Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月

≫ EDIT

大量の小さなリボンパーツ

私が手作りアクセサリーを夢中で作っているという話をきいた母のお友達が、「小さなリボンパーツが大量にあるからあげる」と言って持ってきてくれたのが大量すぎてビックリ。(笑)




これ、どうやって使おう…。これ以外にもグレー、ブラックも置いて行った。(笑)しかし肝心のグリーン系が全くないという…。とりあえずラムネと柚子の首輪や洋服につけてみたりしてますが全然減りません。(笑)

| | 19:54 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

予習開始

昨日手元に届きました。というわけで、昨夜インポートして今朝の通勤時間から予習開始。



今回のアルバムほソロ曲がなく、久しぶりのユニット曲があるとのことだったので、まずは通常盤のDISC2(ユニット曲)から聞き始めたら、いきなり大野・相葉・櫻井の「バズりNIGHT」がふざけすぎていてワクワク。(笑) そして、にのあいの「UB」にキャー!(萌)ってテンションがあがりました。もう、何という素晴らしきにのあい!ダーリンの声が映える!ウットリ…。先日のMステで「未完」を見たときは、いまいちテンション上がらずだったんだけれど(苦笑)、このユニット曲だけでテンションが上がって、ライブがとても楽しみになってきました。また他の曲もゆっくりと聞きこんでいこうと思います。あ、そういえば、毎年書いてたアルバムの細かい感想、昨年の「Are you happy?」を書いてないままだったわ。果たして、今年の「Untitled」についても書く気力はあるかしら・・・。(苦笑)

by カエレバ

by カエレバ

| | 20:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ZARAのパンプス

ここのところ、大阪は連日雨続きです。そして明日からもずっとしばらく雨予報が続きます。なんだか梅雨時期みたいな天気予報…。

私の雨の日の靴はほとんどがZARA製品。一昔前はZARAに限らず欧州ブランドは靴やバッグも本革で良質なものが多かったけれど、最近はどこともにMADE IN CHINAが増え、あのハロッズですら売ってるオリジナル小物類のほとんどがMADE IN CHINAまたはビニールや合皮製だったりしてガッカリしたものですが、ZARAも例にもれず最近は合皮の靴がほとんど。外が本革でも内側が合皮だったりするので、内側が合皮だと通気性が悪いし履き心地も悪いしで靴としてはよろしくない。(苦笑)ただ、合皮の靴って雨を気にしなくて良いので、私の雨の日用の靴は、ペタンコ靴もハイヒールもほとんどがZARAなのだ。(苦笑)

ZARAのペタンコ靴は、トレンドを抑えているのと、合皮なので雨に強いのとリーズナブルな価格なのが魅力的ではありますが、履き心地は悪いので雨の日限定と割り切って使う靴。9割がた履き心地はよろしくない。(苦笑) しかーし、ZARAのハイヒールは侮れないのです。合皮製ではあるのですが、ヒールの安定感も良く、形も綺麗な上に不思議と履き心地もそれほど悪くないのです。しかもSALEで売れ残っていることが多く、SALEになると笑うぐらいに安い。



最近だと今年の夏のSALEで2500円で買ったハイヒールが思いのほか優秀で、シルエットもキレイだし、ヒールは高いけど安定していて履きやすかった。写真のネイビーとキャメルを思わず色違いしたぐらい。本当のオシャレさんは靴にお金をかけるといいますが、確かに「足元を見られる」という言葉があるぐらいで、どんなにオシャレをしていても靴が汚れていたり安っぽかったりすると台無しなイメージなのですが、ZARAのハイヒールは見た目もなかなか優秀ゆえ使えるものも多いのだ。ここのところ毎年ZARAのハイヒールを買っていますがハズレなしです。そして雨の日に大活躍しています。なので、最近は雨の日も楽しみだったり。

| | 22:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石澤製作所の「毛穴撫子 お米のマスク」

最近、ドラッグストアで売切れ続出らしいと聞く「毛穴撫子 お米のマスク」を見つけたので買ってみました。10枚入りで税込702円なので、1枚あたり70円。



洗顔後すぐのお肌にご使用くださいとのことで、装着時間は5分ほどとのこと。韓国製のシートマスクがだいたい15分~20分設定なので、それに比べるとかなり短い設定です。短時間で使えるから朝の忙しい時間に化粧水がわりに使うには便利だと思いますが、5分ではずしてしまうのは惜しい気もするマスク。

シートはクオリティファーストのピンクのよりは厚みがあり、しっかり美容液も染み込んでいます。シートに少し張りがあるので、顔に密着させるからシリコンマスク併用したほうがよさげですが、シリコンマスクを使わなくても保湿効果はしっかり感じました。

美容液はサラサラの乳白色の液体。お米の研ぎ汁やカルピスみたい。サラサラでトロミもなく、美容液というよりも保湿力の高い化粧水的な雰囲気。香りは全く感じません。水みたいだから万人ウケしそう。シートマスクに香りがないって案外平和で癒されます。外した後もベタつくこともなく、快適。

効果は使っていきなり毛穴がなくなるかといわれるとそうではないけれど、毛穴に効いている気はします。保湿に特化している感じがするので、たった5分の使用でしっとりモチモチになるし、継続すれば乾燥毛穴は目立たなくなりそう。一袋つかってみたけれど、これだけの効果ではないにせよ、毛穴が前ほど気にならなくなったのは事実。まあ、毛穴対策をあれこれしてるので、これだけのおかげだとは言い切れませんが、人気なのも納得。私もかなり気に入りました。ただしスペシャルケア感はないので、あくまでデイリーケア向きかな。

| シートマスク | 20:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国ドラマ「笑ってトンヘ」

韓国ドラマ「笑ってトンヘ」をみました。これ、最近のお気に入りの俳優チ・チャンウクの出世作だし、視聴率も40%を超えたヒット作だということで以前から興味はあったのですが、いかんせん長いって聞いていたし(なんと全159話)、チ・チャンウクのビジュアルも今ほど洗練されてなさそうだったこともあり避けていたのだけれど、CSで契約しているチャンネルで一挙放映するというので、重い腰をあげて見はじめたら、1話が35分とみじかい(実質は普通のドラマだと全80話ぐらいの内容)ので、案外余裕で完走しました。(笑)





物語は、愛憎劇の要素が強いホームドラマって感じかなあ。 母一人、子一人で、生まれたときから父を知らずに母と二人で暮らすトンヘ君が、いろんな人にお世話になりながら実の父を探す話がメインなんだけれど、その母は事故の後遺症で脳に障害があるため知能が子供のようなピュアな女性で、そんな母を抱えながら頑張っていくトンヘ君を、まさに「笑ってトンヘ」というタイトルにあるように応援しながら見守るドラマです。とにかく続きが気になって仕方がないし、チ・チャンウクが演じるトンヘがとにかく素直で前向きで優しい好青年なので応援したくなること必至だし、チャンウクのビジュアルも良かったしで、結局159話が全く苦になることなく鑑賞できました。

この「笑ってトンヘ」ですが、恐ろしく狭い世界であれやこれや事件が起こったり繋がりがあったりして、内容だけ言えばある意味ドロドロといえばドロドロだし、いろいろと陳腐な要素も満載なのですが、その陳腐さが逆に面白いというか、妙な爽やかさがあるというか、身構えたほどもしんどくもなくて、好感度の高い面白いドラマでした。 

このドラマの爽やかさの要因の一つにチ・チャンウク演じるトンヘの爽やかさがあると思うのですが、チ・チャンウク、やはり好きでした。なんかねー「陽」のオーラがあるんだよねー。だからか頑張る男が妙に似合う。ビジュアルは最初とホテルの幹部として働きだしたあたりのオール前髪みたいな髪型は微妙でしたが、おおむね悪くなかったし、トンヘが応援したくなるぐらい素直で前向きで優しい頑張り屋さんなキャラなので、嫌う要素は皆無でした。ボンイちゃんとのラブストーリーも微笑ましくてかわいかったし。

逆にトンヘを苦しめる人たちの憎たらしいこと!(笑) 特に、キム・ドジンとユン・セワには、イライラしっぱなしでした。キム・ドジンは悪役的立ち位置なんだけれど本当に器の小さい男でムカつきっぱなしでした。とくに酔っぱらって車で寝てただけのくせに、海についたらトンヘがいてビックリしたあげく、トンヘだけ置いてお父さんと帰ってしまったときは「おい、ドジン、それはあかんやろー。(笑)」ってテレビに向かってツッコミいれたよね。(笑) 「笑ってトンヘ」のキム・ドジンって、「製パン王キムタック」のときのチュウォン演じるク・マジュンとほぼ同じ状況の人なのに、ク・マジュンには共感できる可愛さを感じたものの、キム・ドジンにはそれを全く感じられず憎たらしくてしかたがなかったのは、演じている俳優が大好きなチュウォンか、イ・ジャンウかの違いも関係しているのでしょうか?(苦笑) イ・ジャンウもスタイルがよくて見た目は全然悪くないのだけれど、とにかくキム・ドジンの器が小さすぎてイライラしました。それだけに、いつギャフンと言わされるのかが楽しみで楽しみで最終回までわくわくしっぱなし。(笑)そして最終回で、あっさり「ヒョーン♪」と言いながらトンヘに駆け寄って懐いている豹変ぶりにはビックリするやら失笑するやら。(笑)それ、いくらなんでも変わりすぎじゃね?(苦笑) 登場人物は限定されているし、狭い世界でグルグルつながっていくから、最終的にどうオチをつけるのかってところが見どころだったのだけれど、最終回は若干ご都合主義が・・・。(苦笑) キム・ジュン、それならそうともっと早く気づけ!みたいな。(笑)でも、全部うまくおさめるには、そういう方向でまとめるしかないよね。

あと、トンヘが探し続けた父ジェームスは、あのモッサイふつうのおっさん俳優だったことが衝撃。(苦笑) ただの父親だったら、べつにふつうのおっさんでもいいんだけれど、二人の女性(しかもどちらのマダムもけっこう素敵だったのに)を夢中にさせ、街を歩けばマダムがざわつくという設定のジェームスの魅力がイマイチよくわからない。(苦笑) 「ラブ・レイン」のときの竹中直人もどきが初恋に執着する姿もドン引きだったけれど、あのモッサイふつうのおっさんのジェームズが恋に執着する姿も少し引いた。(苦笑)

個人的には、カメリアホテルの女社長さんが好きでした。凛としていて冷静で、それでいて乙女な部分もあって。服装も年齢に見合ったオシャレで素敵。(毎回持ってるバッグが違うのも目で楽しませてもらいました。) 

なんやかんやで159話なんてあっという間。夢中で見れて面白かったです。

| ドラマ | 18:46 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・難波「ビストロ オリーブ」で絶品アヒージョ

「裏なんば」に負けず劣らずディープでおいしいお店がたくさんあるエリア「座裏」。昔、新歌舞伎座があった裏手のエリアなのですが、この界隈、本当に面白そうなお店がいっぱい!そんな中でみつけた素敵なお店、「ビストロオリーブ」。なんとなく入ったのだけれど大当たりでした!





前菜盛り合わせは超お得。サングリアも美味しい。そして感動したのがアヒージョ。具はホタテ、タコ、エビから2週間選べるシステムで私たちはタコとエビを選んだのですが、タコもエビもプリップリ。今まで食べたアヒージョとは次元の違う感動の美味しさ。お腹がすいていなかったから他のお料理は食べれなかったけれど、お店の雰囲気もとてもよくて、店員さんも感じが良くて、そして料理が美味しくて安い!絶対にまた来たいお店です。
-------------------------------------------------
ビストロ オリーブ
大阪市中央区難波4-5-8 1F
TEL:06-6631-3665
食べログはこちら
-------------------------------------------------

| グルメ(大阪) | 23:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のラムネさんと柚子さん

先日、腰痛で病院に行ったラムネさん。厳密にいうと、椎間板ヘルニアではないらしい。椎間板ではなく、軟骨が加齢によりすり減ってしまって、しっぽの付け根から三つ目の骨が退化してるとかなんとか。グルコサミンを飲ませたくなる。(苦笑)結局、病院に行った後は痛みはなくなったみたいで、ヒョコヒョコと片足をびっこひきながら家の中だけでなく庭先まで歩いていったりしています。病院から戻ってからも毎日朝晩と飲み薬を飲ませているおかげか、痛みは引いたみたいですが、歩き方は若干びっこをひいていてぎこちない感じ。なので3~4日に1度のペースでレーザーを当ててもらいにいっています。今日も行ってきたみたい。

やはり私も母もやはり気になるから、ジーっとしていると「痛くない?」と声をかけて体をなでたりとラムネに声をかけるし、母のお膝にも自分から飛び乗れないから乗りたそうな顔をしていたらすぐに母の膝に乗せてやるし、夜は母がベットで寝ると、好きなときにラムネが母の横や布団の中に行けないからということで、母が床に布団を敷いて寝たりと、すべてがラムネ様中心。そうなるとなんとなく複雑な心境なのが柚子さん。ラムちゃんの調子が悪いことはわかっているから、かまってもらえなくてもラムちゃん優先でも我慢はしているけれど、家の中の全てがラムネ中心のリズムだし、母上はラムネに構いっぱなしゆえ、やはり不満はある様子。

かといって大嫌いな私には甘えたくない。でもちょっとさびしい・・・。そんなストレスのせいか、ここ数日、柚子さんの近所のおば様たちへの甘え方が尋常でないらしい。もともと近所のおば様たちが大好きな柚子さんなのだけれど、とりわけ、ここ数日は皆さんが口を揃えて「柚子ちゃんの甘え方がいつもと全然ちがうわー。お庭からものすごく呼びかけてくるよ。家の中ではラムちゃんに気を使ってお母さんを独占できないから、おばちゃんたちでストレス発散してるのねー」って。(苦笑) ラムネはこういう愛情的ストレスのときは粗相しちゃうけど、柚子さんは代用を探すタイプ。今までは、そのターゲットがお父さんだったんだけれど、お父さんがいなくなちゃったから、今度は近所のおば様たちにしたみたい。 そして家の中にいると、常にラムネに気を使って甘えるのを我慢しなくてはいけないからか、ご近所さんとふれあいの場と化している庭から帰るのを嫌がって、夕方になっても家に帰りたがらず、 「まだお庭にいる!」とダダをこねるらしい。 しかし、なんで、二匹ともそんない母が良いのだ?(苦笑) 

ところで、首輪ハゲができた柚子に胴輪を買ったという報告をしましたが、結局ラムネにもお揃いで買ってやりました。というのも、ラムネさんはやきもち焼きな性格ゆえ、柚子だけ特別扱いをするとスネる(=わざと粗相をする)ので。(苦笑)




肌寒くなっきたら2匹でくっつきはじめました。ラムネのところに柚子が押しかけるパターンですが、ラムネもまんざらではないみたい。

| 犬&猫 | 20:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カルディの杏仁豆腐

複数の友人からオススメされていたカルディの杏仁豆腐、難波のマルイの中のカルディで見つからず、買えずにいたのだけれど、たまたま出かけた先にカルディがあったから覗いてみたらあった!というわけで、やっとゲット。(笑)





小さい牛乳パックみたいな形状の小さい方を買ってみたのだけれど、かなり濃厚なのね。美味しいけど濃厚だから少量で十分満足できる。母と2人で食べたけど、2人で半分で満足して残りは翌日に食べました。でもミルク濃厚でもっちりしていて美味しいです。気に入ったからまた見つけたら買うつもり。

| グルメ(手作り・その他) | 01:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・南船場「和牛料理 要」で牛三昧

以前和牛料理 要にもつ鍋を食べに行った友人たち(※参照日記こちら)と、今度は違うメニューを食べに行こう!という話になり久しぶりに再訪。こちらのお店、個室が別棟になっていて旅館のような雰囲気で居心地が良いのです。今回いただいたのは石焼きコース。



タレで食べる韓国風の焼肉ではなく、あくまで「和」な焼肉で、すりごまに塩を自分で混ぜて、焼いたお肉にネギを巻いて、そのごま塩をつけていただきます。薄切りで上品な味わいのお肉。コースは、それに生モノとビーフシチューと牛しぐれ御飯とシャーベットがついています。「和」な肉気分のときに上品に食べる感じ。全体的にはお上品ですが、お腹はしっかりふくれます。でも個人的には韓国風の「ザ・焼肉」な感じのほうが好きかな。(苦笑)
---------------------------------------
和牛料理 要
住所:大阪市中央区南久宝寺町4-3-1
TEL:06-6258-0036
ぐるなびはこちら、食べログはこちら 
---------------------------------------

| グルメ(大阪) | 23:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大山式ボディメイクパッド

最近、こんな物を見つけて使ってみています。足の指につけて歩くだけで筋力アップできるらしい。


強度が数種類あるらしいのですが、いきなり一番ハードなものを使っています。初日は1時間もしたら痛くて耐えれなかったけれどすぐに慣れました。使い始めたところ、やはり数日は脚のあちこちにゆるい筋肉痛。おそらく普段使わない筋肉を使っているのでしょう。でも慣れたら全く苦じゃないです。パンプスには厳しいけれど、スニーカーやフラットシューズやつま先がせまくない靴なら使えています。使っているうちにシリコンが伸びるらしいので、消耗品感覚で、ある程度、定期的に買い替えは必要らしいけど、そんなに高いものでもないし、インナーマッスルを鍛えてくれるらしいので、しばらく継続してみようと思います。

by カエレバ

by カエレバ


| 買い物 | 23:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

衣替えをしたのに…。

先週後半は雨続きで、じわじわと肌寒くなってきていたから、この雨が上がると本格的に秋到来だと思い、この週末に慌てて衣替えをしたというのに、なんだかまだまだ暑いんですけど…。(苦笑)この三連休、ずっと半袖。半袖のTシャツでクーラーつけたりしてました。もうそろそろ長袖重ね着したいんだけど…。(苦笑) ウール製品やタイツやブーツも奥から引っ張り出してきたというのに、まだ出番ナシ?(苦笑)

| | 19:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エトヴォスのフラットトップブラシ

お友達が「オススメのファンデーション用プラシ」といってプレゼントしてくれたのがこちら、エトヴォスのフラットトップブラシ。お友達曰く、これで、ファンデーションをつけると毛穴レスに仕上がるらしい。




これ、すごく良い!

ブラシの径がとても大きいので、パウダーを数回で顔にのせれるし平らな面でポンポンと粉をのせれば毛穴も綺麗にカバーできました。もつべきものは情報ツウなお友達。
ネットでもPLAZAでも買えるみたいです。

by カエレバ

| コスメ | 20:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「王の運命―歴史を変えた八日間―」

「王の運命―歴史を変えた八日間―」を見ました。



「王の運命―歴史を変えた八日間―」
【英語タイトル】THE THRONE
【製作】2015年 韓国 上映時間 125分
【監督】イ・ジュニク
【脚本】チョ・チョルヒョン、イ・ソンウォン、オ・ソンヒョン
【撮影】キム・テギョン
【出演】ソン・ガンホ:英祖(ヨンジョ)
    ユ・アイン:思悼世子(サドセジェ)
    ムン・グニョン:恵慶宮(ヘギョングン)
    チョン・ヘジン:暎嬪(ヨンビン)
    キム・ヘスク:仁元王后(イヌォンワンフ)
    ソ・ジソブ:イ・サン(正祖)

18世紀の朝鮮王朝を舞台に、朝鮮第21代国王・英祖が息子の思悼世子を米びつに閉じ込め絶命させたという有名な実話“米びつ事件(壬午士禍)”を新たな解釈で映画化した歴史ドラマ。 実の息子を米びつに閉じ込めて殺してしまった王様(英祖)と殺されてしまった息子(思悼世子)、そして父を祖父に殺された息子(英祖の孫イ・サン=正祖)の物語なので、かなり重たい内容であることは観る前からわかってはいたので、かなり身構えて観たのだけれど、実際、とても重たかった。(苦笑)ただ芸術的だし、演技達者な出演者たちばかりだし、完成度が高い作品だとは思います。

韓国の歴史ドラマを見て思うのだけれど、朝鮮王って絶対権力を持っていそうで、実は持っていないというか、常に権力(王位)を兄弟や息子に奪われる恐怖と背中合わせだという気の毒な立場で、親兄弟といえども、最大の敵なんだよね。その確執を重臣たちがうまく利用して陰謀をたくらむから、王位をめぐるクーデーターも多いイメージ。日本の殿様って権力を息子や重臣に奪われることにおびえているイメージもクーデーターのイメージもあまりないのだけれど・・・。

英祖と思悼世子と正祖(イ・サン)の悲劇的実話は、いろんな作品にも登場するけれど、いろいろ見比べると描き方もいろいろで面白い。この作品では重臣たちの陰謀は全く描かれていません。父と子の対立は性格的なものに起因しているという風に描かれています。この作品での思悼世子は、学問よりも芸術と武術を好む自由奔放な性格が災いして、父の期待どおりに育つことなく、その性格から父に疎まれ最終的には気が触れた悲劇の人として描かれていました。そしてそうならざるをえなかった環境が描かれています。父である王は早く退位したいと言って息子である世子に代理執政を任せておいて、いざ世子が独自の判断力を発揮して家臣の支持を集め始めると横から口を出して世子の命令を撤回させる。息子を一人前にしたい気持ちと、いざ息子が一人前になって自立してしまうと自分の権威が危うくなるという不安のジレンマから、結局は権力を振りかざして息子を押さえつけはじめる。なんだかドラマ「根の深い木」で見た父:太宗と息子:世宗の関係性にも似ていました。 父の意見を伺えば「自分で考えろ!」と叱られ、自分で考えて行動したら「先に相談しろ!」と叱られる。そりゃ、息子も「やってられねー」ってなるし、唯一の味方だと期待した妻は、夫よりも息子(イ・サン)の命を守ることが最優先。ますます孤独になり、どんどん追い詰められていき、抑圧された環境から精神の逃げ場を探していくうちに気も狂いはじめてくるわけで・・・。(苦笑)ただ、この物語の救いは、そんな孤独でやり場のない思悼世子の気持ちを誰よりも理解してくれていたのが息子(イ・サン)だったというところ。

ユ・アインは、この映画でいろんな賞を受賞したとのことでしたが、実際、思悼世子が憑依しているかのような熱演でした。

ちなみに私の中で、英祖は「メンドクサイ王様」、太宗は「コワイ王様」、仁祖は「残念すぎる王様」、粛宗は「カッコイイ王様」ってイメージが強いのですが、この作品を見ても英祖は気難しくてメンドクサイおっさんだなーというイメージが上書きされた感じです。(苦笑)


| 映画 | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラムネに異変

我が家の猫のラムネ様。昨日から調子がおかしい。ギックリ腰(←過去に2回経験あり)ぽいのだけれど、動くと腰(しっぽの付け根の付近)が痛いらしく、動くたびに痛いと鳴く。痛いから動きたくないらしく、ひたすらベットから出てこず、あんなに食い意地がはっている猫様なのに御飯を食べに行くことも拒否。結局枕元に水と餌を運んで、トイレもベットに隣接して置いてやって、とにかく腰が冷えないように暖かくしてやって一夜を過ごし、今朝、母が病院へ連れて行きました。

 母上からの報告によると、ラムネさんは、ギックリ腰じゃなくて初期の椎間板ヘルニアらしいてす。まだ初期段階だからとのことで、痛み止めの注射を打ってもらってレーザーを当ててもらって飲み薬を処方してもらってあとは経過観察とのこと。レーザーは一週間に一回当ててもらいに通うんだって。家に連れて帰ってきたら、まだ薬も効いてないでしょう?ぐらいの状態で既にヒョイヒョイと歩いてたらしいので、今のところはなんとか大丈夫っぽい。





猫の椎間板ヘルニアで検索したら「(猫が)椎間板ヘルニアを発症しても、軽度なら内服薬の投与など内科的治療で経過をみたり、マッサージや温熱療法、鍼、レーザー、鍼などの治療を行うことがあります。その場合は運動を制限してヘルニアの進行を抑えることも必要になるので、可哀想ですがゲージで生活させることになるでしょう。」と書いてある記事(引用元こちら)をみつけました。 ラムネは軽度だったので、レーザー治療で経過観察ということなのでしょう。


お騒がせしています。(苦笑)


猫は犬に比べると椎間板ヘルニアにはなりにくいらしい。ただマンチカン(足の短い猫)とか、肥満猫や高齢猫はなりやすいらしいです。思い当たるのは「肥満猫」「高齢猫」という言葉。(苦笑) ラムネさん、御高齢(17年目)だし、けっこう重量級だからなあ…。(苦笑) もうご高齢ゆえ自分の体力の限界を知って最近は段差すらジャンプしてまで登ろうとはしないラムネさんなのですが、椅子に座ってる私の膝の上から飛び降りたりはしているので、膝の上からは静かに床までおろしてあげるようにしなくては。 ラムちゃんには、まだまだ元気でいてもらわないとね。

| 犬&猫 | 23:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・福島「あやむ屋」で焼き鳥

焼き鳥食べたい!と友達からお声がかかったので、福島の「あやむ屋」へ。店構えは、寿司屋といっても通用しそうなぐらい、いたって普通の焼き鳥屋さんですが、ミシュラン一つ星の大阪では有名な美味しい焼き鳥やさんです。



こちらのお店、串は、かならず人数分注文しなくてはいけないというルールがあります。なので同行者と嗜好が違っていたり人数が複数だと意見を揃えなくてはいけません。幸い、私は食の嗜好が似ている友と二人だったので全くモメることもなく、次から次へと食べたい串をオーダー。出てくるペースはゆっくりめ。でも、そのゆっくりがありがたい。やはり丁寧に焼いてある串は1本1本味わって食べたいし。まとめて出されるのは好きではないので、このペースも心地よかった。味はもちろん文句なしに美味しかったし、また誰かと二人で焼き鳥気分になったときに行こうっと。
--------------------------------------
あやむ屋
06-6455-7270
大阪市福島区福島5-17-39
食べログはこちら
--------------------------------------

| グルメ(大阪) | 18:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピンクとグレイッシュカーキのネイル

アボカドグリーンとグレージュベージュのネイルの次にしていたのがピンクとグレイッシュカーキのこのネイル。





ベタ塗りにVカットスワロフスキーを載せただけです。久しぶりのVカットスワロでしたが、アクセントになってとても華やか。手抜きのベタ塗りネイルも豪華に見えてごまかせます。そしてソウルの東大門市場のネイルモールで買ってきたTOKジェルは、やはり塗りやすい。

| ネイル | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪花秀(ソルファス)の宮中石鹸

過去にも何度か記事にしたことがある(※2013年5月1日の記事とか、※2013年9月27日の記事とか)雪花秀(ソルファス)の宮中石鹸ですが、なんやかんやで、お気に入りで、最近また使い始めています。





宮中石鹸は、東医宝鑑(※韓国や中国、日本で広く流布した医書)と本草網目(※中国の本草学史上において、分量がもっとも多く、内容がもっとも充実した薬学著作)で、柔らかくて綺麗なお肌に導くと知られている玉竹(アマドコロ)、芍薬(シャクヤク)、地黄(ジオウ)を煎じた韓方液に、天然由来オリーブオイルと蜂蜜(ハチミツ)成分、韓国産6年根紅参津液を入れて、伝統手工芸製造法(40日間熟成)で作られた格調高い美容石鹸とのこと。最初はビックリするぐらい強烈に感じた韓方の独特の香り(=一応天然素材の香り)も、ジワジワとツボにハマって気が付けば大好きに。2月のソウル旅行の際に安く買いだめしてきたものの、使いかけの石鹸があったので、それを使いきるまで眠らせていたのですが、ここ最近になってやっと開封。そして改めて使いはじめて、やはりこの石鹸好きだわーと実感しています。溶けやすい石鹸なのですが、洗いあがりの肌の調子も良いし、このいかにも効きそうな韓方の香り(=洗面所全体に常に香る強烈な香り)も妙に好き。ソウルで買いだめしてきた在庫がたくさんあるけれど、なくなったらネットで買えるから安心してじゃんじゃん使ってます。お気に入り。

by カエレバ

| コスメ | 22:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

製作活動再開

一時期、夢中になっていたアクセサリー作り(参照日記こちらこちら)でしたが、職場が変わったり、父が入院&他界したりで、生活リズムがガラっと変わって時間的にも精神的にも余裕がなくなり、自分自身も欲しい色や形のものを作り尽くした満足感もあって、久しく遠のいていたのですが、最近になって、また作りたい意欲がメラメラと湧いてきたので、久しぶりに製作活動を再開。

昨年、父の葬儀の後、家の中を改めていろいろと片づけていたら、10年以上前にビーズアクセサリー作りにハマったときに使っていた箱が出てきて、中からパーツやビーズが大量に出てきたので、それを使って作ろうかと作り始めたという報告を友人にしたら、買い取るからたくさん作って!とリクエストをいただいたので、嬉しくなってさらにパーツやビーズを買い足して作りはじめています。この細かい作業に没頭するのが案外気分転換になるんだよねー。

というわけで、顧客の皆様(笑)、2017秋冬コレクションが仕上がったら、また披露しますので、ぜひ買い取ってください。(笑)

| | 22:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

当落メールが届かない件

少し前に気象系の当落が出ましたね。 なんだか今回、当落メールの配信エラーが続出しているそうで、私の周りも被害者多数。(苦笑) とりあえずホームページのマイページから当落結果が確認できたから事なきを得ていますが、これ、ライトなファンだとメールが来ると思い込んでいて当落が出てることに気づかずに入金締切日に間に合わない人もいるんじゃないのかなぁ…。コアなファンは当落が出た瞬間にマイページを確認しに行ってると思うけどさ。問い合わせた方々には「配信完了しています。受信側の設定を確認して下さい」と返答しているとか。当落メールは来ないのにシングル発売のお知らせメールはしっかり届くというのもモヤるんですけどー。(苦笑) 本当に殿様商売すぎて呆れるわ。 当落メールが届かないとなると、復活当選メールなんかも届かない可能性があるよね? さらには、「いつでもどこでもよい」にしていないにもかかわらず、全く申し込みしていない会場(ほとんど札幌)で当選させられて困惑している人も多数いるとか。システムがバグってるんじゃないのかしら? それにしても、この段階でエラーを起こしている(しかもフォローもお詫びもない)ようじゃ、デジタルチケット化なんて本当に大丈夫なのかしら?

| | 00:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年11月