Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

気持ち良く5人を応援しませんか?

えーっと・・・・・。せっかく国立のいい余韻に浸れているのだからスルーしようかなーと思ったのだけれど、数ヶ月前から、いろいろあって、さすがにしつこいなーと思い始めてきたので、いいかげんに教えてあげようかと重い腰を上げて、ここで改めて「ダーリン(darling)」の英語の意味について書いておきます。

darling

[名]

1 最愛の人, かわいい人, いとし子, 秘蔵っ子, お気に入りの人[動物, 物]

2 ((夫婦・恋人・親子間の呼びかけ))あなた, おまえ

[形]

1 最愛の, いとしい, お気に入りの, 愛用の

2 ((略式))((通例女性語))非常に美しい, すばらしい;かわいらしい

3 あこがれの, 切望している.



英語圏では、夫婦以外でも、親子関係や友人同士なんかでも名詞(2)の意味で使ったりします。名詞(1)の意味なら、もっと広く使われています。ペットにも使ったりもします。私が相葉さんを「ダーリン」と呼ぶことについてイライラされる方は、名詞(2)の意味で解釈するのを止めて、名詞(1)の意味で受け止めていただけれは、多少は気持ちは楽になられるのでは?と思うのですが、名詞(2)の意味でしか受け止められず、見るたびに目障りでイライラしてしまうのであれば、ここへ来ないことを薦めることしかできません。

私の「ダーリン」呼びなんて今に始まったことでもないですし、私にとっては、ファーストネームで呼び捨てにすることのほうが馴れ馴れしい感じがして抵抗があるので、あえて抽象的な「ダーリン」呼びをしているだけなので、それがあまりにも不愉快なのでしたら、それこそハンドルネーム「通りすがり」という名のとおりに、足も止めずに通りすぎていただくのが御本人様の精神衛生上よろしいのではないかと思うのですが(「通りすがり」という名の割にはIPを見るとマメに足を運んでいただいているあたりが、なんとも複雑なんですけれど。)、とりあえず私は自分のエリア(=当ブログ)以外では「ダーリン」呼びどころか、アラシゴトについては語りもしませんので、そのエリア外で生活されている分には御迷惑をかけることはないかと思いますので、目障りでウザいのであれば、ぜひ被害の及ばぬ安全地帯に避難してみてください。きっと心穏やかにヲタク活動を再開できるのではないかと思います。

以前、記事にもしましたが、私は嵐関係のブロガーさんとリンクをしないように(=リンクお断り)しています。ときどき、「遊びに来てください!」とご招待を受けることもあり、そういう場合は、お言葉に甘えて拝見や閲覧はさせていただいておりますが、訪問したことをあえてコメント欄には記載しないようにしています。その理由についても、ちょうどいい機会なので改めてお伝えしておきます。

以前、コメント欄にお返事として書いたことがあるのですが、私はアラシゴトに限らず、基本何事においても「文句言い」な性格ゆえ、日々、常に不満を抱えて生きております。相葉君のように「人が好き!」といえるほど万人に寛大ではないし、全てを肯定的に受け止められる大らかな心を持てたらと常々思うものの、持って生まれた性格の悪さゆえか、この「文句言い」な性格はなかなか直らず、実際、大変というか、人生いろいろ損をしているとは思います。 自業自得とはいえ、自らの言葉や態度によって敵を作ることも多いです。ただ書く(=毒を吐き出す、正直な気持ちを吐き出す)という行為が、私にとってのカタルシスとなってしまっているので、書き上げてしまった後には体内には不満の根は残っていなかったりしますし、カタルシスとして書いているわけなので、書くことをやめるつもりは毛頭ありません。

要するに自分の気持ちの浄化作業の一貫としてブログに記事を書き連ねているという、はなはだ自分勝手な理由で書いているので、読む方には不快な思いをさせていることも多々あるとは思いますが(苦笑)、一応、それに対するこちら側からの配慮として、嵐関係のリンク等は結ばない(=嵐ファンのリンクだと安心してうっかりやって来る被害者を極力減らす)、自分の領域から出て嵐を語らない(=他のブロガーさんや、そこをお気に入りにしている方々に迷惑をかけない)ことをモットーにブログ運営をしております。検索で勝手にここにやって来た人は、自分の危機管理の甘さによる自己責任だろうと割り切って考えておりますので、その方々に対する配慮が足りないといわれてしまえばそれまでですが、勝手にネット上のサイトを閲覧してウイルス感染してしまった人同様に、そこは自己責任で御願いしたいと思います。「自分の領域から出て嵐を語らない」ということで一応気を使っているということを御理解していたければと思っております。それが私にできる今の精一杯ですので。

ブログサイドのメールフォームで「お友達になってください」というメールをいただくこともあるのですが、人によって「お友達」の定義は異なるし、何をもって「お友達」とみなすのかがわからないので、ブログにコメントをくれたりメールをくれたりする方には、一応、対応できる限りお返事を返すようにはしていますが、「一緒にチケットをとりあったり、情報交換をするような友達になってほしい」と言われると、そこまでの期待に沿えるかどうか自信もないので、ご辞退することもあります。実際、数年前ならいざしらず、今の状態では、みなさん自分のチケットを確保するだけで精一杯で、今身近にいる友人知人の分ですら手が回らないのが現状でしょうし、そういう状況では簡単に「一緒にチケットをとりあいましょう」などと安請け合いはできません。

それに私という人間は、「ひとりでも多くのファンの方がチケットを手にすることができますように」などというキレイゴトをスラっと言えるほど無欲な人間でもなけりゃ、仏のような心の広い人間でもないし、どちらかといえば典型的な俗物ですので、自分が見たい公演(=相葉さんが絡むアラシゴト&アイバゴト)に関しては、どうしようもなく貪欲体質ですし、基本的に「一人でも多くのファンに行渡るチケット」よりも「自分と自分の友人たちが望む回数分のチケットを確保する」ことに重きを置いている心の狭い人間なので、そういう性格の悪い部分を自覚していることもあり、そういう人間とリンクしたことでリンク先のブログ主さんまでもが性格の悪い私の同類と思われたり、こちらに来るイヤガラセがリンクを経由して先方に及んだりして御迷惑をかけては申し訳ないので、ネット上では単独行動、誰ともリンクしないという主義でおります。

そんな人間が運営しているブログゆえ、私の書く内容について不愉快に感じる人がいるのも当然かと思っておりますし、だからといって、嘘や美辞麗句を並び立てて心に嘘をついてまで書くことにも抵抗があり、自分の日記なのだから、やはり嬉しいことは素直に喜び、悲しいことは素直に悲しみたいと思っているしで、結果的に読んでいる人の神経を逆撫でしてしまっていることもあるかもしれません。そこは自覚しているので、だからよけいにリンクをしないように自分の領域からでないことを心がけています。

そして、こんな私に惚れられている相葉さんは気の毒だと私自身も心底思っておりますので、できるだけ相葉さんに迷惑をかけないように、嵐という名前も相葉という名前もブログタイトルはおろかカテゴリーにも記載せず、自分のエリア内から出て嵐と相葉を語らないようにしているつもりです。

だったらパスワード認証制にすればいいと思われるかもしれませんが、それをあえて一般公開という形にしているのは、やはり偶然が引き合わせてくれる御縁だったり、誰が何かを探しているときに、その探しているものが私が書いた文章の中で偶然見つかったならば嬉しいという気持ちだったりがあるからで、それが共感だったり、笑いだったり、癒しだったり、グルメ情報だったり、コスメ情報だったり、旅行情報だったり、嵐情報だったり、相葉ネタだったり、映画情報だったり、音楽ネタだったり、とにかく何か「偶然」と「縁」というものをブログを通じて感じていたいという気持ちと、実際に自分がそれらの「偶然」と「縁」に今まで支えられてきていることを実感していることもあり、そこを放棄する気持ちになれないから一般公開形式にしております。あとは、自分の身内ばかりで固めて「井の中の蛙」にならないための予防線というか、自分が間違っているときに指摘してくれる他人の厳しい目というのも必要だと思っているので一般公開形式&コメント欄公開という形で運営しております。

それだけでは配慮が足りないと言われると、本当に成す術がないとしか言いようがないのですが、こちらとしては、試行錯誤の結果、現段階で精一杯出来る限りの配慮をしているつもりですので、それでも配慮が足りなくて不愉快だと感じてしまわれるのであれば、あえて御自身が不快な気分になるような、こんなブログに出入りするよりも、心地よくいられる場所を見つけて、そちらに避難されたほうが、いろんな意味でお互いが心穏やかに美しくいられると思うのですが、いかがでしょうか?

ファン同士が無駄に攻撃しあったり、罵りあったり、中傷しあったり、傷つけあったり、イヤガラセ行為を繰り返したり、イヤミを言い合ったり、そういう醜いファンの姿を、嵐も相葉さんも喜ぶとは思えませんし、実際ここ最近、嵐人気がヒートアップしはじめてからは、自分のブログ以外でもそういう光景を目にすることも増え、そのたびに、どうして、あんなに温かくて、優しくて、思いやりがあって、ステキで、仲良しな人たちを好きになっているのに、彼らと正反対の行動をとるのだろう・・・と悲しく眺めておりました。せっかくあんなに温かくて、優しくて、思いやりがあって、ステキで、仲良しな人たちを好きになったのなら、自分たちもそれにあやかって、温かくて、優しくて、思いやりがあって、ステキで、仲良しなファンでありたいと思いませんか? 精神状態を美しく保って、仲良く気持ちよく5人を応援しませんか? どうせなら自分の中の「醜い」部分を克服し、「醜い」部分を消し去って、心身ともに美しいファンになって、大好きな相葉さんや嵐に対して、堂々と胸を張れるファンでいたいと思いませんか? 彼らに誇らしげにしてもらいたいと思いませんか? もう少し気持ちを大らかに持って、もう少し気持ちを優しくして、もう少し気持ち的に大人になって、もう少し他人をリスペクトして、もう少し人は人自分は自分と割り切って、もう少し気持ちに余裕をもって、自分を美しく輝かせながら5人を応援しませんか? 私自身も、好きな気持ちや独占欲が昂ぶりすぎて、時々他人に対する優しさや、大らかさや、リスペクトを見失ってイライラするときもあります。心が醜いと見た目も醜くなってしまうから、そうならないように、ステキな彼らを見本にして、彼らの態度をお手本にして、彼らの魅力に恥じないファンでいたいなと、いつも思っています。そうなれるように一緒に頑張ってみませんか?

ちなみに自分が痛い人間であることは、言われなくても十分わかっているし、そもそもヲタクなんてものは痛い生き物だと思っているので、あえて、その痛さを隠すつもりはないのですが、だからといって、あえて自分のエリア外に出てまで広めようとも思っておりませんので、わざわざ某巨大掲示板に無断リンクを貼ってまで当ブログの存在を広めてくれなくても結構です。アクセス数が増えれば、それに伴って収入も増えたりしているので、こちらとしては逆にありがたかったりすることもあったりもするのですが、それこそ、そういう方々がリンクを貼る場所は私の定義する「エリア外(=他人の迷惑になるから嵐を語らないと決めている場所)」なので、本来なら目にすることもなかったであろう方が、そのリンクのせいで何も知らずにうっかりリンクを辿ってこられて、そのリンクのせいで私の文章を目にしてしまい、思いもかけずに不愉快な思いをしてしまっては、それこそあまりにもお気の毒なので、そういう犠牲者を出さないために、そういう行為は遠慮していただけるとありがたく思います。過去には、気に入らない記事をプリントアウトやコピペしては相葉さんや松本さんに渡して(=ラジオ番組に送って)くださったという御親切な方もいらっしゃったようなのですが(苦笑)、私自身は、本人に読まれて困るようなことは書いていないので、本人が目を通してくれたのであれば光栄としか感じませんので、むしろ願ったり叶ったりですけれど、それこそ、そんな行為は相葉さんや松本さんの御迷惑になるだけだと思うので、そんなお気遣いも無用です。相葉さん、松本さんを含め、それこそ他人にかける迷惑は最小限(=自分の意思で当ブログを読みにきた人の自己責任の範囲内)にとどめたいと思ってブログ運営しておりますゆえ、御理解いただければと思います。

| | 20:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月