FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

≫ EDIT

高校野球

そんなに興味もない高校野球なのですが、今日、たまたまテレビをつけたら星稜と智弁和歌山の試合をしていて、あまりの激闘にクギ付けになってしまい、思わず試合終了まで見入ってしまいました。いやー、延長13回のタイブレイクまで持ち込んで、さらに決着がつかず、延長14回裏でサヨナラホームランというドラマのような展開も凄かったんだけれど、星稜高校のピッチャーの奥川くんが凄かった。延長戦の最後の最後まで球速が全然落ちなくて、150キロ超えでストライクをバンバン投げ込んでいて、もう凄いのなんのって。目が離せないとは、まさにこのこと。

それにしても、たまたまテレビをつけたらこの試合だったなんて、私ったら、なんて運が良いのだろう!高校野球に興味のない私のような人間でも思わず見入ってしまう激闘&感動的な試合で、最後に星稜の福本くんがホームランを打ってサヨナラ勝ちが決まった瞬間、感極まって思わず涙するピッチャーの奥川くん(ほかのチームメイトはみんな笑顔なのに一人だけ泣きながら校歌を歌っていた)が印象的でした。

結局、星稜高校のピッチャーの奥川くんはこの試合の延長14回までで23奪三振。一試合で23奪三振というのは高校野球史上2番目の記録らしい。ちなみに最高記録保持者は徳島商業時代の板東英二氏の25奪三振なんだそう。

星稜は明日も試合があるけれど、今日これだけ投げたらさすがに明日は投げれないよね…。先日も大船渡高校の佐々木くん問題で大きく問題になっていたけれど、高校野球の日程、とくに準々決勝あたりからの日程は毎年ピッチャーには過酷過ぎるので、本当にもう少し考慮してあげてほしいものです。

| | 22:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月