FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムショウに淋しい金曜の夜

いまさらですが、終わっちゃったね「マイガール 」。連続ドラマ主演がダーリンにとって初めての経験だということは、あいばかさんたちにとってもイチオシ君の主演連続ドラマを見守るのは初めての経験なわけで、そんなドラマ初主演が、よりによって嵐10周年のタイミングと重なっちゃって、もともと連続ドラマがらみのメディア露出に慣れていない(っていうか、初めての経験な)あいばかさんたちにとっては、他メンヲタ以上に試練の日々だったわけで、とりわけ雑誌露出を追いかけるのは非常に苦しい日々でしたが、終わってしまうとやはり寂しくて仕方がありません。でも寂しい気持ち以上にホッとしている自分もいたりします。日に日にストレス(≒過労&プレッシャー?)で痩せ細って行く痛々しいダーリンを見るのは本当に苦しかったので。主演の演技仕事のときは食が細ったり、ストレス性のフキデモノを出したりする人なだけに、連続ドラマも始まる前から心配していましたが、案の定、ガリガリに痩せてしまって、10話に出てきた回想シーンを見ると、1話の頃は、あんなにホッペが丸々してたんだーと驚きました。そりゃ国立前に作ったコンサート衣装がダボダボになってズボンがずり落ちてパンツが丸見えになっちゃうわけだ。(苦笑) たかが4ヶ月、されど4ヶ月、本当に一気に老けたね、ダーリン。(苦笑) 私としては「そんなホウレイ線の雅紀君はイヤです!」ってコハルちゃん並に涙の訴えをしたい気分(「ちょっと(太るのを)お休みしてるだけだよ。」って優しく言われても「イヤです!」って言い返してフテ寝してしまいたいぐらい)なので、早く丸ポチャなホッペに戻って欲しいところ。ドラマがオールアップした後の「うらあらし」を読んだら、東京ドームのコンサートのリハーサル前にカレーとラーメンと蟹クリームパスタを食べて、開演20分前にはラーメンを食べたと嬉しそうに報告していたから、食欲は出てきているみたいだし、これから少しふっくらしてくれるかしら?ブサイクでもデブでも、健康的なダーリンが一番です。(←擬似オカン気質満点のあいばか。)

ちなみに「マイガール 」の関東エリアでの平均視聴率は8.82 %だったそう。10%を超えたのは2回だけ。正直、もうちょっと数字は欲しかった気も・・・。まあ、あの枠なら平均視聴率8.82 %という数字は及第点だとは思いますが、これだけ嵐ブームなのだし、企画からJ-STORMだなんていう至れり尽くせりな(←初回のタイトルバックを見てビックリした)主演ドラマなんて本当に最初で最後だろうし、前代未聞のお膳立てをしてもらって前代未聞の試写会まで用意してもらった作品だっただけに、正直、もうちょっと数字は欲しかったよね。平均2桁を超えられなかったのは正直なところ残念。もちろん数字が全てではないし、私の心の中の幸せ度は、そんな数字では測れないほど満たされているけれど、ダーリンは数字で判断される厳しい世界で生きている人だから、それなりの数字を持たせて次のお仕事へ送り出してあげたかったんだけれど、現実はそこまで甘くはなかったようです。(苦笑)

でも、平均視聴率8.82 %という数字は、内容から判断すれば妥当な数字のような気がします。あいばか目線で見ても中盤の中だるみは否めなかったし(あいばかを自負する私ですらも4~7話は全くリピートすらしていない)、原作ファンとしてみると、やはり原作から外れたオリジナル部分の脚本や演出がお粗末だったし、ツッコミたくなる場面も多々あったし、原作には素敵なエピソードがたくさんあるので、もっとそれを活かしてほしかったんだけれど、思ったほど原作のエピソードが使われていなかったことが正直なところ残念で、本当にもったいないなーと思うことの多いドラマでした。原作ファンのあいばかとしては、やはり相撲大会ではなく原作どおりの運動会にしておいてほしかったし(まあダーリンのまわし着用姿が見れたのは貴重ではあったけれど・・・)、運動会の借り物競争のエピソードは入れておいてほしかったし、コハルちゃんにカンナちゃんというお友達ができるまでのエピソードや、カンナちゃんと仲良くなれるように正宗君が作ってくれる人形のエピソードも入れて欲しかったし、正宗君とコハルちゃんのお家は、あんなオシャレなお家じゃなくて、もっとリアリティのある質素でつつましやかなお部屋であってほしかったんだよね。まあ、言い出したらキリがないんだけど、ただ、文句を並べ立てたところで、ダーリンにピッタリの可愛くて温かい空気に包まれた穏やかな内容のドラマだったことは間違いないわけで、あいばかな私にとっては、毎週一生懸命にがんばるダーリンを見れたことは、本当に幸せな金曜日だったことも事実なわけで、ダーリンの一生懸命さに溢れた作品が私にとっての「宝物」になったことも間違いないわけで、結局のところ、どんなにダーリンの演技がつたなくても、どんなに内容が微妙でも、どんなに数字がとれていなくても、私にとっては「至福の宝物」なドラマでした。

ダーリンの演技も初回の前半あたりは「あれ?もっとできる子だと思ってたんだけれど・・・。」とちょっと残念に思ったりもしたのですが、収録日が後ろへいくにつれて、どんどんいい表情をするようになって、ほら、やっぱりやれば出来る子!(←何様)と1人で嬉しくなったりしていました。最終回では、なんだか演じる姿に貫禄すら感じちゃって、ストーリーとは別の次元で、本当に逞しく成長したなぁと目頭が熱くなりっぱなし。(←擬似オカン気分のあいばか)なんだかダーリンが、またちょっとまた遠くに行っちゃった気がしてしまいました。それこそ「頑張って!大好き!」と涙目でつぶやきながらバスを見送るコハルちゃんさながらに、主演ドラマを経験して演じることに自信をつけて逞しくなって、どんどん遠い人になっていくダーリン(っていうか元から遠い人なんだけれど)の背中を涙目で「頑張って!大好き!」とつぶやきながら見送った気分です。(←痛いあいばか)でもさー、コハルちゃんはいいよね、見送っても、待っていれば、また戻ってきてくれるから。ヲタクなんて待っていたところで元の場所にキッチリと戻ってきてくれるわけでもないし、ここ最近はどんどん遠くなるばかりだもの。(苦笑) そしてドラマの放映もさることながら、ドラマ放映期間中、毎週金曜日のお昼に届いていたダーリンからのメールがなくなったことも寂しい。あのダーリンらしい文面のメールが毎週とても嬉しくて、毎週金曜日の楽しみだったので、ぽっかりと胸に穴があいたような気分で、なんだか「マイガール」がなくなってしまった金曜日が妙に退屈です。(←あいばか)


マイガール DVD-BOX (5枚組)マイガール DVD-BOX (5枚組)

東宝 2010-03-26
売り上げランキング : 53

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



| | 00:17 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

マイガール、Jollyに薦めれて2巻まで買って読んだんだけど、その後の巻がどこにいってもみつからないので、今度貸してくださいな。ドラマは見てないけど、マンガを読んでる限りでは、あいばくんをキャスティングした人がすごいと思ったくらい、なんかキャラ的にぴったりだねぇ。

| emish | 2010/01/02 19:06 | URL | ≫ EDIT

>emishさん

「マイガール」の正宗君、相葉君にピッタリでしょ!
ファンでなくても、そう感じてもらえるってなんだか嬉しいわー。
漫画は、今、4巻まで出てるんだけれど、
今、友人間を回覧中なので、戻ってきたらお届けします。

| JOLLY → emishさん | 2010/01/04 20:57 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT