FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「グリーンフィンガーズ」大阪初日

いよいよ、「グリーンフィンガーズ」大阪公演が開幕。ということで、大阪初日の今日、張り切って梅田芸術劇場へ行ってまいりました。この御芝居を鑑賞するのは東京初日以来なので、ちょうど約1ヶ月ぶりの2度目。やはり2度目の鑑賞ともなると自分自身に余裕ができており、しかも今日の座席は3階だったこともあり、多少の距離があったおかげで、とてもリラックスして、まさに文字通りの客観的な鑑賞ができたような気がします。

3階から見るのも、なかなか捨てたものではありません。ガーデンの全貌がはっきりと見えるし、コリン(←相葉君の役)とファーガスが部屋でベットに入って横になると、ちょうど真上から見えるから、コリンのふてくされた寝顔なんかがじっくり見えたりするので、1階席とは違った楽しみ方ができました。

相葉君の舞台初登場時の客席のキャーは、予想はしていたけれど東京よりも酷かった。(ああ、大阪、情けない・・・。)あとカーテンコールのキャーキャーも。あのキャーキャー声で、せっかくの御芝居の余韻が台無し。ちぃっ!客は、全員が相葉ファンだけではないのだよ。もうちょっと他のキャストのファンの方や演劇ファンの方のことも考えて、「御芝居を見ること」が「嵐のコンサートを見る」のと違うということを改めて自覚してもらいたい。

そんな今日の御芝居ですが、東京初日から比べると、全体的にチームワークがアップしている感じがヒシヒシと伝わってきました。役者同士の人間関係もうまくまとまって打ち解けてきてるんでしょうね。それが芝居上でも、いい方向にしっかりと滲み出てきている感じがしました。とくに、コリンを中心に囚人たちが団結するあたりに、かなり説得力が増している感じがしました。初日に見た感じだと、コリンが囚人たちの中心にいることも、囚人たちの友情云々の部分にも説得力がなかったというか、しっくりこなかったというか、モヤモヤした部分もあったりしたのですが、今日は、自然とコリンを中心に輪ができはじめたことが、実感できたというか、チームワークが空気全体で伝わってきたというか。これが1ヶ月の成果なんだなーとしみじみ。

あと、相葉さん個人で言うなら、1幕の相葉さんが東京初日に比べると、格段に上達していたことにかなり感動。私が見た東京初日の1幕は、とくに前半がガチガチだったのですが、そこの部分を抜きにしても、今日の1幕での相葉さんの演技は、言わされている台詞というのが減って自分の言葉として言えていたし、相葉さんの悪い癖(=怒鳴る演技、叫ぶ演技、がなる演技、怒る演技の際に言葉が単調になって力みすぎる。身近でない外来語がひらがな言葉になってしまう。)が抜けてて、すごく自然になっていました。「ダブルバイオレット」も「ペーハーバランス」(←これは2幕の冒頭の台詞ですが)も、「だぶるばいおれっと」「ぺーはーばらんす」になっていなかったし、食堂でファーガスに向かって言う「ゆっくり食事をさせてくれ」のところなんて、イライラだけじゃない複雑な気持ちまでもがしっかりこもった台詞まわしで、とても自然で良かったです。ただ、ここまで褒めておいて何ですが、相葉さんの演技の進歩を感じたのは1幕のみで、残念ながら休憩が明けた2幕で完全に昔の芝居に戻ってしまっておりました。(苦笑) とくに、怒鳴る、叫ぶ、怒るの台詞ね。1幕で上手にできていたことが2幕でできていなかったという・・・。(苦笑)感情が先走っちゃってるのか、大声出せばいいってもんじゃねーんだよ状態に戻ってしまっていた。あーあ・・・・・。1幕があそこまで出来たのだし、東京初日の2幕は、それなりに良かった印象だったので、明日以降、2幕も1幕と同じぐらい気を張って頑張って欲しいところ。

ちなみに、今日の相葉さん。右のホッペの真ん中にプクっとフキデモノができておりました。といっても、3階席からオペラグラス越しに確認したレベルですけど。あと、本日のおパンツはグレーね。(笑)格闘シーンで、チラ見せしまくっておりました。いつのまにやら、腰履きになってる作業着。そしてそこからチラチラ見えるおパンツ。(笑)

カーテンコールは4回。1回目と2回目はキャスト全員で。3回目は相葉君1人で、そして4回目にご挨拶あり。そしてそのご挨拶の後、出演者3名(山田氏、住田氏、なすび氏)を呼んで4人でトーク。相葉君の挨拶の内容は、(※以下、言葉や単語は間違っていると思われます。雰囲気で読んでください。)「東京公演から10日間も空いて、あっ、その間に1日だけ休みをもらえたんですよ!で、まあ、10日間開いたわけですけど、その10日間、テンションを維持したままで、改めて気を引き締めてコリン君という役に向き合って、新しいコリン君をみつけたり(会場から「コリン君」という表現に笑いが起こる)あ、いろいろ変えてみてるんですよ、今日も、ちょこちょこっとね、変えてみたりなんかしてね。(笑)そんな風にして向かえた大阪初日だったわけですけども、せっかくの初日なのでね、ちょっと仲間を呼んで、少しお話しちゃおうかなーと。」と言って、山田氏、住田氏、なすび氏を舞台に呼んでそれぞれを紹介。4人で「本当に仲良くなったよねー」とキャッキャキャッキャとおしゃべり。東京では、山田氏、住田氏、なすび氏は3名1室の楽屋でいつも一緒で、そこに相葉君がいつも遊びに来て4人でいたそうで、大阪入りしたら、楽屋が、4人全員1人1室与えられていて、妙に寂しいのだそう。「それにしてもね、3人とも本当にプロですねー。今日は、東京公演から10日も空いちゃってて、久しぶりだってことで、昼間に1回全部通して合わせたんですけどね、それがもうグダグダだったの!(笑)なのに本番では、キッチリと合わせてくるんだもんね。みんな本当に凄いよ。さすがプロだわ。」と相葉君が言うと、なすびが「そういう相葉君もグダグダだったくせに!一番グダグダだったじゃん。本当に皆さんに見せてあげたかったですよ、あのグダグダな相葉君を」と暴露。「うわー、ブラックなすび!」と相葉君。
山田さんが「でも、本当に俺、一幕の舞台袖で『みんな、すげー』って言ってたもん。」と。とにかく、とても仲良しそう。

その後、相葉君が「じゃあ、みんな、一番好きなシーンはどこか言い合いっこしようよ!」と。振られた3人は「え??」とキョトンとした顔をしていると、無邪気に「じゃあ、俺からーーー!」と相葉君。で、みんなが聞く体制になったとたんに「えーーーーーー、俺、どこが一番好きだろう???」と考え込む相葉君。(←天然ぷり発揮) 周囲が呆れて笑っていると「あ!わかった!俺、あそこが好き!」と

(以下、完全にネタバレになるので追記に)



相葉君が一番好きなシーンは、「ファーガスの骨を撒くところ!あそこが一番好き!あ、あれね、骨なんですよ。あのシーンが好きだなー。じゃあ純ちゃんは?(※相葉君は、山田氏を「じゅんちゃん」、住田氏を「すみちゃん」、なすび氏を「なすび!」って呼んでました。)」「俺はね、脚立のところ。コリンとプリムローズが苗を分ける作業をする後ろで、俺たちが脚立で後ろから眺めてるとこ。あそこで苗をわけるときにプリムローズが「エイッ!」って言うでしょ?あそこですかさず、俺ら「ビー(B)」「シー(C)」って言って遊んでるんだよ。あれが好きだなー。(笑)」「住ちゃんは?」「俺は、みんなでオーっ!ってとこ。岩石庭園が燃えた後、みんなで団結してやるぞー!ってなるところ」と。そして、「時間も長くなっちゃったから、なすびはナシで。」ということに。なすびも「まあ、顔も長いしね。顔の長さで笑いとっちゃったしね。」と自虐コメントしながら、トーク終了。とにかく、相葉君が皆と仲良く楽しく舞台をしているようで、微笑ましくて、顔がゆるみっぱなしになってしまいました。最後は、いつものキラキラお手振しながら、そして最後の最後に、ハケのポーズをして相葉君らしく舞台を去っていきました。

| | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT