胴輪着用の全身写真を。ピンクです。



皆様の御心配に反して、ラムちゃんがいなくなってから、1匹でも追い鳴きすることもなく、おとなしくお留守番できています。お留守番のコツは爆睡してしまうこと。寂しいと思う暇もないぐらい本気で寝て過ごすこと。コツを掴んだので、毎回、寝てる間に皆んな帰ってくるから平気です。

| 犬&猫 | 14:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストーブの前が大好きです

ストーブの前から、おはようこざいます。鼻のシミが年々濃くなってきてるゆずです。楽天のスーパーセールでピンクの胴輪を買ってもらいました。半額万歳!胴輪生活を続けていますが、首輪ハゲは一向に直りません。毛が全然生えてきません。どうも毛根が死んでしまっているような・・・。(苦笑)


ラムちゃんが居なくなって、最近はお母さんを独占して甘えています。でもお母さんがお出かけから帰ってきても、JOLLYがお仕事から帰ってきても玄関に迎えに行くのはやめました。ラムちゃんが玄関までお迎えに行くから、なんとなく負けず嫌いでついて行っていただけだったので、ラムちゃんがいなくなると競う相手がいないのでヤル気が出ません。ラムちゃんよりも少しでも早く玄関に着くように競争するのが面白かっただけなんだもん。朝もラムちゃんより早起きして褒められていたけれど、ラムちゃんがいなくなってからは朝寝坊の常習犯です。ラムちゃんがいないと張り合いがないせいか、全てにおいてヤル気が出ないんだよねー。(苦笑)

| 犬&猫 | 07:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラムネロス

昨日は久しぶりの飛び石連休でした。飛び石連休って、休み前のワクワクが2回あるし、休み明けに出社しても月曜日気分なのに月曜日じゃないオトクな感じがするので2度オイシイ休みって感じがして好きなのに、最近は祝祭日を土日につなげる制度になってしまって飛び石連休が減ってしまって残念。

そんな飛び石連休で昨日が休みだったおかげで、ラムネロスな気持ちもずいぶん落ち着きましたが、ラムネは家の中にいても案外目につく場所で寝てた子だったみたいで、火葬が終わって遺体すら視界に姿がなくなってしまうと、家がガランとした雰囲気に感じます。逆にゆずは目につかない場所で寝てることが多いことに気づきました。一番目につく場所(リビング)にあるラムネと共同で使っていたベッドも、ラムネが入っているときは自ら隣にいって2匹でくっついていたけれど、もともとゆず一匹だけだと入らなかった場所なだけに、ラムネがいなくなったら全く使ってくれません。そのベッドに居てくれたら視界に猫が入る日常で癒されるのに、ゆずは別室の窓辺のベッドがコタツの中潜ってしまう。(苦笑)

もともとゆずを飼うことにしたのは、まさに万一ラムネが死んでしまった時に心の支えとなってもらうためでした。というのは、先代猫の茶味子(チャミコ)が亡くなった時には犬のきな子を同時に飼っていたので、きなこの存在で家族全員、心がとても救われたという経験をしており、その後、どうしても猫が恋しい私と弟の強い要望でラムネが我が家の子になって、また我が家は2匹のペットがいる生活となり、そして犬のきな子が亡くなったときには、一緒に飼っていたラムネが大きな救いとなってくれました。そんなことを2度経験した我が家族は、きなこがいなくなってラムネだけになったときに「もし次にラムネが死んでしまったら、心の支えになってくれる予備要員のペットがいないと不安だわー」という話になり、とりわけ不安感の強かった母がゆずを拾ってきたのです。なので、我が家は常にペット2匹体制だったのですが、今や、ゆずだけになってしまいました。そして、母と私は、ゆずがいなくなったら・・・と既に不安を感じていたりします。(苦笑)

| 犬&猫 | 22:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一夜明けて

一夜明けた昨日は朝から抜け殻状態でした。先代猫のチャミコが天国へ行ったときも仕事中に涙が止まらずだったのですが、今回は仕事中はおろか通勤途中も涙が止まらず。(苦笑)朝、自宅を出る前にラムネに最後のお別れを言ってから涙が止まらないので最寄駅についた段階で既にメイクがボロボロ。電車の中でも駅でも涙が止まらないもんだから、向かい合わせの席にいた男子高校生が不思議そうな顔をしておりました。泣きはらした目はむくんで腫れてるしブサイク極まりない不審な女。(苦笑)そんな状態ゆえ電車の中でもハンカチでひたすら涙をぬぐっていたので職場にたどり着いた頃には、ほぼすべてメイクが落ちてすっぴん状態。化粧を直して席についても、思い出したら泣けてきて・・・。ペットの忌引き休暇制度が欲しいと思いました。(苦笑)

きなこ(犬)のときも実の父のときも全く平気だったのに、猫たち(茶味子、ラムネ)のほうがダメージが大きいみたいで涙がとにかく止まらない。犬も父も、少し闘病で苦しんだ期間があって徐々に弱っていたから、苦しまなくて良くなったことにホッと安心した気持ちのほうが強かったのだと思います。それに比べて猫2匹は本当に元気な状態からポックリと突然亡くなったから、心の準備ができてなくて辛いのだと思います。ラムネは、お手、お代わり、お回りもできたし、「ラムネちゃん~♪ハイ!」って言うと、挙手(=ハイタッチ)もできた芸達者な賢い子だったけれど、「我が家の家訓は、茶味子みたいにポックリ逝くことだよ」とラムネには小さいころから言い聞かせていたからでしょうか、本当に茶味子みたいに家族が揃っている時間帯にポックリ逝ったので、本当に賢い子だったなと飼い主バカながらシミジミ。一日ズレていたら私は飲み会で遅かったのでお別れの挨拶もしてもらえなかっただろうし、本当に皆が幸せに思える最期にしてくれたラムちゃん。本当に良い子。(←飼い主バカ)

昨夜はゆずも落ち着かないみたいで、あんなに寒がりの子なのにこたつの中にも入らず、ラムネを寝かせた箱の近くから離れませんでした。人がいるときは遠くからジーっとラムネが眠っている場所を見つめていて、誰もいなくなると近づいて箱を覗き込んでラムネを確認したりしていました。

ラムネは私が仕事に行っている間に、母が自治体の火葬場に連れて行って火葬してもらい、そのまま近所のお友達や我が家の歴代ペットたちも眠っている共同供養塔に弔う予定だったのですが、電話してみたら、なんとラムネが亡くなった日から改修工事中だとかで12/1からしか引き受けられないとのことで、慌ててインターネットで専門業者を調べて、全国24時間365日ペット葬儀を受付てくれるというペット葬儀110番という業者さんにお世話になり、自宅まで来てもらって火葬してもらうことに。

予定外でしたが、おかげで1日長く自宅にいれたことで、御近所さんたちや母の犬猫友達がお花を持って弔問に来てくださり、お花に囲まれて眠るラムネさん。日付の変わった今日は勤労感謝の日で仕事もお休みだったから、私も弟も火葬にも立ち会えて、お天気も昨日の雨が上がって晴れてくれたし、自宅だから御近所さんたちや御近所のお散歩途中のワンちゃんまでも火葬に立ち会ってくれて、ラムネを含めた歴代ペットたちの思い出話をしながら一緒に骨上げもしてくれて、本当に和やかな気分で見送ることができました。

今回お願いしたペット葬儀110番という業者さんは、私も御近所さんたちも全く初めて使う業者さんだったのですが、すごく良心的でとても丁寧に対応していただき、担当してくださった方も本当に感じの良い方で、ラムネに対してもゆずに対しても本当に優しく丁寧に接して下さって、私たちもすごくすごく癒されました。そして、その方に「残された猫ちゃんのケアをしてあげてくださいね。猫ちゃんやワンちゃんって人間が思っている以上にデリケートにさびしさを感じているものなので。」ってアドバイスもいただきました。一緒にずっといた猫ちゃんたちって片方がいなくなると急に弱ってしまう子が時々いるんですって。御近所さんたちも、「ゆずちゃん、これから、ひとりでお留守番できる?」「お母さんやJOLLYちゃんよりゆずちゃんが一番心配だわ」「おかあさん、お出かけするときゆずちゃんリュックに入れて連れて行かないとダメなんじゃない?」とみんなゆずの心配ばかりしてくれます。ありがたいことです。お友達や御近所さんたちの心づかいだったりメールだったりに癒されて、本当にありがたいなとシミジミ。持つべきものは、やはり友ですね。ラムネのおかげで、そういうありがたさも改めてシミジミと感じたりしています。

| 犬&猫 | 13:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラムちゃん、大好きだよ。

数時間前(=2017年11月21日22時30分頃)にラムネが天国に行ってしまいました。あっけなくポックリと逝きました。

晩御飯を平らげて、私にさんざん話しかけて(なんで今日は私の顔を覗き込んでやたらと鳴くんだろ?と思ってた)、母の膝の上で甘えた後、コタツの中で眠っていて、コタツの中で眠ったまま亡くなりました。亡くなる瞬間、コタツの中の母の足に足を伸ばして合図したらしく、母が覗き込んだら、全く反応がなくて、そのときにはもう息を引き取っていました。ゆずもすぐに気づいたみたいで目配せして教えてくれました。ラムネは全く苦しんでない顔をしており、今もまだ眠ってるみたいです。

これは数日前のまだ生きていたときのラムネの写真です。


腰を冷やさないようにAKBみたいな赤いチェックのスカートをとラルフローレンのタオルで母が作った腰巻きをつけています。この写真は眠っているのだけれど、亡くなった今の姿も全く同じように眠っているような感じ。腰も治って歩けるようになってたし、食欲も旺盛だったから、まだまだ元気でいてくれると思ってたのにな。享年17歳。猫でいうと86歳ぐらいになるみたいだし、寿命をまっとうした大往生になるのでしょう。




これまたつい最近。ほんのすこし前、
ゆずに毛づくろいしてもらって
ご満悦のラムネさん。


2000年生まれだから17年。私が拾ってきて17年ずっと一緒にいた猫でした。天国にはお父さんも大好きだったキナちゃん(犬)もいるから寂しくないね?きっとお父さんは「ラムネ!もう来たんか?」って迎えてくれることでしょう。 昨夜、コタツに入る前に本当にしつこく顔を覗き込んで話しかけてきたんだよね。「何?ラムちゃん?撫でて欲しいの?よしよーし、ラムちゃん可愛いよ~。」って撫でてあげたのが最後。お別れの挨拶だったのね。本当に賢い子だったわ。‬



昨日もまさにこんな感じで
下から見上げて話しかけてきたのです。

本当にたくさん癒してもらったし、最後に顔を覗き込んで話しかけに来てくれたこと忘れません。ラムちゃん17年間ありがとうね。大好きだよ。あー、でも、さびしくて涙が止まらないわ。(涙)

| 犬&猫 | 00:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラムネ、元気に歩けるようになりました

ラムネ、元気に歩けるようになり、病院通いも薬もとりあえず終了。ただ腰を冷やさないように家にあったピンクのハンドタオルをスカートみたいにつけられています。そのタオルに先日大量にもらったリボンを母上が縫い付けて、乙女度がアップしてます。(笑)




赤いチェックのタオルがあればAKBぽくて理想的なのに。(笑)

| 犬&猫 | 19:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お揃いのお洋服

ラムネが腰を痛めたこともあり、胴輪の裾にハンドタオルをスカートみたいに縫い付けて腰が冷えないように腰を覆うようにしているのですが、なんとなく不恰好なので、腰までスッポリ届く長さのある猫用の洋服を買うと母が張り切って猫専用通販で見つけてきて買ったのがこれ。




猫用なので、お魚の刺繍に「CAT'S」の文字入り。(笑)一応、柚子にも色違いを買ったみたい。色も2匹のキャラにピッタリ。どっちがどっちかわかるでしょ?(笑)ピンクが柚子でオレンジがラムネです。もう少し寒くなってきたら着せてやろうっと。

| 犬&猫 | 17:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のラムネさんと柚子さん

先日、腰痛で病院に行ったラムネさん。厳密にいうと、椎間板ヘルニアではないらしい。椎間板ではなく、軟骨が加齢によりすり減ってしまって、しっぽの付け根から三つ目の骨が退化してるとかなんとか。グルコサミンを飲ませたくなる。(苦笑)結局、病院に行った後は痛みはなくなったみたいで、ヒョコヒョコと片足をびっこひきながら家の中だけでなく庭先まで歩いていったりしています。病院から戻ってからも毎日朝晩と飲み薬を飲ませているおかげか、痛みは引いたみたいですが、歩き方は若干びっこをひいていてぎこちない感じ。なので3~4日に1度のペースでレーザーを当ててもらいにいっています。今日も行ってきたみたい。

私も母もやはり気になるから、ジーっとしていると「痛くない?」と声をかけて体をなでたりとラムネに声をかけるし、母のお膝にも自分から飛び乗れないから乗りたそうな顔をしていたらすぐに母の膝に乗せてやるし、夜は母がベットで寝ると、好きなときにラムネが母の横や布団の中に行けないからということで、母が床に布団を敷いて寝たりと、すべてがラムネ様中心。そうなるとなんとなく複雑な心境なのが柚子さん。ラムちゃんの調子が悪いことはわかっているから、かまってもらえなくてもラムちゃん優先でも我慢はしているけれど、家の中の全てがラムネ中心のリズムだし、母上はラムネに構いっぱなしゆえ、やはり不満はある様子。

かといって大嫌いな私には甘えたくない。でもちょっとさびしい・・・。そんなストレスのせいか、ここ数日、柚子さんの近所のおば様たちへの甘え方が尋常でないらしい。もともと近所のおば様たちが大好きな柚子さんなのだけれど、とりわけ、ここ数日は皆さんが口を揃えて「柚子ちゃんの甘え方がいつもと全然ちがうわー。お庭からものすごく呼びかけてくるよ。家の中ではラムちゃんに気を使ってお母さんを独占できないから、おばちゃんたちでストレス発散してるのねー」って。(苦笑) ラムネはこういう愛情的ストレスのときは粗相しちゃうけど、柚子さんは代用を探すタイプ。今までは、そのターゲットがお父さんだったんだけれど、お父さんがいなくなちゃったから、今度は近所のおば様たちにしたみたい。 そして家の中にいると、常にラムネに気を使って甘えるのを我慢しなくてはいけないからか、ご近所さんとふれあいの場と化している庭から帰るのを嫌がって、夕方になっても家に帰りたがらず、 「まだお庭にいる!」とダダをこねるらしい。 しかし、なんで、二匹ともそんなに母が良いのだ?(苦笑) 

ところで、首輪ハゲができた柚子に胴輪を買ったという報告をしましたが、結局ラムネにもお揃いで買ってやりました。というのも、ラムネさんはやきもち焼きな性格ゆえ、柚子だけ特別扱いをするとスネる(=わざと粗相をする)ので。(苦笑)




肌寒くなっきたら2匹でくっつきはじめました。ラムネのところに柚子が押しかけるパターンですが、ラムネもまんざらではないみたい。

| 犬&猫 | 20:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラムネに異変

我が家の猫のラムネ様。昨日から調子がおかしい。ギックリ腰(←過去に2回経験あり)ぽいのだけれど、動くと腰(しっぽの付け根の付近)が痛いらしく、動くたびに痛いと鳴く。痛いから動きたくないらしく、ひたすらベットから出てこず、あんなに食い意地がはっている猫様なのに御飯を食べに行くことも拒否。結局枕元に水と餌を運んで、トイレもベットに隣接して置いてやって、とにかく腰が冷えないように暖かくしてやって一夜を過ごし、今朝、母が病院へ連れて行きました。

 母上からの報告によると、ラムネさんは、ギックリ腰じゃなくて初期の椎間板ヘルニアらしいてす。まだ初期段階だからとのことで、痛み止めの注射を打ってもらってレーザーを当ててもらって飲み薬を処方してもらってあとは経過観察とのこと。レーザーは一週間に一回当ててもらいに通うんだって。家に連れて帰ってきたら、まだ薬も効いてないでしょう?ぐらいの状態で既にヒョイヒョイと歩いてたらしいので、今のところはなんとか大丈夫っぽい。





猫の椎間板ヘルニアで検索したら「(猫が)椎間板ヘルニアを発症しても、軽度なら内服薬の投与など内科的治療で経過をみたり、マッサージや温熱療法、鍼、レーザー、鍼などの治療を行うことがあります。その場合は運動を制限してヘルニアの進行を抑えることも必要になるので、可哀想ですがゲージで生活させることになるでしょう。」と書いてある記事(引用元こちら)をみつけました。 ラムネは軽度だったので、レーザー治療で経過観察ということなのでしょう。


お騒がせしています。(苦笑)


猫は犬に比べると椎間板ヘルニアにはなりにくいらしい。ただマンチカン(足の短い猫)とか、肥満猫や高齢猫はなりやすいらしいです。思い当たるのは「肥満猫」「高齢猫」という言葉。(苦笑) ラムネさん、御高齢(17年目)だし、けっこう重量級だからなあ…。(苦笑) もうご高齢ゆえ自分の体力の限界を知って最近は段差すらジャンプしてまで登ろうとはしないラムネさんなのですが、椅子に座ってる私の膝の上から飛び降りたりはしているので、膝の上からは静かに床までおろしてあげるようにしなくては。 ラムちゃんには、まだまだ元気でいてもらわないとね。

| 犬&猫 | 23:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫用の胴輪

我が家の三毛猫ゆずは、毎日、首輪にリードをつけて、犬よけのゲージを設置した玄関先に繋いでお外を眺めさせていたのですが、最近つけていた首輪の素材が硬かったのか、首輪の摩擦で首輪ハゲになってしまった(右下の写真のように、モーゼの十戒みたいなハゲの溝ができてた)ので、しばらく首輪をやめて胴輪にすることに。



最初、小型犬用の胴輪を買ったらサイズはぴったりながら犬と猫では骨格が違うみたいでしっくりこなかったので、ネットで猫用の胴輪を探して買いました。やはり猫用は犬用と違うのね。猫用だと違和感なく装着できてる。一応、ラムネとお揃いで柔らかい素材の首輪も買ったので、首輪ハゲが落ちついてきたらそちらを使わせるつもり。

| 犬&猫 | 13:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日から通常どおりの生活

のんびりダラダラと過ごした夏休みも終わり、今日から通常どおりの生活です。(悲)相変わらず暑いし、湿気たっぷりだし、イヤになりますが、学生さんたちがまだ夏休みなので電車がすいているのが唯一の救い。ところで、お盆前からお腹に湿疹がでてハゲていた我が家の御猫ラムネ様。お盆明けぐらいから湿疹がひどくなり真っ赤になってきて、首のあたりにも湿疹が出てきたので金曜日に病院へ連れて行きました。本人は全く痒くなさそうなのだけれど見ているほうが痒いので。(苦笑)



病院に行く直前のラムネ。
おハゲなお腹が丸見えで、
ホルスタインみたい。(苦笑)


病院で抗生物質の注射とかゆみどめの注射を打ってもらって帰ってきたのですが、抗生物質ってすごいねー。みるみる赤みが引いて、湿疹もどんどんおさまりつつあります。ホッ・・・。ちなみに注射二本と診察料で6000円ちょっと。動物は保険がきかないから高い…。(苦笑)

| 犬&猫 | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソックリ!

あまりにもラムネにソックリで思わず衝動買いしたブローチ。口の周りが白いところとか、ひたいのM文字模様とか似てる。しかもグリーンの帽子だなんて買わずにいられなくて。





御本人ならぬ御本猫は、夏の暑さのせいか、お腹に湿疹ができてお腹の毛が抜けてしまい下腹部分がハゲて「おハゲちゃん」と呼ばれています。豊田真由子衆院議員が飼い主だったら「このハゲー!」って大声で呼ばれてたかも。(笑)

| 犬&猫 | 00:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビバ!長崎県産

三毛猫のゆずです。最近のお気に入りスペースは二段ベッドの上段、長崎県産ゆめのかの箱。JOLLYさんの手作りです。たまに下の段にも入ります。


ビバ!長崎県産

私たちキャッツの天敵JOLLYさんは、今日から夏休み10連休だそうですが、自宅で引きこもり宣言しているので最悪です。私たちの平和な日常が乱される…。

| 犬&猫 | 23:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あなたの飼い猫は何派?

書店で猫関係の本の特集コーナーができていたのでパラパラと立ち読みしてみたら、あなたの飼い猫は何派?っていうチャート式の分類があって、設問に答えていったら、柚子は「俺様・王様・姫様」でラムネは「オドオド小心者」でした。まさに大当たり。(笑)



暑くて動く気力のないオドオド小心者


暑さにバテ気味の姫様

| 犬&猫 | 06:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シャンプー日和

暖かくなってきたのでシャンプー後は日光の下で自然乾燥。



2匹洗うのは大仕事です。(苦笑)

| 犬&猫 | 01:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT