Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

≫ EDIT

韓国ドラマ「ファッション王」

韓国ドラマ「ファッション王」を観ました。もちろんお目当は主演のユ・アインです。




パッケージ等から超暗いドラマだと思っていたのだけれど、最初のほうのヤクザから逃げて漁船に乗り込んでアメリカにたどり着くまでの展開はギャグドラマかと思うぐらい笑いました。(笑)ただ、後半からは一転してシリアス。っていうか、陳腐な四角関係の恋愛モノになるので苦痛でした。とくに、あの横恋慕理事(我が家ではアホボンと呼ばわりしてます。)がウザくてキモくて、あの理事が出てくるたびに見るのをやめたくなるというジレンマ。(苦笑)商才もないし、センスもないし、相手にされてないくせに執着しすぎてキモイんですけどー。 

ヒロインのシン・セギョンは好きな女優さんだし、このドラマでもとても可愛かったけれど、全編通じてしょっちゅう泣いてるし、態度がハッキリしないからイライラするし、少女時代の子は顔からして全く好きになれないし演技もワンパターンで微妙だし、これはユ・アインを好きじゃなかったら耐えれなかったドラマでした。(苦笑) ユ・アイン好きでもキッツイ。 (苦笑)ソン・ジュンギの「優しい男」と同じぐらい苦痛だった。(苦笑)あっちは女の嫉妬が醜かったけれど、こっちは男の嫉妬が醜いし、っていうか、ユ・アイン演じるカン・ヨンゴル目線でドラマをみていたから、もうラストシーンにいたるまで辛すぎたよね。ペンダントを覚えていないイ・ガヨンに愕然としたし、結局、あのペンダントのことも、自分の誕生日も、父親が亡くなったことも告げずに去っていくヨンゴルさんが気の毒で・・・。(涙)しかも結末は、噂通りちゃぶ台をひっくり返したくなるレベルだったしさー。(苦笑)

それにしてもユ・アイン、財閥二世だったり、両班の息子から、王様なんかも演じていたかとおもったら、貧しい青年なんかも違和感なく演じてるから面白い。やっぱり見ていて楽しい俳優さん。野望を持っている男が似合うね。ユ・アインの演技を見てるのは楽しかったです。それにしても、私が今まで見たユ・アイン出演ドラマは、どれもこれも最終的にユ・アインが恋愛面では幸せになれていないので、次こそ、次こそ最後の最後には幸せになれていることを祈ります。(苦笑)

| ドラマ | 20:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月