FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国ドラマ「マイダス」

チャン・ヒョク主演の「マイダス」を見ました。元証券マンで、弁護士資格もすんなりとっちゃう頭脳明晰な男がとある財閥の顧問弁護士となり、マネーゲームの舵を取り、その兄弟たちの遺産相続に巻き込まれていく話。




桁外れの金持ちたちの考えることは異次元の話だし、マネーゲームの世界も桁ハズレで全く異次元。そこに復讐劇が絡んできて、敵が味方になったり、味方が敵になったりと形勢が逆転し続けるので目が離せない感じ。桁外れの金持ちたちが財産をかけた大人のケンカをひたすら繰り広げているようなドラマです。可もなく不可もなくって感じかなぁ。チャン・ヒョクは、こういう役が似合うね。野心の塊みたいな成り上がり系のキャラが似合う。あとキム・ヒエさんが美しかったです。デキる女って感じでカッコよかった。

| ドラマ | 21:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「空から降る一億の星」

かなり日付がさかのぼるのですが、韓国ドラマ「空から降る一億の星」を見ました。これ、木村拓哉主演の日本のドラマのリメイクだそう。でも残念ながら日本版見た記憶がありません。他のキャストを聞いてもピンとこなかったから見ていなのんだと思います。





で、なぜ、今まで感想を書くことを放置していたかというと、さほど書きたいこともなかったから。(苦笑)

面白くなかったわけではないんですが、やはりラブストーリーって嫌いなんだよね。これ、ちょっとミステリアスでサスペンス風ではあるけれど、やはりドラマの軸はラブストーリーになっていて、そこがねー、どうも肌に合わない。(苦笑)出演者は好きなんだけどねー、主演のソ・イングクも好きだし、ヒロインの女の子も可愛かったし、その兄役の刑事さんも好きな俳優さん。(「リメンバー」に出てた人)なんだけどなー。 ソ・イングク、やはり演技上手いね。なんか含みのある役、とてもミステリアスで憎々しさもあり、存在感を出してました。でもドラマ自体がそんなに好みじゃないからツボにハマらず・・・。(苦笑)

| ドラマ | 23:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「被告人」

チソン主演の「被告人」を見ました。冤罪で妻殺しの殺人犯に仕立て上げられ死刑判決を受けた元敏腕検事が、自分の無実を証明し、真犯人を告発するべく奮闘する物語。なので舞台は刑務所。ポスターからして暗い。(苦笑) 



ドラマは、まるで映画「ショーシャンクの空に」のドラマ化かと思うような雰囲気の作品です。韓国ドラマにありがちな、お金持ちが金で検察側の権力者たちを抱え込み、無実の検事を犯人に仕立て上げてしまいます。はたしてどうやって無実を証明するの?行方不明の娘は殺されているのか?はたまたどこにいるのか?と目が離せません。

真犯人が、なんかものすごーくツッコミどころ満載なキャラで、そんなので犯罪を隠せるのか?ってぐらいやることが稚拙なんだけれど、財閥が政治から司法からなんでもかんでもお金にものを言わせて操作できてしまうので、お金さえあれば、こんな無茶なことでもなんとでもなるのかー、韓国って怖い国だわねぇと呆れながら見てました。ちょっとわれわれ日本人には理解できない文化かも。(苦笑) とりあえずチソンが好きなので、チソンが窮地からどうやって脱出するのかに手に汗握りながらみておりました。チソン、カッコよかったです。刑務所で相棒となった仲間たちのキャラも面白かった。

| ドラマ | 22:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「浪漫ドクター キム・サブ」

母上が韓ドラ師匠から借りてきて面白かったというので私も鑑賞。




普通に面白かったです。ラブストーリー嫌いな私としては途中の若手医師同士の恋愛はうっとおしかったものの、キム・サブがらみの話は面白かった。もう悪役が本当にどうしようもないぐらいの悪役でわかりやすい。(笑)韓国医療ドラマにありがちなグロい内臓描写もすっかり慣れてしまったので、普通に見れました。天才外科医モノは基本的にスカっとします。ハン・ソッキュってイケメンじゃないけど、存在感のある味わい深い俳優さんだねー。シミジミ。

| ドラマ | 20:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「逆賊 − 民の英雄 ホン・ギルドン」

我が家で大人気のユン・ギュンサンの初主演ドラマです。ユン・ギュンサン、はじめて見たのは「ピノキオ」だったのですが、それ以来我が家では注目の俳優さんで、「六龍が飛ぶ」のムヒュルでさらに我が家では注目を集め、その後、バラエティ「三食ごはん」の愛猫家なユン・ギュンサンの素朴なキャラも相まって、とても注目している俳優さん。ユン・ギュンサンの初主演ドラマとあらば、見なければ!と母と二人で見ました。




ホン・ギルドンの物語は、大昔にチャン・グンソクが脇役で出てるドラマを見たことがあるけれど、数話で脱落したので、超身構えてみはじめたのですが、これは面白かったです。全30話ありましたが、全く退屈しなかった。っていうか、前に見たホン・ギルドンとは全く別物のお話だったわー。時代は燕山君の時代。このドラマは燕山君VSホン・ギルドンという構図でわかりやすい。暴君で有名な燕山君ですが、このドラマでも暴君ぶりを発揮しておりました。暴君なりの理屈みたいなものもわかりやすかった。そしてチャン・ノクスもわかりやすいキャラで登場しておりました。

前半はホン・ギルドンが子供時代の話なのですが、これが案外面白かった。だいたい子供時代のエピソードって退屈なものが多いけれど、子供時代というよりもギルドンのお父さん(アモゲ)の物語で、このお父さんがハンパなくカリスマ度満点で、すごくすごく面白かったです。そしてそこに登場する人たちがギルドンが大人になってから、どんどん絡んでくる方々で、その人間模様もハラハラしたりドキドキしたりと面白かった!スハク坊ちゃんと奥様とか、お兄さん、妹、それぞれが後々に登場するし、形勢もシーソーゲームなところがあって、すごく面白かったです。そして私は時代劇が好きだなぁとしみじみ。

| ドラマ | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「スイッチ」

チャン・グンソクの最新作ドラマ「スイッチ」を見ました。ジャンルはサスペンス?コメディ?軽いタッチのサスペンスで重くないので気軽に見れる娯楽作品です。




今回のチャン・グンソクは、一人二役をしています。一人は堅物の検事、もう一人は敏腕詐欺師。ルックスがソックリなこの二人、ひょんなことから詐欺師が検事の身代わりをするハメになるという物語。詐欺師役はいわゆる一般的なチャン・グンソク的キャラですが、堅物役も違和感なく演じておられました。お上手。このドラマ、チャン・グンソクにして珍しくラブがありません。「テバク」もラブ封印でしたが、ラブコメもラブストーリーも苦手な私としては、この路線のほうがありがたい。 

ヒロインはハン・イェリ。「六龍が飛ぶ」のチョク・サヴァン役だった女優さんです。髪を短く切ってボーイッシュなキャラクターを演じておられますが思いのほか違和感がなく見れました。悪役は我らがチョン・ウィンイン。もう毎度毎度悪役なこの人が、今回も悪役全開です。勧善懲悪でとてもわかりやすいストーリーですが、いろいろとドンデン返しもあり、スピード感もあるので退屈することなく最後まで面白く見れました。

| ドラマ | 21:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「スーツ」

アメリカ版「スーツ」を第2シーズンまで見た後に韓国版「スーツ」を見ました。ちなみに日本版は未見。




ストーリーは、ほぼアメリカ版と同じですね。性描写が韓国版のほうが控え目でマイルドになっているので、こちらのほうが日本人の感覚では感情移入しやすいかも。

チャン・ドンゴンはアメリカ版のハーヴィーのイメージにピッタリ!めちゃくちゃハマってました。相変わらずかっこよかったです。チャン・ドンゴン、イケメンなのにろくな作品に出ていない印象しかなかったけれど、これは諸手を上げて絶賛します。(笑)怒るシーンなんかも目の血走り方がハンパない。白目が怒りで真っ赤に充血してました。

パク・ヒョンシクの役は個人的には原作のマイクよりも好きかも。やはりマイクはプライベートがアホなので。(苦笑)

他の脇役陣は、やはりアメリカ版のイメージが強いから多少見劣りするキャラもありますが(ルイスとか、ルイスとか、ルイスとか。(笑))それなりに近いところを選んでる感じです。少なくとも日本版よりは。(苦笑)

案外、韓国版を先に見てからアメリカ版を見るほうが素直にキャストを受け入れて楽しく見れるかも。

| ドラマ | 23:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「カネの花~愛を閉ざした男~」

「カネの花~愛を閉ざした男~」


チャン・ヒョク主演の復讐劇。チャン・ヒョク、好きじゃないのに見ちゃったのは、この財閥の長男の嫁役の女優さんイ・ミスクさんがものすごくカッコ良くて好きなのです。めちゃくちゃ気の強いキレイな女の人の役でよく見かける方ですが、この人、キレイだしスタイルもいいし、ゴージャスを着こなすし、見ててすごい目の保養になるのです。チャン・ヒョクは、虎視眈々と復讐のチャンスを狙いながら、その復讐のターゲットのすぐそばで心を隠して顧問弁護士として働いているという役どころ。口数少な目。成り上がり役が似合います。この人、モンテクリスト伯とかも似合いそう。大財閥の中での後継者争いがメインのお話なので、ありがちっちゃーありがちですが、案外目が離せず、最後まで一気に見れちゃいました。へんに不倫の恋に走らないところもいいね。とりあえずチャン・ヒョクよりもブチョンが気の毒だったわー。あのブチョン役の人、JYJのジェジュンにそっくりね。ジェジュンかと思ったよ。

| ドラマ | 20:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「リメンバー ~記憶の彼方へ~」

韓国ドラマ「リメンバー ~記憶の彼方へ~」を見ました




パッケージだけ見たら甘ったるいラブストーリーなんだろうと思って敬遠していたのですが、全くの勘違い。ラブ要素薄い法廷モノだったわ。これまたパッケージ詐欺!(怒)なんで、なんでもかんでもラブストーリーだったりラブコメ偽装するわけ?サスペンスだったり復讐劇だったり法廷モノだったりが好きな人だっているんだからさー、詐称するなっちゅーの!(怒)で、この敬遠していたドラマも見始めたら面白いじゃんかー!ラストの後味が微妙ではありましたが、法廷モノで、検事と弁護士で、だれが味方で誰が敵?みたいなところから目が名離せない。主人公はユ・スンホ演じるスーパー記憶力バツグンの天才弁護士。そんな天才君が、無実の罪を着せられた父を救うために財閥御曹司の悪事を暴くべく奮闘する話。財閥御曹司はナムグン・ミン。この人、悪役似合うね。キレキャラのものすごいイヤなやつ感がにじみ出ていたわー。あと、連勝無敗のおじさん弁護士がねー、めっちゃいい味出してる。そしてパク・ミニョンちゃんは可愛い。ユ・スンホもなんか可愛い。

| ドラマ | 22:13 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「僕とシッポと神楽坂」(全8話)

書くのが遅くなっちゃったけど、「僕とシッポと神楽坂」(全8話)終わってしまいましたね。 全8話って、短いな。あと2話ぐらい見たかった・・・。(苦笑)何か大人の事情があったのでしょうか?? そもそもテレビ朝日の金曜ナイトドラマって、関西では日付が変わった土曜日のド深夜に放映していることもあり、一般の方の認知度がかなーり低い枠。 案の定、友人とかも「えーー、相葉君、ドラマやってるの!?今クール?!」なんて言われることもしばしばで、かくいう私も、あまりの夜更けゆえ、睡魔と闘うことができず、リアルタイムでの視聴はほとんどできておらず、週末に録画を見てホッコリする日々でした。(苦笑)

そんなこんなで、最終回後、今まで記事にもかけずにいたのですが、ドラマとしては、ダーリンの良さがよく出ていて好きでした。お芝居も自然にできるようになって、その成長を噛みしめては何度目頭を熱くしたことでしょう。 なんせ「マイガール」の枠なだけに「マイガール」の頃を思い出したりなんかしてね、いろいろと感慨深かったり。ドラマの内容も金曜の夜にあたたかい気持ちになって眠りにつけるという、ちょっと懐かしい「バーテンダー」の後味に似ていました。「バーテンダー」もなんだかダーリンが演じるキャラにホンワカ癒されたんだよね。 ただコオ先生が、優しい先生な感じは伝わってきましたが、天才獣医師っぽさはストーリーからはイマイチ伝わりづらかったような・・・。手術は難しいものも全部成功していたし、海外からもお声がかかっていたし、ナルタウンの先生も一目置いていたので実力者であることは伝わるのだけれど、いまいち伝わりづらかったような。(苦笑)そしてナルタウンの先生も動物のことを第一に考えていて素敵だと思いました。

視聴率は平均で5.25%ですか。まあ、良くはないですね。(苦笑)ただ、あの枠だったら悪すぎるわけでもない?(苦笑)自分がペットを飼っていることもあり動物がらみのお話は引き込まれてみておりましたが、全体を貫く展開っていうの?そのあたりは、さほど続きが気になる展開ではなかったからファンでない場合、見逃してもなんともないというか、そこまで必死に追いかけるようなタイプのドラマではなかったし、時間帯も含めると視聴率もそんなものでしょうかねぇ・・・。(苦笑)

私が印象に残っているのは初回です。避妊手をした直後の猫ちゃんが術後服がストレスとなり、傷口を舐め崩してしまった回。ちょうどかりん(我が家の子猫)の避妊手術と時期が重なっていて、かりんを抱きかかえた状態で一緒に見てたんですよね。で、かりんがエリザベスカラーを嫌がっていたので、「ダメだよ、コオ先生がエリザベスカラーが一番いいって言ってたでしょう?」と言い聞かせたりしてました。(笑) あとは、やはり最終回のコオ先生の涙。 ダーリンが泣くとダメだわ、泣かされてしまう。(苦笑) 

このドラマをみるときは、いつも週末に録画していたものを見ており、だいたいかりんもゆずも一緒に近くにいるので、「さあ、コオ先生を一緒に見ようか」って母と2人×2匹で見ていました。 ペットを飼っている人には切実だったりリアルだったりするテーマもあって(加賀真理子さんの回とか)、自分の身に置き換えて考えたり、涙したり。個人的には広末涼子さんの演技が好きではないのと、子役の少年の芝居も好きではなかったので、そこは若干ストレスではあったのですが(苦笑)、コオ先生に癒され、ダイキチに癒され、オギに癒され、心地よい時間を過ごせたドラマでした。今年は、かりんを迎えたこともあり、ゆずが体調を壊したこともあり、動物病院に行く機会が多かったので、改めて感じましたが、人間のお医者さんもたいへんだけれど、獣医さんも本当にたいへんだとおもいます。24時間体制ですし、動物は病状を自分たちでは説明できないし、本当に待合室はいつもいっぱい。このドラマを見ていると、そんな頑張ってくれている獣医さんたちにエールを送りたくなりました。

by カエレバ

| ドラマ | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「七日の王妃」

韓国ドラマ「七日の王妃」を見ました。実話に基づいたフィクションだそうです。



ヒロインのパク・ミニョンは好きなのですが、イ・ドンゴンがどうも好きではないし、ヨ・ウジンもあまり興味がないこともあり、タイトルからも悲劇っぽいしで、どうだろうと警戒しながら見始めたのですが、案外面白かったです。というのも好きではないイ・ドンゴンが稀代の暴君、燕山君の役だったので、違和感なく嫌いなスタンスで見れたので。(笑)っていうか、イ・ドンゴンの燕山君ハマってました。イヤなヤツが似合ってた!今までどうも好きではないので避けていたイ・ドンゴンですが、こういう役ならアリだわ。 (笑) あとは、やはりパク・ミニョンがかわいい。彼女の魅力で物語が引っ張られるから、さほどその他のキャストは苦痛に感じませんでした。

| ドラマ | 23:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SUITS シーズン2

シーズン1を見終わった自覚もないまま、Amazonプライムの「次の話を見る」を続けていたら、気づいたらシーズン2に突入していました。(笑) 面白いです。このドラマ。




シーズン2は、ハーヴィーが大ピンチ!という場面がけっこうあります。憎たらしいキャラもたくさん登場するし、コテンパンにやっつけてほしい!って思いながら、登場人物に感情移入しまくっていて目が離せなくなって見ていました。ちなみにマイクには全然ハマっていません。女関係落ち着かないあたりが人間味あふれるといえばあふれるのだけれど、少し落ち着け!と言いたくなる。個人的に一番のお気に入りキャラはハーヴィーの秘書のドナ。美しいしユーモアもあって機転もきく有能秘書。カッコイイ。脇役もチャーミング。ルイスが最近好きになってきました。キモいけど。(笑)あとジェシカも好き。美しくてカッコイイ&仕事もデキル女性がたくさんでてくるから楽しいです。しかしニューヨークの一流オフィスでは、あんなにもピチピチ&露出度の高い洋服でお仕事するんですか?ピタピタのタイトスカート、体の線にぴったりくっついたシャツ、肩や胸元の肌が丸見えのノースリーブブラウスだったりと、相当スタイルが良くないと着こなせないようなアイテムをすごい圧巻のスタイルの女性たちが着こなして働いています。ピタピタのタイトスカートでも下着の線とかお腹のぜい肉が全く見えないってすごいわー。ほれぼれしちゃう。そしてニューヨークの街が素敵です。ニューヨークに住みたくなる。っていうか、ニューヨークの一流企業で働きたくなる。(笑)仕事はたいへんそうだけれど。あそこまで自分たちの能力に自信があって頭が良くてルックスもいいなんてどういう気分なんでしょうかねー。完全に住む世界が違う人たちの話だわぁ・・・と羨望のまなざしを抱きながら見ています。 あ、そうそうマイクがおばあ様のために買ったアパートがとても素敵でした。あそこに住みたい。(笑)それにしても第2シーズンの最後は、さすがアメリカ。(笑)なにも職場でなくてもよくないか?(笑)

| ドラマ | 23:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「おっさんずラブ」

友達がブルーレイを貸してくれたので話題になったドラマ「おっさんずラブ」をみました。

日本のドラマは話数も少ないし一話も短いので、あっという間に見終わった。男色な男子のオンパレードでとにかくシュール。(笑)

田中圭にも、吉田鋼太郎にも、その他のキャストにも全く思い入れはないけれど、なんだか登場人物皆がピュアなキャラで妙に純愛すぎて笑えました。

面白い。(笑)

by カエレバ

| ドラマ | 22:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SUITS シーズン1

韓国ではチャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクで、日本では織田裕二と中島裕翔で、リメイクされているアメリカのドラマ「SUITS (スーツ)、以前から弟がハマっていて「超面白い!」とおススメされていたこともあり、韓国版、日本版も録画してあるので、その前にオリジナルの方を見ておこうとamazonプライムにて鑑賞。




大手弁護士事務所が舞台の弁護士たちのお話。エリート街道まっしぐらな凄腕イケメン弁護士と、その部下で頭が良くて天才的な記憶力をもちながら学歴がなく学歴を詐称している青年とのコンビもの。上司公認で学歴を詐称しているのだけれど、ハーバード卒しか入れない企業で、ハーバードの卒業生だらけの職場でハーバード卒だと嘘をついてバレないほうが不思議なんですが…。そのあたりのハラハラドキドキも面白さの一つとなっています。回が進むにつれて脇役のキャラもチャーミングに見えてくる。一話が45分なので見やすいです。どこかで見たことがある顔の女優さんだと思っていたらメーガン妃でした。

| ドラマ | 19:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「鉄の王 キム・スロ」「耳打ち~愛の言葉~」

◆「鉄の王 キム・スロ」


CSで放映していたのでチソン目当てで見ました。鉄職人から伽耶の国の初代王となったキム・スロの物語です。時代が古いからどうだろうと思って警戒しながら見ていましたが、案外、スーっと物語も進み、完全懲悪の図もわかりやすくて、悪役が本当に滑稽なぐらいチンケな悪役で面白かったし、最後まで全く飽きることなく楽しめました。っていうか、チソンの魅力で目の保養できたのでそれだけでも満足。やはりチソン好きです。ヒロインは、もともとアヒョだかアロだかって姫様よりもインドのお嬢様派だったので、最初のうちはモヤモヤしたのですが、最後はスカっと気分よく終わりました。(笑)


◆「耳打ち~愛の言葉~」

これ、めちゃくちゃ面白かったです。またまたイラつくサブタイトルで、なんなの!(怒)タイトルから連想するような甘いラブストーリーでは全くなくて、父親の無実を証明すべく、巨大弁護士事務所と司法界の悪を暴こうとする女刑事が奮闘するどちらかというと硬派な話です。そこに弁護士事務所内での権力争いもからんできて、法廷も絡んでくるから法廷モノ独特の緊張感もあって、その上ドンデン返しの連続で、ひたすら面白かったです。悪役はトコトン憎たらしいし、スカっとするところはスカっとする。イ・ボヨンは、こういうキリっとした女性が似合うねー。素敵でした。

| ドラマ | 18:04 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「魔女の法廷」「ドクターズ」

◆「魔女の法廷」



特にお目当ての人が出ているわけでもなかったのですが、法廷モノ大好きなのでCSで放映していたのでなんとなく見始めたら、テンポも良くて、めちゃくちゃ面白かったです。一気に見てしまいました。勝気な女性検事とマジメな元精神科医のイケメン男性検事の対比も、悪役が徹底して悪どいあたりも期待どおり。法廷でのやりとりは、スカっと爽快。不利なようで大逆転するあたりとか、とにかくスカっと気持ちいい。「トンネル」に出ていたイケメン君(名前覚えてません・・・。)が元精神科医のイケメン男性検事なのですが、爽やかでいいですね。そして、やはり法廷モノは面白い。


◆「ドクターズ」



キム・レオンもパク・シネも全く興味がないのですが、ユン・ギュンサンが出てたので見ました。神経外科医のお話です。ドラマとしては可もなく不可もなく。医療モノとしては普通に面白かったのですが、全体的に恋愛要素が強いので、あまりラブストーリーが得意ではない私としては、ラブラブな二人のシーンが若干しつこい。(苦笑)主人公の女性がケンカが強いのでスカっするところでずいぶん救われた感じです。お目当てのユン・ギュンサンですが、相変わらずの童顔で、三白眼。(笑)でも憎めない。(笑)ドラマではあまりデカく感じなかったわ。共演者も長身の人が多かったのでしょうか?それにしても、このドラマのキム・レオン。私はテニスの錦織圭にしか見なかったわー。ソックリ。

| ドラマ | 11:03 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「TWO WEEKS」「彼女はキレイだった」「ソル薬局の兄弟たち」

◆「TWO WEEKS」


イ・ジュンギ主演ということで見始めました。イ・ジュンギの役どころは、事情があって別れた昔の恋人が8年ぶりに現れて、実は8年前に別れた後で自分の子供(娘)を産んでおり、その子供が急性白血病なので骨髄ドナーになって欲しいと突然言われて戸惑うチンピラまがいの男。適合検査で骨髄移植が可能となり2週間後が移植手術というタイミングで所属していた裏組織の陰謀にまきこまれて殺人犯として指名手配されてしまう。殺人犯の汚名をきせて亡き者にしたい組織からは命を狙われ、警察と検察からは犯人として追われ、手術当日まで捕まらずに逃げ回ることができるのか!?みたいなストーリー。ひたすら逃亡劇なので、ちょっと見ていると緊張感が続くので疲れましたが、ストーリーは飽きることなく面白かったです。骨髄移植を待つ娘役の女の子が超可愛いので癒されました。


◆「彼女はキレイだった」


基本的にラブコメが苦手なので、ありがちなラブコメだし、あまりにもわざとらしく作られたブサイクもなんだかなーと思いつつも、ファン・ジョンウムのコメディエンヌっぷりに引き込まれて、案外楽しく観れました。後半、ラブラブになってからは、いまいち面白くなかったけど。(苦笑) ちなみにパク・ソジュンは嫌いではないけれど騒がれるほどの魅力も感じない。(苦笑)パク・ソジュンって、髪形ヘンじゃない? 前髪の生え際が妙に一直線(←韓国人あるあるなのかも?)で妙に髪形が浮いてる。(苦笑)ありがちっちゃーありがちなんだけれど、すごくイヤな人とか悪人があまり出てこないし、正体不明の会長の甥とか、作家とか、誰なんだろ?って推理しながら見るのも面白かったです。(ちなみに私の予想は全くハズれていました)しかし、副編集長の家は立派だし、女子二人が共同生活(シェアハウス)している様子はとてもうらやましい。ああいう仲良し同志で共同生活、楽しそう。

◆ソル薬局の兄弟たち

独身の4人の息子たちをなんとか結婚させようと格闘する母親とその家族たちを描いた少し古いホームドラマです。ブレイク前のチ・チャンウクが四男役で出ているというので見てみました。ドラマ自体はとりたてて面白いわけでもないけれど、とくに退屈するでもなく、普通に楽しめました。が、まあイライラするキャラが多かったので、その点は少しストレス。とくに次男のキャラ。ウザい・・・。あとお母さんもギャーギャーうるさい!(苦笑)そしてキム看護師。最高にイライラするキャラ。(苦笑)個人的には、家庭科の先生がとてもいい人そうだったので御縁に至らず残念です。

| ドラマ | 22:47 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「最高です!スンシンちゃん」「客主」「品位のある彼女」

最近見た韓国ドラマの感想。

◆「最高です!スンシンちゃん」


IUちゃんが好きだし、チョ・ジョンソクも嫌いではないので、CSで一挙放送をしていたときに見ました。全50話のホームドラマです。女優を目指す女の子と芸能事務所の社長さんの物語。そこに出生の秘密だったり、家族の問題なんかも絡んできて、お約束の意地悪女も出てきたりするのだけれど、全体的にほのぼのしています。話数は多いですが、面白かったので一気に見れました。心トキメクようなイケメンは出てこなかったけれど(苦笑)、とにかく美女がたくさん出てくるので目で楽しめました。IUちゃん、やっぱり可愛い。そして歌って踊れるチョ・ジョンソクも堪能できました。


◆「客主」


朝鮮時代後期の商売人の世界を描いた全40話の時代劇。なんだけれど、私はキツかった・・・。(苦笑)後半は少しテンポも良くなったけれど、なんだろ、全然面白くなかったんだよねー。(苦笑)奥様との不倫略奪愛とか、正直どーでもいいというか。(苦笑)あの巫女さんの「運命の人!」っていう執着心もキモいし、いい年したおっさんが、いい年してから美女に執着して跡取り息子をー!とか言ってるのも謎。チャン・ヒョクは、いわゆるチャン・ヒョクで、さほど好きでもない俳優さんなだけに、よけいに楽しめず・・・。(苦笑)イケメンなんだけれど、演技がワンパターンなんだもの。いつも、あのヘンな大げさな笑い方。現代劇のほうがナチュラルで良いのかしら?


◆「品位のある彼女」


これ、面白かったです。江南のとある大富豪宅で後妻のセレブ妻が何者かに殺されるところからドラマは始まります。容疑者は複数人いて、誰が犯人で、彼女は何故に殺されたのか。その結末までを大富豪宅を含む江南に暮らすセレブ妻たちや周囲の人間関係も含めてコミカルにテンポよく描いてあるので目が離せませんでした。セレブ妻たちとメイドや介護人たちという階層の違う人たちの世界が面白おかしく描かれていて、ちょっとした韓国版のダウントンアビー。けた外れのお金持ちたちってこんな感じなのかしらねーっていう面白さがあります。出てくる男性陣はどれもこれも微妙なルックスなのに、連れている妻はみんな美女。やはりお金持ちなら容姿関係なくモテるのね。それにしても、キム・ヒソンの美しいこと!まさに「品位ある彼女」にピッタリでした。キム・ソナがどんどん垢抜けていくのも注目ポイント、といっても介護人の頃があざといぐらいダサい格好させられているだけなのですが。結局最後まで犯人を見抜けなかったし、地味だけれど最後まで面白いドラマでした。

| ドラマ | 21:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「あなたが眠っている間に」「マイ・ラブリー・ブラザーズ」「グッバイ・ミスターブラック」

最近見たドラマいろいろ。といっても、子猫が来てからは、猫2匹の相手ばかりしているので、全然ゆっくりとドラマを見る時間がないのだけれど・・・。(苦笑)


◆「あなたが眠っている間に」



やはりイ・ジョンソクの主演ドラマってハズレがないわー。これ、タイトルとか宣伝でかったるい恋愛ドラマだろうと身構えていたら、めちゃくちゃ面白かった!というのも主人公が検事で法廷モノなのです。なので法廷劇もあり、それでいて登場人物たちが予知夢が見えるという設定もあったりするのでファンタジー要素もあり、クスっと笑える笑いもちりばめられていて、とても見やすくて面白かったです。ヒロインのペ・スジも可愛かったし、恋愛ドラマではあるけれど、そこまで恋愛要素が強くもなく、どちらかというと法廷劇の方がメインな感じだったので、その配分が好みでした。キャストもいい。イ・ジョンソクは、私の中では、ブサ可愛い系。全くときめかない人なのだけれど、嫌いじゃないです。とにかく出てるドラマが毎回面白いから、好感度高い。それにしても本当に色が超白くて、顔が超小さくて、手足が長い!ちょっとあの体型は人間離れしすぎてるよね。(笑)ビジュアルでいうなら警官のチョン・ヘインが可愛いかった。イ・ジョンソクよりも好みです。あと、悪役のイ・サンヨプがこれまた良いのだ。あのイラっとするキャラ。この人、いい人も悪役も演じれる芸達者な人でお気に入りです。検察側の脇役の方々も皆さん魅力的でチャーミングだし、話がジワジワっと繋がっていくあたりも含めて面白かったです。


◆「マイ・ラブリー・ブラザーズ」



ソ・イングクが3兄弟の末っ子役で出演しているとのことで見ました。ホームドラマなのでけっこう長い。オモニがギャンギャンとヒステリックに怒るのがカンにさわるものの、次から次へと事件が起こるので目が離せず、面白くて一気にみちゃいました。ソ・イングクは末っ子で浮気ばかりしているダメ男役。本当にダメ男すぎて・・・。顔も今ほど洗練されていない。(苦笑) 一番キャラ的に性格がイケメンなのは次男。長男はとにかく優男。しかし、あのオモニのところに嫁に行って同居するのはキツいよね。(苦笑)そして、「君を憶えてる」に出てた子役が二人とも出ていました。


◆「グッバイ・ミスターブラック」



原作がデュマの「モンテクリスト伯」だというので見てみたのですが、ただの中途半端な復讐劇なだけで、デュマに謝って欲しいレベルのつまらなさでした。(苦笑) そもそも、モンテクリスト伯って御本人が復讐を企ててからは恋にうつつを抜かしたりしない人だから、一緒にしないで!(怒)レベルです。(苦笑) やはり原作は神なだけに、なかなか満足のいく実写化ってないんだよねぇ…。(苦笑) 主演のイ・ジヌクも微妙。犬顔だよね、この人。(苦笑) そして今回改めて、私、やはりムン・チェウォンが苦手だと痛感した。(苦笑) 「グッド・ドクター」と「クリミナルマインド」とか恋愛要素の薄い役では感じないのだけれど、「優しい男」とか今回の作品とか、恋する女を演じると嫌悪感が…。(苦笑)

| ドラマ | 20:45 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「朝鮮ガンマン」

CSで一挙放映していたので見ました。




時代は朝鮮王朝末期、時代の変わり目、高宗の時代です。武器が剣から銃に変わる時代、開化派と保守派の対立を軸にしたドラマで、開化派の王の元で働く父を保守派の陰謀によって殺された男(演じるのはイ・ジュンギ)が日本に渡り、日本人となって朝鮮に戻ってきて復讐する話。わかりやすいマンガみたいなストーリーです。

イ・ジュンギ演じるパク・ユンガンが日本人に化けて長谷川半蔵という名前で登場するのだけれど、この長谷川半蔵と彼をとりまく周辺の方々の日本語が面白すぎて失笑を抑えられないという・・・。(苦笑) 大谷亮平も出ているのですが、彼の日本語がまともなだけに、よけいに他が浮く。やはり韓国人にとって日本語って発音もイントネーションも難しいのね。(苦笑)「カクシタル」のときの「さっとうひろし(=佐藤宏)」にも大笑いしたけれど、こちらの「はせがわはんじょー(長谷川半蔵)」も笑いを抑えるのがたいへん。「はんじょーしゃん(=半蔵さん)」って呼ばれるたびに笑いが。(笑)

そして私、イ・ジュンギの演技、熱血すぎて、あまり好きじゃないかも・・・ってことに気づいてしまった。(苦笑) この濃い演技は時代劇に向いているとは思うのだけれど、私はサラっとあっさり系のさりげない演技のほうが好きなので。あと、ヒロイン役のナム・サンミのビジュアルがイマイチ好みではなく。洋服だと可愛いんだろうなーと思う顔立ちなのだけれど、時代劇になると老けて見えて、あまりイ・ジュンギとも似合っていなかったような・・。まだもう一人の女性主要キャラのチョン・ヘビンのほうが似合ってるような・・・・。(プライベートでは、しっかりとこちらの方を選んだらしいけど。)

最初から最後まで復讐劇の単純な話かなーと思いきや、案外、どんでん返しどんでん返しで勢力図が2転3転するので、けっこう面白かったです。っていうか王様が優柔不断というか、それによってみんなが振り回されてる感じ。ただ、けっきょく逃亡者なのねーって感じで後味はそんなにスッキリしなかったかなぁ。(苦笑)

| ドラマ | 22:16 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT