FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ローザンヌって遠いの?

ちょっと意識をバレエ&渡仏計画へ向けようと、ベジャール・バレエの公式サイトなどを見ていたら、


26 au 30 décembre、
 
Lausanne、Le Tour du monde en 80 minutes  


(12月26日から30日まで、ローザンヌにて、「80分間世界一周」)


の文字を発見。

なにぃ~!12月26日から30日までスイスのローザンヌにて「80分間世界一周」上演ですと!?「Le Tour du monde en 80 minutes (80分間世界一周)」といえば、ベジャールさんの遺作である。しかも、まだ日本では一度も上演されたことがない。しかも、12月26日から30日までの期間、私はバッチリ欧州にいる・・・・。ああ、めちゃくちゃ見たーーーーーーい!ということで、反射的にパリからローザンヌまでの列車を調べてみると、パリ・リヨン駅からローザンヌまでTGV直行で3時間54分。TGVは3ヶ月前からしか予約できないので、12月26日から30日の期間の厳密値段は不明だけれど、11月末の値段で見ると、だいたい一番高い時間帯で片道16,000円弱、一番安い時間帯だと2550円(この幅の広さがスゲーなSNCF)。まあ往復3万円程度といったところか。しかし、一人で4時間電車の中ってのがキツイ。そして、Théâtre de Beaulieuってどこ?(苦笑) 公式サイト の地図を見たって、どこよ?って状態。とりあえず駅から遠いことだけは、なんとなくわかる。うーん、ひとりで、こんな大冒険をするのは無謀な気もする。どうせ、いずれ日本に持ってきてくれそうな演目のような気もするだけに、往復で3万円払って、片道4時間以上かけて一人でローザンヌへ行くより、いつか日本公演が用意されたときに、上京して観るほうが賢い気もする。とりあえず、ベジャール作品はバスティーユで見れるから、それで我慢するかなぁ・・・。


そして、もう一つ、私を誘惑してやまない記述がオペラ座の公式サイト内に・・・・。

Paris Opéra Garnier

: "Onegin" du 16 Avril au 20 mai 2009


(パリ・オペラ座ガルニエ宮「オネーギン」 2009年4月16日から5月20日まで) 


この実質上ルグリの引退公演となる「オネーギン」って、当初は2009年3月20日~4月16日と発表されていて、この期間は仕事の関係で絶対に休めないから無理だと完全に諦めて年末渡仏を決めたというのに、気がつけばゴールデンウィークに変更だなんて、なんてこったい!ゴールデンウィークだったら会社も休みやすかったじゃーーん!しかも、私のバレエ鑑賞の相方であるYちゃんも、この時期なら渡仏可能だというではないかー!そんなことなら、一人で年末なんかに渡仏せず、GWまで我慢すればよかったよ。ルグリがライモンダを踊らないとわかった今となっては、オネーギンのほうが魅力的。っていうか、既に脳内では、GWも渡仏できないものかと必死で電卓をたたきはじめているのだが、いかんせん、現実は厳しいんだよなぁ・・・。時間とお金。なんとかならないものかねぇ・・・。(遠い目)

| | 19:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

オネーギンって最初(3月中旬?)の発表時から、この日程じゃなかったでしたっけ?
いずれにしろ、ルグリさんのアデュー公演(となるでしょう)、しかもオネーギン、日本から観にいく人、多そうだね。

そしてローザンヌ、ボーリュー劇場の裏にあるのがBBL、ベジャールさんが亡くなったちょうど1年後に、その遺作がローザンヌで観られるなんて!
そのうちベジャールさんに直接関わった団員もどんどん減っていっちゃうだろうし、今こそ、いざッ、ローザンヌ!すべきかと…。

それから!羨ましい超!なのが、今夜の友佳理さん&ルグリのジゼル!今のあの歴史ある“フェスティバルホール”で、東京バレエ団が、そして友佳理さんルグリさんが踊る、最後の公演になるでしょうし、しかも2人ともそれぞれ今の大阪フェスにはかなりの思い入れがあるはず。そういう“気”をとっても大切にするお2人なので、もうめちゃめちゃ素晴らしい公演になるのでは、と勝手にドキドキしています。
私も週末のめんどうな用事さえなければ、絶対に大阪に行ったのに!と、開演4時間前の今、でもまだ新幹線間に合うし…と落ち着かなくってたまりません。どうぞ楽しんできてくださいませ。感想楽しみにしております。(1幕最後には好き嫌い分かれると思いますが、それでも友佳理さんのジゼルは至高の芸術。別格かと。)

| Nちゃん | 2008/09/19 14:40 | URL |

>Nちゃん

オネーギンの日程、私が勘違いしてたのかなー?
でも3月に渡仏できれば、ル・パルクと両方見れる!って
興奮した記憶があるんだよね・・・。

ローザンヌ計画、
滞在日程とオペラ座鑑賞日程と時期を考えると
厳しいんだよね。
たしかにベジャールさんに直接指導を受けたダンサーが
どんどん減っていくことを思うと早くみておくに越したことはないんだけど・・・。
そして、ルグリのジゼルは、上記のとおり、残念な結果になりました。(涙)
友佳理さんのジゼルは、とても情緒的で素晴らしかったです。

| JOLLY | 2008/09/20 19:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT