FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月

≫ EDIT

サイズ違いでお揃い

ゆずちゃんは、かりんの存在に慣れてはきたものの、相変わらずかりんのことは気に入らないようです。そんな子猫のかりんちゃんのケージの中に入れてあるミニキャットタワーのサイズ違いをお揃いでゆずちゃんにも購入。ゆずちゃん、これはかなり気に入った様子で愛用してくれています。だだタワーの下のオモチャには全く無反応。(苦笑)


ラムネといたときは幼いイメージでしたが、
年齢相応(=オバサン)の妙な貫禄が…。(笑)


オモチャに反応したのは、この子。(笑) 実は、ゆっくりゆっくりゆずに慣れさせようとは思ってはいたものの、ゆずが意外にも案外ヘタレなこと判明。(苦笑) とにかく避ける&逃げるばかりで距離を縮める気配が全くなくなってきたので、今まで子猫部屋のケージ内にしかいなかったかりんを居間に連れてきて、私たちが見ている間はかりんをフリーで遊ばせてみることに。



同じ部屋にかりんちゃんがいても最初の写真のように香箱座りしているので、くつろいではいるみたい。強制トレーニングのおかげで、少しだけ慣れてきて距離は縮まってきています。といってもこの距離までは近づいても平気になりましたが、これ以上近づくと、ゆずさんの猫パンチとシャーが出ます。(苦笑)



あたちのはコレ!


ゆずが同じ高さに降りてきて、さっさとかりんを押さえ込んで降参させてしまえば力関係もしっかりわかって決着もつくのに、ゆずも案外ヘタレで上から猫パンチとシャーだけで応戦するので、遊びたい盛りのかりんは調子に乗って下から飛びかかっていきます。(苦笑) そして、ゆずちゃんはまた激おこプンプン丸になって部屋を飛びだしていくという・・・。(苦笑) そのくせ、ものの数分で部屋に戻ってくるので、かりんのことは、そこまで嫌なわけでもなく、気になってはいる様子。かりんもかりんでさっさと「お姉さまには敵いません!」ってゆずちゃんにお腹を見せて降参してしまえば良いものを、お腹を見せるののは怖いみたいで、まだお腹を見せるに至らず・・・。ただかりんちゃん、フリーで走り回って遊ぶのが超楽しいみたいで、今までは人に慣れたとはいえ、御飯を用意するときでもいつでもケージの扉をあけるとシャーっと思わず言ってたのが、「飼い主さんたちがケージの扉をあける」=「居間に連れて行ってもらえる!走り回って遊ばせてもらえる!」と嬉しくなっちゃって、ついでに走りまわっているうちに人間の足の動きとかも全く怖くなくなったみたいで今やすっかりシャーと言わなくなりました。シャー子卒業です!(笑)あとの課題は、ゆずさんに認めてもらうだけになりました。

| 犬&猫 | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年07月