FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「グリーンフィンガーズ」大阪千秋楽

そして、今日も梅田芸術劇場へ。いよいよ最終日。千秋楽です。昨夜から、既に「さびしい、さびしい」と周囲にウザがられるほどに呟いており、今朝も、ひたすら「これでコリンに会うのが最後だなんて、さびしい、さびしい」と呟きながら劇場へ。(←あいばか)

さすが千秋楽ともなると、日本全国のあいばかさん大集結ということで、リピーターも多かったのでしょう、相葉君の登場時も静かで、客席の鑑賞マナーは、今までで一番平和。個人的には一番ストレスを感じずに鑑賞できた回でした。座席も、千秋楽を見るのにこれほど最高の席はないと思える1階センター席だったので、本当に順番としても、この座席の順番で複数公演(東京初日&大阪全ステ)に入れたことに幸せを感じずにはいられない。しかも、今日は、大野ヲタの大親友Cちゃんと一緒に鑑賞。Cちゃんと一緒に生嵐を見るのはTimeのアリーナツアー以来だったので嬉しくて嬉しくて、そして成長した相葉君のコリンをCちゃんに見てもらえるのが嬉しくて嬉しくて、会場入りした段階で、既に、感極まっておりましたので、幕が開いただけで、既に涙目。(←あいばか)
以下、簡易レポ

・相葉君の鼻声は全く気にならなかった。(花粉症が治まった?)
・今日のおパンツはグレー。
・食堂のクリスマスーパーティーのシーンで囚人の誰かが椅子を倒してしまう。
・コリンがいつも叩く椅子が倒れたので、反対の椅子を叩いて、通り過ぎる際にコリンが椅子をさりげなく元に戻す。
・部屋でコリンとファーガスと2人の場面で、「通信講座が始まるから、オンライン、あれを勉強しないと」という台詞の冒頭のところでコリン噛む。
・今日の相葉君の演技は、私の大好きな演技がたくさん詰まっていた。(※でもマイベストではない)
・ファーガスに罪を告白するシーンは、わたしが見た中では今日がマイベスト。
・カーテンコールは6回。

以下、カーテンコールレポ。もう見ているほうも涙腺決壊&テンションが上がってしまい、1回目~6回目まで、どれがどの時だったか、記憶があやふやなので、順番は間違っている可能性大。言葉や単語も適当です。雰囲気でどうぞ。

【1回目】
全員で

【2回目】
天井から紙ふぶき(花びら?)舞う中を相葉さんが1人で上手から登場。上から振ってくる花びらを見上げて、感極まって半べそ。次に平さんが登場。平さんと目が合った瞬間、相葉君、さらに涙ウルウル状態になるが、グっと口をヘの字に結んで必死に涙を堪える。(←超ブサカワ!)そして、キャスト全員登場。相葉さん笑顔に戻る。

【3回目】
相葉さん1人で笑顔で登場し、恒例の音楽隊の紹介をして、いつものように階段を上って、手を振って笑顔で下手側に退場。

【4回目】
相葉さんが1人で下手側から登場し、開口一番「終わった・・・・・・・・。」と安堵と放心の入り混じったような溜息声で呟いて微笑む。「本当に毎日忙しいスケジュールの中で、めぐり合ったスローライフなお話、種を育てて、水をやって、花を育てる、そんなステキな作品に出会えたことに感謝しています。」と、ここ最近お得意の「スローライフ」という単語を交えて比較的、堅めのあいさつ。その後「改めてキャスト全員を御紹介したいと思います」とキャスト全員を呼び込む。
キャスト全員が揃ったら、相葉さん、既に半べそ。それでもグっと必死で涙を堪えて代表して挨拶。「本当に(←すごく心を込めて、「ほーんっとうに」と両手を広げて強調していた)ステキな方々と、本当にステキな作品に出会えたこと、そしてここにきてくださった皆さん、すべてに感謝の気持ちでいっぱいです。明日からは、皆、それぞれの道で皆、それぞれに頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援していただけたらと。今日は本当にありがとうございました!」とキャスト全員で礼をするが、全員が頭を戻しても、相葉さんひとりだけ、頭を下げたまま顔をあげず礼しつづける(←泣いてる)。やっと顔をあげたら、目の周りが涙でグシャグシャ。(かわいいーーーーーーーーーーーーーーー。)そして、顔を上げて涙を堪える姿に思わず貰い泣き。(←あいばか)

【5回目】
相葉さん1人で白いティシュを握り締めて登場。(笑) 途中、喋りだす前にティッシュをポケットにしまう。会場からの「お疲れさまー」等の掛け声が重なり始めたらシーっと指を口にあてて制してから話し始める。「舞台が終わったから、原作の映画もやっと見れるかなーなんて思ってます。俺、見てないんですよ、原作の映画。なんか、チラシを見たら、あ、映画のチラシのことね。コリンが、ものすごいおじさんだったから、え?これが、コリン?このおじさんが、俺?みたいなね。(笑)映画を見て、改めて『グリーンフィンガーズ』という作品のよさを感じたいなと思います。」と言ってました。そして改めて「今日は、本当にありがとうございました。スタッフの皆さんもありがとうございました」と奥の方々にもお礼をいい、最後は「皆さん、本当に気をつけて帰ってくださいね。」と言って、お手手をふりながら、最後は片手二本指で投げキッスをして退場。

【6回目】
もう、暗幕が降りたあとで退場アナウンスも始まった後だったけれど、拍手に促され、再び相葉さん1人で登場。「もう、帰りかけてたのにー、皆さんの熱い拍手に呼ばれて来ちゃいました。あんまり手をたたきすぎると手が痛くなっちゃうからね。(笑)で、なに話す?」と客席に問いかけて「昨日食べたもの教えてー!」とか「練習の苦労話!」とかいう会場からの声に耳を傾け、「苦労話?うーん、最初台本をもらったときに、刑務所の中のお話だし、弟を殺してるしで、全然リアリティがなくて、自分にとってリアルじゃないから想像もつかなくて、でも(自分にも)弟はいるから、そこを結びつけてみたんだけれど、そうすると、もう本当に悲しくなっちゃって、本当に難しいなーって悩んで、なんか、そういうのが、すごいストレスだったみたいで、首のところに、俺、めちゃくちゃフキデモノができたんですよ。」(客席から「知ってる!」の声)「え?知ってた!?大丈夫、すぐに直すから!!!」と首筋を撫でながらスネたような強がったような笑顔を見せる。今日は、本当にありがとうございました。上のほうの方も、本当にありがとうございます。」と言いながら、会場隅々に順番に手を振っていき、「本当に気をつけて帰ってくださいね。わかった?『わかった!』って言ってくれないと、俺、帰らないよ」と。(かわいいーーー。っていうか、むしろ帰らせたくないんですけど?)客席から「わかったーーー」と皆が言うと、満面の笑みで微笑んでお手を振りながら、最後にハケのポーズをして退場していきました。

ちなみに相葉さんのフキデモノは、昨日の段階で、跡が多少残っている程度で、ほぼ完治しておりました。「グリーンフィンガーズ」という作品についての感想については、また後日落ち着いた頃にでも改めて。

| | 23:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT