Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

台湾・阿原(YUAN)の石鹸

台湾のガイドブックをかしてあげてた職場の男子が、パイナップルケーキとは別で御礼にとhttp://www.yuansoap.jp/" target="_blank" title="阿原">阿原(YUAN)の石鹸を買ってきてくれた~。(嬉)台湾旅行の際にときめいた天然無農薬のハーブを使ったアロマグッズのお店http://www.yuansoap.jp/" target="_blank" title="阿原">阿原(YUAN)を教えてあげたら彼女と一緒に行ってきたらしく、お土産にと2人で選んできてくれたらしい。なんて律儀なカップルなのかしら。(嬉)





天然アロマのめっちゃ良い香りのオーガニック石鹸、めちゃくちゃ嬉し~い。http://www.yuansoap.jp/" target="_blank" title="阿原">阿原(YUAN)、最近は日本にも上陸してるんだよね。日本国内外でも全国展開しているようでネットでも買えるみたいです。

by カエレバ

| 台湾 | 18:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホテルオークラ台北のパイナップルケーキ

ゴールデンウィークに台湾に旅行に行っていた職場の同僚にホテルオークラ台北のパイナップルケーキのお土産をいただきました。ここのパイナップルケーキ、美味しいんだよね~。




去年台湾に行ったオススメをあれこれ伝授しておいたから、しっかりと堪能してきたみたい。アジア旅行はやはり食事が楽しいよね。また行きたいな~。(遠い目)

| 台湾 | 22:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・中山「オークラプレステージ台北- The Nine」のパイナップルケーキとヌガー

台湾でお土産に最適な有名スイーツといえばパイナップルケーキとヌガー。いろんなお店のものがありますが、オークラプレステージ台北(台北大倉久和大飯店)の1Fにあるデリカッセン「The Nine」のパイナップルケーキとヌガーが超可愛い&美味しいということで、買いに行ってきました。予約しないと買えないとか、売り切れやすいときいていましたが、平日のお昼頃に行ったら無事に買えました。




パイナップルケーキは、12個入りで480元(≒1920円)、ヌガーは32個入りが480元(≒1920円)。パッケージが本当に可愛い。味もパイナップルケーキは、外側がサクっとしていて中のパイナップルジャムがサラっとしていて酸味があって甘すぎず美味しい。そしてヌガーがこれまた、めちゃくちゃおいしかった。もっとたくさん買っておけば良かったわ。お土産に配ってなくなっちゃったし。(苦笑)ただ、パイナップルケーキもヌガーもめちゃくちゃ重たいですので、スーツケースの重量には要注意です。(苦笑)

---------------------------------------------------
The Nine. 
10450 台北市南京東路一段 9 號(オークラ プレステージ台北1F)
TEL:02-2181-5138
営業時間 10:00~20:30
---------------------------------------------------

| 台湾 | 23:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・忠孝復興「芒果恰恰 MangoChaCha(台北忠孝店)」でマンゴーかき氷

かき氷大好き人間としては、台湾に来て食べないわけにはいかないマンゴーかき氷。数々の有名店がありますが、今回は、まずはMRT「忠孝復興」駅からすぐのところにある「芒果恰恰 MangoChaCha(台北忠孝店)」でいただきました。去年東京に日本1号店ができたんだよね?東京のお店は連日大行列だという噂だけれど、こちらはオフシーズンだったからか、全く並ばずに入れました。





たくさんメニューがある中で、選んだのは、上にアイスクリームが乗っていないタイプのもので、中が黒糖氷、上がフワフワマンゴーかき氷のもの。黒糖氷とマンゴーかき氷のバランスが良くておいしかった。どちらか片方だけだと飽きそうな量なので。かき氷は二人でひとつ頼んだのですが、それでも十分な量です。あと、マンゴーティーってのがめちゃくちゃおいしかったです。いわゆるマンゴー風味の紅茶ではなく、柚子茶のマンゴー版。マンゴージャムをお湯で溶いたような感じなんだけれど、甘酸っぱくて美味しい!お店でこのマンゴーティーも販売されています(瓶詰めのジャムみたいな状態)。
ちなみに、こちらのお店の隣には「阿宗麺線」もありました。満腹で食べる余力がなくて残念でしたが…。(苦笑)
---------------------------------------
芒果恰恰 MangoChaCha(台北忠孝店)
所 台北市忠孝東路四段17巷4号
電話番号 (02)2778-8551
営業時間 11:00~23:00
休業日 年中無休
台北ナビはこちら 
---------------------------------------

| 台湾 | 14:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・松江南京「洪師父麺食桟」でトマト牛肉麺

日本のテレビの旅番組で紹介されていてずっと気になっていた「洪師父麺食桟 」。最寄り駅はMRT松江南京駅で、ちょうどホテルから徒歩圏内だったこともあり、ブラっと食べに行ってきました。こちらのお店、台湾の牛肉麺の大会で数々の賞を受賞しているお店なんだそう。



いただいたのは、テレビでも紹介されていたトマト入り牛肉麺。麺は、きしめんみたいな太麺と中華そばみたいな細麺から選べます。私は太麺でオーダー。本当にきしめんみたいな感じで、スープは牛肉の味とトマトの味が利いた醤油系のアッサリサッパリ。そして大きな牛肉がしっかりたっぷりと入っていて、この牛肉が煮込まれてホロホロで食べやすくて、とっても美味しい。お腹もすごく膨れます。満足。
--------------------------------------------------------
洪師父麺食桟 (建北店)
Chef Hung Taiwan Beef Noodles
住所:台北市建國北路二段72號
台北ナビはこちら
--------------------------------------------------------

| 台湾 | 09:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・松江南京「魯旦 & 川鍋(建国店) 」で麻辣火鍋

たまたま歩いていて見つけたお店「魯旦 & 川鍋」。炭火を使った麻辣火鍋の店なのですが、店構えも店内もとても趣があり、雰囲気が良くて、店内も賑わっていて気になったので入ってみました。歌手の一青 窈さん(お父様が台湾人)のおすすめ店でもあるらしい。最寄り駅はMRTの「松江南京」駅。




店内はほとんどが地元の方。それでもお店の方も、とても親切で日本語まじりのジェスチャーでいろいろ教えてくれて、とても居心地のいいお店でした。麻辣火鍋、赤いほうのスープは辛いのは辛いけれど、美味しい辛さ。白いほうのスープはあっさりしているので、それぞれの具材にあわせて入れていただきました。トッピングは、自分でカウンターからとってくるシステムなのですが、いろいろあって面白い。パクチーもネギも取り放題。(パクチー大好き!)3月の台北は、そこそこ肌寒いので鍋はからだも温まって、とても美味しかった。台北で火鍋食べるなら、ここ、オススメです。
-------------------------------------
魯旦 & 川鍋(建国店)
住所: 台北市建国北路二段16号
住所(中国語): 台北市建國北路二段16號
電話番号: (02)2506-3622
営業時間 12:00~深夜2:00
台北ナビはこちら
-------------------------------------

| 台湾 | 06:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・忠孝復興「高雄五福鮮蝦鮮肉扁食」でワンタン麺

MRT「忠孝復興」駅から徒歩約5分のところにある「高雄五福鮮蝦鮮肉扁食」でワンタン麺を食べました。こちらのお店、庶民的な普通の町の食堂といった雰囲気なのですが、数々の著名人も訪れているという評判のワンタンのお店だそう。ジャッキー・チェン(香港の映画スター)も訪れたとかで写真が飾ってありました。


本当はワンタンスープだけで十分で麺はいらなかったんだけれど、言葉の壁で身振り手振りでオーダーを伝えたらワンタン麺が出てきた。(苦笑)でもエビワンタンと肉ワンタンと両方入れてくれてたからいいかなと。八角(?)の香りがきいた醤油味のスープとプリプリのワンタンが美味しかったです。ちなみに、お店の向かい側に豆花の美味しい『騒豆花』の二号店『越娘・騒豆花』があります。ワンタン麺食べた後、デザートに豆花もいいんじゃないかしら?(ニヤリ)
---------------------------------------------------------
高雄五福鮮蝦扁食 (ガオションウーフーシエンシァビエンシィ)
住所:台北市敦化南路1段236巷23號
電話:02-2752-5741/7491
営業時間:9:00~22:00
ぐるなびは、こちら 
---------------------------------------------------------

| 台湾 | 03:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・永康街「芒果皇帝」でカキ氷

永康街で食後のスイーツ。やっぱりカキ氷でしょ!ということで、さほど並ばず入れた「芒果皇帝(マングォファンディ) 」へ。マンゴーかき氷とイチゴかき氷を。氷はガリガリとした水の氷のかき氷とふわふわのミルクの氷と両方メニューにあるのですが、今回はミルクのほうにしました。(個人的にはガリガリとした水の氷のほうがスキなんだけどね。) 



見た目から想像したとおりの味です。けっこう練乳たっぷり。個人的には練乳不要派なので、ちょっと練乳が多すぎて甘かったけど、美味しいのは十分美味しい。やはりフルーツかき氷は最高だね~。
---------------------------------------
芒果皇帝(マングォファンディ) 
英名:King Mango
住所:台北市永康街2巷2 之1號
食べログはこちら 
---------------------------------------

| 台湾 | 20:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・延吉街「騒豆花」で黒ゴマ豆花と季節限定イチゴ豆花

台北で行ってみたかったお店は「騒豆花」。こちらの季節限定イチゴ豆花を食べたかったのです。最寄りの駅はMRT「國父記念館」駅。「忠孝復興」駅近くに二号店の『越娘・騒豆花』もあり、そちらでもイチゴ豆花はいただけます。今回は延吉街のお店に行きました。





草苺豆花(イチゴ)/80元(期間:1月~4月)は冷たくて、めちゃくちゃ美味しい。
芝麻糊豆花/70元は暖かくて、お汁粉みたいな感じ。甘さ控えめで優しい味で、これまた美味しい。
夏場はマンゴー豆花が季節限定で登場するそうです。
-----------------------------------
騒豆花 (サオドウファー)
台北市大安区延吉街131巷26号
住所(中国語) 台北市延吉街131巷26號
電話番号 (02)8771-8901
営業時間 12:30~22:30
休業日 日曜
台北ナビはこちら
-----------------------------------

| 台湾 | 19:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北・松江南京「梁記嘉義鶏肉飯」で鶏肉飯

MRT「松江南京」駅から徒歩約5分ほどの場所にある鶏肉飯の有名店「梁記嘉義鶏肉飯(チァイージーローハン)」へ行きました。





鶏肉飯は40元(≒160円)、スープ(魚丸湯)は30元(≒120円)、あとはおかずは指差しで3皿ほど選び、二人分の食事代が220元(≒880円)程度。全体的に味付けはあっさり系で美味しかった~。
-----------------------------------------
梁記嘉義鶏肉飯(チァイージーローハン)
住所:台北市松江路90巷19号
住所(中国語) 台北市中山區松江路90巷19號
電話番号: (02)2563-4671
営業時間: 10:00~20:00
休業日: 日曜
台北ナビはこちら 
-----------------------------------------

| 台湾 | 20:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北、グルメレポ(その3:AoBa/青葉餐廳 編)

雑誌やガイドブックで台北が紹介されると、必ず出てくるぐらい有名な台湾料理のレストラン「AoBa/青葉餐廳」。一文字入れ替えるとAIBAだーと、どーでもいいことを喜びつつ、夕食で行ってきました。台湾の伝統的な屋台料理を、もっと気軽に味わえるようにというコンセプトで作られたお店だということで、お店自体は観光客でも抵抗なく入りやすい清潔でモダンな店構え。メニューも日本語メニューが用意されているので、とても選びやすいです。台湾料理は、比較的あっさりしていて、日本人の口に合うお料理が多いみたい。どれもこれも中華中華していなかった印象。大皿料理は、すべて人数分にとりわけてくださるし、給仕の方々は非常に気が利くので、とても居心地のいいお店でした。
taiwanDSC01214.jpg
手前はサラダ、奥が豚の角煮みたいなお料理。

taiwanDSC01218.jpg
左は春巻き、右は台湾風オムレツだそう。
春巻きは、人数に合わせて本数を追加してくれたりと気が利くサービスも。

taiwanDSC01217.jpg
これは葱とレモンソースで味付けたチキン。めちゃくちゃ美味しかった!

taiwanDSC01219.jpg
オムレツの奥にあるのが、私の大好物の空心菜。
ここでは味噌風味で炒めてありました。

taiwanDSC01220.jpg
食後にサービスで出てきたピーナッツ餅。
きな粉のように見えるのがピーナッツの粉で、
それを温かい白玉にまぶしてあるような感じ。
とても美味しかったです。

ちなみに、今回アルコール類は食前酒のみで頼まなかったのだけれど、10皿ぐらいのお料理を頼んで、5人分の食事代が3289NT$(≒13156円)。一人当たり2631円。安っ!1皿のボリュームも結構あります。でもあっさりしているので、結構食べれます。オススメ。
---------------------------------------
AoBa 青葉餐廳
www.aoba.com.tw
所在地:台北市大安區安和路一段116號1樓
Tel:02-2700-0009
---------------------------------------

| 台湾 | 19:57 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北、スイーツレポ(その1:冰館編&糖朝編)

台湾では知らない人はいないほど人気のマンゴーかき氷店、冰館 Ice Monster ピンクァン(アイスモンスター)にも行ってきました。鼎泰豐(デンタイフォン)本店のすぐ近くなので、食後のデザートにピッタリということで、満腹ながらもデザートは別腹を合言葉に行ってきましたが、本当に美味しくて大感動。

taiwanDSC01257.jpg

完熟生マンゴーに複数の練乳を配合した秘伝のソースがかかったかき氷は絶品。でも本当はイチゴのカキ氷が食べたかったのだけれど、イチゴはシーズンオフで置いてなかったので、妥協してマンゴーを食べましたが、食べたら妥協だなんていえなくなった。激ウマ!ちなみにマンゴーの季節は4月~10月、イチゴは11月~3月なんですって。次回はイチゴの季節に行かなくては!
大阪だと、なんばウォークで食べれるらしい。
-------------------------------
冰館 Ice Monster ピンクァン(アイスモンスター)
http://www.icemonster.com.tw/
住所 : 台北市大安区永康街15号
電話番号 : (02)2394-8279
-------------------------------

香港で食べた味が忘れられず(参照記事こちら)台北でも思わず糖朝にも行ってしまった。

taiwanDSC01210.jpg

美味しかったけれど、やはりわざわざ台北でいかなくてもという気も・・・。活気がやはり香港とは全然違うんだもん。味は美味しかったけれど、台湾ならではのものをもっともっと食べるべきだった気がしました。ちなみに、こちらもイチゴタピオカは季節外ということでありませんでした。仕方がないのでマンゴーで妥協。
-------------------------------
糖朝 Sweet Dynasty
住所 : 台北市忠孝東路四段160号
電話番号 : (02)2772-2889
www.sweetdynasty.com.hk
-------------------------------

| 台湾 | 22:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北、グルメレポ(その2:真的好海鮮餐廳 編)

嵐が台湾公演をした際(去年の9月)の現地の新聞記事を翻訳サイトにかけたところ『一昨日の夜演唱会が終わった後に、彼らは「本当でよい海鮮レストラン」を包んで功労をお祝いする宴会を催して、』とありまして、翻訳サイトの日本語訳の「本当でよい海鮮レストラン」こと「真的好海鮮餐廳」が妙に気になったので日本からファックスで予約をしておいて旅の締めくくりに行ってきました。このレストラン、一週間後に台北市新生南路二段84號から台北市復興南路一段222號に移転するそうで(新店舗は6/24からOPEN)、嵐くんと全く同じお店(新生南路のお店)の同じ空間を味わえるのは、実はこの1週間限り。ギリギリ駆け込み状態で行けたという自分の運の良さにプチ感動。このお店で嵐君たちが食したのは、お一人様1600 NT$(≒6400円)のコースとのことで、我々も同じ1600 NT$のコースをオーダー。これに白ワインをあけて、サービス料を含めると、一人当たり8000円程度の夕食。お料理はナイフとフォークで食べる中華といった感じで、ヌーベルシノワーズといった雰囲気。一応、味は限りなく中華なんだけれど、盛り付けや、微妙なアレンジはフレンチ風といった感じ。お店の雰囲気は、概観はコテコテ中華風レストランなのに、中に一歩はいると、完全にこじんまりとした綺麗なフランス料理屋さん。食器は全部ウエッジウッド製で席につくと、ウーロン茶が、ウエッジウッドのティーカップに入って出されました。戴いたコースの中身は、以下のとおり。

taiwanDSC01230.jpg


最初に食卓に出されたのは、生のアサリをニンニク&生姜&唐辛子のきいた醤油タレに付け込んだという台湾の伝統料理。あまり貝は得意ではない私なのですが、これはピリリと尾を引く後味とツルンとした貝の食感が妙に気に入ってしまいパクパクと食べてしまいました。

taiwanDSC01232.jpg


次に出てきたのがフカヒレの姿煮。まずは、そのままの味を楽しんで、その後、もやしと紅酢を入れて食べてみてくださいとの説明を受け、言われるがままに食べてみました。どちらも非常に美味しかったです。


taiwanDSC01234.jpg


次に出てきたのが海老のフリッター。レタスに巻いて食べてくださいとのことだったのですが、レタスのシャキシャキ感と、エビのプリプリ感と衣のサクサク感が絶妙でした。

taiwanDSC01235.jpg


次は、ホタテの貝柱とアスパラガスのあんかけ。

taiwanDSC01238.jpg


そしてエビのマヨネーズ焼き。マヨネーズの部分が、エビの出汁と混ざって茶碗蒸しみたいな食感で激ウマ。当然、身はプリップリ。

taiwanDSC01241.jpg


次はお魚の煮付け?蒸した魚?みたいなお料理。これがまたプリンプリンの身で美味しい。味付けは生姜のきいた醤油風味。

taiwanDSC01242.jpg


お口直しに、糸瓜(へちま)のあんかけ。ズッキーニのような、冬瓜のようなツルンとした食感とあっさりした味付けが美味。

taiwanDSC01243.jpg


蒸籠蒸の五目御飯。さすがにここまで全部食べたら、当然のごとく御腹いっぱい。はちきれそう。食の細いニノちゃんが残さず食べれたのか?と心配になるぐらいの量。

taiwanDSC01244.jpg


デザートは、フルーツと白ゴマのブランマンジェ。これがまた美味しい!デザートは別腹。

taiwanDSC01245.jpg


始終、日本語のとてもお上手な方がお料理の説明をしてくださり、食後のタクシーの手配から、夜市へ行く旨の通訳、集合写真撮影まで、本当に面倒をみてくださって非常に親切にしていただきました。謝謝。
ちなみに、このお店、最近だと松島菜々子様も御来店とのことです。

------------------------------------
真的好海鮮餐廳
http://www.rgs-corp.com/
所在地:台北市復興南路一段222號 (2007年6月23日より)
Tel:02-2701-3000
------------------------------------

| 台湾 | 23:18 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北、グルメレポ(その1:小籠包「鼎泰豐(デンタイフォン)」編)

いまさら語るまでもないほど小籠包で有名なお店「鼎泰豐(デンタイフォン)」本店に行ってきました。10年前に台湾に行ったときには、まだ日本に支店がなかったのですが、今や日本中に支店があります。(あちこちの高島屋に入ってる印象。関西だと京都高島屋、大阪高島屋あたり。)台北にも数店舗ありますが、私が行ってきたのは信義路二段にある本店。

taiwanDSC01249.jpg

現地在住の方に以前「小籠包なんて、台北ではどこで食べても美味しいからわざわざ鼎泰豐(デンタイフォン)で行列に並ぶ必要はない」と言われたこともあり、べつにココでなくては!というコダワリは当初はもっていなかったのですが、あのAAAのDVDで「小籠包、イェーイ!」「酸辣湯(スーラータン)、イェーイ!」「あいばばばーい」なんていう映像を見てしまったら、嵐ヲタとしては嵐と同じ鼎泰豐(デンタイフォン)本店に行かなくては!という使命感に駆られてしまい、結局、小籠包はここで食べました。とにかく台北に来る観光客が必ず寄るというぐらいの人気店なだけに、食事時はウンザリするほどの大行列です。並ぶのがイヤな私たちは、10年前も今回も開店と同時(10:00)に入店。この作戦、絶対オススメ。全く並ばずにすぐ入れます。食べたものは、当然、嵐と同じ小籠包と酸辣湯(スーラータン)。この二つはハズせません。「小籠包、イェーイ!」「酸辣湯(スーラータン)、めっちゃウマイ!」「あいばばばーい」の3大名台詞をしっかりと真似して、堪能して帰ってきました。あと、私の大好物の空心菜の炒め物。空心菜って日本では食べれないし(まず見かけたことがない)、香港にもなかったので念願かなってやっと食べれた野菜。(ちなみにタイでは食べたことある。)ちょうどネギみたいに中心の部分が空洞になっているので空心菜というのだそう。食感がシャキシャキしていて、味はクセのない野菜なのだけれど、これが、めちゃくちゃ美味しいのだ。あと、海老と豚肉の餃子も食べておなかいっぱい。

小籠包は、最高にうまい!台湾と日本では、1つの蒸籠に入っている数が全然違うんだよね。そして台湾に来たら、小籠包と並んで絶対ハズせない空心菜の炒め物。めっちゃウマイ!

taiwanDSC01251.jpg


酸辣湯(スーラータン)は、とても具沢山。タケノコがとても美味しかった。味は全然辛くない。辛いのが苦手な人でも絶対大丈夫といえるほどマイルド。

taiwanDSC01253.jpg


海老の餃子もプリップリ。1列食べた後に撮影したので、本当はこれプラス1列分入ってます。

taiwanDSC01252.jpg


ちなみに嵐君たちが空港で食べていたテイクアウトの小籠包も「鼎泰豐(デンタイフォン)」のもの。派手な「泰」の字の印字された紙袋が後ろに転がっていたのをしっかりチェックしてくれた友に感謝。

taiwanDSC01250.jpg

-------------------------------
鼎泰豐(デンタイフォン)本店
台北市大安區信義路二段194號
http://www.dintaifung.com.tw/
-------------------------------

| 台湾 | 22:44 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |