FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パリでの宿泊先:オテル・ド・ノアイユ(Hôtel de Noailles)

今回、パリの滞在先に選んだホテルは、オペラ座(ガルニエ)から徒歩圏内、パリ2区にあるオテル・ド・ノアイユ(Hôtel de Noailles)。選んだ理由は、立地と当初は一人旅の予定だったのでバス付きのシングルルームがあるという点と、あとはキャンセル料が比較的良心的だったから。前回泊まったMillennium Hotel Paris Opéraで、バレエ鑑賞のみならずショッピングや観光においてもオペラ座界隈に泊まることがどんなに便利なのか骨身に沁みたので、今回もホテルの立地はオペラ座界隈でこだわって探しており、かといって、前回泊まったMillennium Hotel Paris Opéraは、キャンペーン期間中でもなけりゃ、とてもじゃないけれど手が出ないということで今回は諦め、予算内で泊まれる、そこそこのグレードのホテルということで、オテル・ド・ノアイユを選びました。一応4つ星。

2008parisDSC01762.jpg


おそらく古いホテルを買い取って、モダンなインテリアに改装したプチ・ホテルっぽい雰囲気で、部屋のインテリアや照明はモダン系。ただし狭い。スーツケース2人で開くと、かなり狭く感じる。ただ、狭いけれど、妙に居心地のいい部屋で、とりわけベットの寝心地はバツグン。テレビや電話、水周りの設備等は最新ながらも、私たちが泊まった部屋は水周りで少しトラブルあり。というか、シャワーや水道の蛇口がデザインを追及するあまり、若干使いづらい。初日は、シンクの栓がきかなくなってフロントに電話したら、すぐに対応してくれて修理してもらえたのだが、その翌日のノエルの晩にバスタブにお湯をためようとしたら、水しか出なくて、これまたフロントに電話したら、おそらくノエルで正社員ではなく留守番で雇われたオジサンではないかと思われる若干頼りのないフロント係さんが見に来てくれたのだが、どうもラチがあかず、その交渉でRちゃんがクタクタ&若干お怒りモードではありましたが、結果的に、思い当たるところ全部チェックしていったらお湯が出るようになったから、まあ、いいかと。まあ、満点の対応というわけではなかったのだけれど、それ以外の対応は良かったし、とりあえず、立地が良かったのと、部屋が静かで暖かく、本当に居心地がよかったので、お値段によっては(=今回と同じキャンペーン価格なら)リピートもありといった感じでした。
----------------------------------
Hôtel de Noailles
9 rue de la Michodière
75002 Paris
Tél : 01 47 42 92 90
Fax : 01 49 24 92 71
----------------------------------

| フランス | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT