FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

≫ EDIT

伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の絵

先日、ママンと話をしていたときに、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の話になった。伊藤若冲は、江戸時代の京の絵師で、写実と想像を巧みに融合させた「奇想の画家」として曾我蕭白、長沢芦雪と並び称せられる人。以前からママンは伊藤若冲の絵がお気に入りで、そういう記憶は薄っすらと頭の片隅ににあったのだけれど、私自身が日本画に興味がなかったこともあり、伊藤若冲という名前が覚えられず、つい最近までは、名前は忘れちゃったけど、江戸時代の京の絵師でママンのお気に入りの人がいるということだけが薄っすら記憶に残っていたような状態で過ごしておりました。

そんな伊藤若冲の名前を、最近、しっかりと認識させてくれるキッカケとなったのが、これまた智坊ちゃんこと、嵐の大野君。先月、大野君の作品集出版&個展開催で智坊ちゃんがマスコミに取り上げられていたときの某インタビュー記事で「ノーマン・ロックウェルと伊藤若冲に傾倒」と書かれてあったのである。ノーマン・ロックウェルは、私も大好きなので、すぐにわかったのだけれど、伊藤若冲は、あれ?それって、もしかしてママンのお気に入りの江戸時代の京の絵師の名前と似ているような・・・あれ?ママンのお気に入りは違う人名だったかな?ママンに確認してみよう!と思いつつも、なんやかんやでバタバタしていてすっかり忘れており、先日、何かの折にふと思い出し、あ!そーいえば!と確認してみたら、まさにその伊藤若冲こそが、ママンのお気に入りの江戸時代の絵師だということが判明。

なんとなく若冲の絵がどんな絵なのかはわかっているものの、その魅力まで理解できていない私としては「何がどういいの?鶏の絵とか、蛙がズラーっと並んでる絵を書いてる人だよね?」と聞くと、「そうそう。そのあたりが有名。若冲の絵は、絵から放たれるエネルギーがすごいのよ。圧倒的な生命力を感じるの。細部にいたるまで徹底して緻密でビックリするぐらいに細かい描写で、しかもエネルギッシュなので、絵の中の動物たちが本当に生きているみたいな印象でステキなのよ。」と熱弁をふるい始めるママン。「最近は、ブームになっているみたい。とくに若い人に人気が出てるみたいだけれど、大野君も気に入ってたのね。大野君の絵も細部まで丁寧に細かいみたいだし、そういうところが気に入ったのかしら?若冲は、去年だったか一昨年だったか、ちょっと前に京都国立近代美術館で展覧会をやってたのよ。行きたかったのに結局見に行けなかったんだけど。」と、さらに熱く語るママン。「ふーん。」と聞いていたら「あなた、若冲の書いた絵を見たことなかった?いや、私と一緒に見てるはずよ。京都で。連れて行った記憶があるもの。狩野派とか古い日本画がたくさんある展覧会。なんだったか忘れたけれど、その展覧会で、たくさんあった江戸時代の絵の中にポンと2つだけ若冲の作品も入っていて、私、すごく感動して大絶賛してたと思うんだけれど。あなた覚えてないの?」と。ええ、残念ながら、全く覚えてません。せっかく見たのに、もったいないね。これからは、もうちょっと集中して意識してみてみることにします。

異能の画家伊藤若冲 (とんぼの本)異能の画家伊藤若冲 (とんぼの本)
狩野 博幸


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)目をみはる伊藤若冲の『動植綵絵』 (アートセレクション)
狩野 博幸


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品 (ABCアート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたい伊藤若冲―生涯と作品 (ABCアート・ビギナーズ・コレクション)
佐藤 康宏


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

若冲画譜 (近代図案コレクション)若冲画譜 (近代図案コレクション)
伊藤 若冲


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

伊藤若冲 動植綵絵伊藤若冲 動植綵絵
伊藤 若冲


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 美術 | 23:25 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月