FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月

≫ EDIT

西日本豪雨

西日本を襲った先日の豪雨、あんなに広範囲にわたって豪雨が続き、被害も大きくて、本当に自然の脅威をヒシヒシと感じます。被害に会われた方々には、心よりお見舞いを。そしてまだ行方不明の方も多いみたいですし、ライフラインやインフラも止まっているところが多いみたいですので、一日も早く、被害に遭われた方々の生活が落ちつきますように。

今回は特に瀬戸内が大変だったみたいで、広島に一人友達がいるので心配したのですが、連絡したところ職場周辺も自宅周辺も全く問題ないとのことで安心しました。 また、私の両親は岡山出身なので親戚も岡山にたくさんいるので、こちらも心配したのですが、一応みんな家屋や家族には被害がなかったとのこと。 叔父の家は近くの河川が溢れ出し、隣家まで水が迫ってきたとのことでしたが、ギリギリで叔父の家までは水は来なかったとのこと。ただし畑は水没したそうです。趣味でやっている畑なので生活には大きく影響はないみたいですが…。叔父は町内会の役員をしているので、避難勧告や避難指示が出た際に町内の一人暮らしの御老人宅を順番に回って避難所まで誘導していたらしいのですが、御老人たちが家から離れることを拒むので説得するのが大変だったと言っていました。

一人暮らしの御老人でなくても、そりゃ、避難所より自宅のほうが快適だとは思うけれど、すぐそこまで危険が迫っているときには素直に指示に従うようにしないと、気づいたら逃げられない状況になりかねないわけだし、万一のときに救助する側も一人一人バラバラで探しながら救助するよりは、まとまって一箇所にいてくれたほうが救助や支援物資も届けやすいしだろうし、自分もそういう立場になったら指示に素直に従わなければ…と思いました。それでも勧告ぐらいだと、ギリギリまで粘って家にいたいと思ってしまうのだけれど。(苦笑)

しかし、この西日本豪雨のテレビ報道、当初少なくなかった? 今日あたりからしきりと報道されるようになってきたけれど、マスコミ本社があるのが東日本なだけに、西日本と東日本の温度差ゆえなのかなあ?日曜日は大阪も余震もあったしで、情報を求めて テレビをつけてもニュースはカルト教団の教祖の死刑執行がらみの報道ばかりで、そんな死刑囚の過去のエピソード等を改めて遡って振り返るよりも、緊迫した状態の中でリアルタイムの情報を求めている人がたくさんいたと思うんですけど…。 昨年大型台風が関西に上陸したときも、選挙と重なって選挙報道ばかりで災害情報(とくに河川の氾濫状況)が全然わからなくてイライラしたのだけれど、報道機関、マスコミの役割って一体何なんだろう?と改めて疑問を感じてしまいました。

とにかく、被害に遭われた方々の生活が一日も早く落ちつくことを祈ります。あと、個人的には被災地のペットたちのことも心配です。家族と一緒に無事に避難できてるかな?家族とはぐれていないかな?避難所でストレス感じてないかな?最近、かりんを迎えるにあたって保護猫や保護犬のことをずっと調べたりしていたので、とても心配。義援金や私にできることを考えて行動にうつしていきたいと思います。

| | 23:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2018年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年08月