FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私は貝になりたい、いや、なろう。ただし期間限定で。

出る杭は打たれるといいますが、こんな何の肩書きも取り得もないマイナーな一般人がブログ界の片隅にて匿名で日々の徒然について書き連ねているような日記ですら、いつのまにやらアクセス数が増えて、人の目に触れる機会が増えてくると、「気に入らない」という理由でしつこい嫌がらせを受けたり、誹謗中傷を人目につく場所に書かれたり、無断リンクを貼られたりすることもあるわけですから(←数ヶ月前の出来事を根に持っている女。)、大人の陰謀が渦巻く世界で、顔をメディアにさらしてリアルネームで勝負しているような人々は、匿名のマイナーな一般人なんかとは比べ物にならないほどの嫌がらせや誹謗中傷と戦いながら、日々戦場のような環境で生きているのでしょう。そういう人たちが生きている世界は、改めてすごい世界なんだなぁと思い知らされるというか、同情するというか、とにかく、そんな世界で生きていくには相当の根性と精神的強さがないと無理なんだろうなぁと改めて思います。

ここ最近の出来事について、言いたいことは山ほどありましたが、どんな意見であれ、今、この不安定な状況下でネット上に書くという行為自体が、相手の思う壺、火に油を注ぐ行為でしかないと判断しているので書きませんでした。正義の捉え方は人それぞれ(by 成瀬領)ですので、他のヲタクの皆様が、ご自身の領域内でどう行動しようと私があれこれ言う権限はありませんので、あえて注意して回ろうとも思いませんが、嘆き、不安、批判、怒り、叱咤、真偽考察、擁護や応援の意思表明、激励、意見交換、それらのいずれも、今、この状況下においてネット上で行なうということは、それが例え擁護及び応援の意思を表明することであったとしても、波紋を広げる行為に他ならず、事を荒立て、騒ぎを広め、結果的には相手の思う壺、守りたい人の足を引っ張ることになりかねないと私は判断しております。だから 『私は貝になりたい、いや、なろう。ただし期間限定で。(笑)』というスローガンを掲げ、私はインターネット上では沈黙を貫く所存。

今の時代、誰の目にでも触れることのできるインターネット(掲示板やブログ)は強烈な武器でもあります。今、この戦況の読めない状況下で、その武器を振りかざし、ネット上で自分の感情を声高に垂れ流す行為、または慰めを求めあい同士を募る行為は、たとえそれが愛という名のもとに行なわれていたとしても、一番大切なものを守るという観点において賢明な行為だとは私には到底思えないのです。怒りや嘆きや不安に染まった凶器を振りかざし、めくらめっぽうに突撃するだけが戦いの手段じゃない。何のために戦うのか、相手の目的と自分の目的、その両方を見据えもせず、リスクとリターンの計算もできていないような状態で戦いを挑んだり、無駄に声を荒げて同士を募る行為は、勝てる戦も落としてしまう。下手をすれば、味方となるはずの戦力を弱めてしまったり、己が振りかざした凶器で一番大事なものを傷つけてしまうという思いもかけない最悪の結果をもを生み出しかねない。

とにかく今、私は自分の気持ちをネット上で吐露するよりも、まず大切なものたちを守りたいのである。今、この状況下で自分の意見を包み隠さず述べることで、本当に守りたいものを守れるのか、逆に大切なもの、守りたいものの足を引っ張る結果にならないのか、相手の思う壺&火に油を注ぐ行為にならないかと自問自答してみれば、おのずと自分が取るべき武器は「沈黙」という答えに導かれる。だからずっと黙っていたし、これからも事態が完全に沈静化するまでは黙りつづけるだろう。これが私の戦い方だ。大切なものを守ること、大切なものを傷つけないこと、それが今の私の第一目的だから、そのために「沈黙」という武器を取って戦っている。というわけで、今後、私の領域内において、戦う私の邪魔をするなら、容赦なくバッサリ斬り捨てますので、あしからず。既に斬られた方、そういった理由で斬らせていただきましたのでご理解ください。尚、この記事にコメントはいりません。納得していただけたのであれば、黙って見守っていてくださればいいだけのこと。納得できないのであれば、どこか別の場所で同士を見つけて、そこで傷をナメあって、己のやり方で戦ってくださればいいだけのこと。そして、何のことを言ってるんだかわからない方は、全く気にせずスルーしてくださいませ。

| | 21:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT