FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

万作萬斎新春狂言2006

今日は、野村万作&萬斎の狂言を見に行って来た。生まれて初めての生でみる狂言。きっかけは去年10月末能楽劇「夜叉ヶ池」を見たときに、劇中での茂山一家の狂言が面白かったので、ちょっと狂言というものに興味が出て今回のチケットをとることにしたのだが、年が明けてしまうと、もうすっかり日本の古典芸能への興味も薄れ、このチケ代をバレエチケットかクラッシックのコンサート代に回したほうが賢明だったかも・・・などと失礼&不謹慎なことを思いつつ会場へ。本日の演目&出演者は、こんな感じ。

万作萬斎新春狂言2006
会場:ウェルシティ大阪厚生年金会館芸術ホール
出演者:野村万作/野村萬斎/野村万之介/他
曲目・演目トーク、「犬山伏(いぬやまぶし)」、「しびり」、「煎物(せんじもの)」


いやはや、モチベーションが低かったにもかかわらず、十二分に楽しんできました。やはり狂言って面白い!日本の文化も侮ってはいけませんね。まず、初心者でもわかりやすいようにと、最初に萬斎さんからのレクチャーがあって、それぞれの演目のあらすじ、見所などを、丁寧にお話してくださったのが、私には非常に有難かったです。そしてその説明のあと、演目をみると、やはり面白さが倍増しました。というか、教えてもらっていなかったら、あそこまで楽しめなかったかも。この万作&萬斎新春狂言というのは、毎年、その年の干支にちなんだ演目を選んでおられるそうで、今年は戌年なので「犬山伏」なんだそうです。この「犬山伏」も「煎じもの」もあまり上演される機会の少ない演目で、「しびり」というのは、子供が演じたりするぐらいポピュラーな演目なんですって。この「しびり」というのを、あえてお父様の野村万作さんが演じてくださったのですが、この独特の仕草だとか間がとてもコミカルで、多いに笑わせていただき、すっかり魅了されてしまいました。そして「煎じもの」の野村萬斎さんは、まるで、ドリフターズの志村けんみたいな役どころで、これまた多いに笑わせてくれました。まさか野村萬斎を志村けんに似てると思うとは驚き!ドリフって、狂言に通じるものがあったのね・・・なんて思ってしまった。そして、以前、落語を見たときにも感じたのだけれど、笑うということは、本当に身体に良いと実感しますね。身体の中に蓄積していた疲れや毒素が笑いと一緒に放出されて、気がつけば、頬がゆるんでいて、帰りの自分の顔が穏やかになっている気がしました。そして、やはり野村萬斎さんは、ステキだった。私はお芝居してる姿より、狂言をなさっておられるときのほうが好きだな。あの独特の唄のような腹のそこから出す声&台詞まわしが、なんともいえなくしびれます。首が長くて、なで肩なのも、和服に非常によく映えるし、ちょっと惚れてしまいました。今も頭の中は「せーんじもーのー、おせーんじもーのー、おせーんじもーのを召~せ~」という萬斎さんの声がエンドレスで繰り返されています。(笑)あー、たのしかった。

| 観劇・狂言・落語 | 23:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

子供もハマる

私はチラっとしか観たことないんですけど、息子たちはNHKの「にほんごであそぼ」とかいう番組で萬斎に相当ハマッていました。やっぱ面白いんでしょうね。
この人って映画「陰陽師」に出てた人?

日本に帰ったら狂言観にいくぞー!

| やす | 2006/01/20 20:37 | URL |

そうです。陰陽師の人ですよ。

私も「にほんごであそぼ」の萬斎コーナー好きでした。
うちの従兄弟の子供もNHKの「にほんごであそぼ」にハマって
「や~や~こ~し~や~~。」とか言ってました。
子供に大人気のコーナーだったみたいですね。
やすさんも、帰国後、ぜひ狂言に行ってみてください。
ほっこりと笑えて癒されますよー!

| JOLLY | 2006/01/20 22:00 | URL |

萬斎さんの狂言、いいな~。見たことないんですよ・・・そのジャンル。
映像(DVDなど)は見られたことありますか?
陰陽師は別として、ほかのを全然見たことないのでDVD見てみたいなとはずっと思っているんですけど、なかなか安いの出回ってなくって・・・。
陰陽師(映画)は好きで、何度も見ました・・・。
萬斎さんの声がエンドレスで・・・っての、なんだかわかるような気がします。とっても素敵な声ですもんね。生はさぞかし・・・。

| うるる | 2006/01/21 00:20 | URL | ≫ EDIT

私は、映像もみたことなくて、いきなり生デビューでした。
能や日本舞踊や文楽は、生でみてもどうも退屈でしたが
狂言は、ツボにはまりましたね。
狂言は、けっこう定期的にNHKで放映してますよ。
といってもちゃんと見たことはないですが・・・。
ただ、やはりテレビだと集中しにくいかな。
萬斎さんもいいけれど、お父様の万作さんもステキです。
ぜひ、うるるさんも、狂言にハマってください。

| JOLLY | 2006/01/21 01:12 | URL |

おもしろいよねー

私も好きです。おもしろいよねー!
歌舞伎より初心者にもわかりやすいし、見やすいのに以外と見る機会がないねんな。
しかし、私はしばらく見に行けないけどねー・・・

| じょにー | 2006/01/21 19:39 | URL |

そうなんですよね。観やすいし、可愛いし、楽しい。
けっこう地方巡業もしているので、見る機会はあるのに、なかなか観てなかったジャンルです。

| JOLLY | 2006/01/21 21:08 | URL |

JOLLYちゃん、とうとう狂言デビューまで果たしたんですね。おめでとう!!
(遅い書き込みでごめん・・・)
私も萬斎さんの狂言特有の台詞回しと
おなかから出る声が大好きです。
狂言は「猿に始まり狐に終わる」と言われているそうで
萬斎さんのお子さんたちも「うつぼ猿」と言う演目で
初舞台を踏んでらっしゃいます。
狐は「釣狐」と言う演目が気力体力ともに充実した時でないと出来ないそうで
万作さんの「釣狐」は伝説とまで言われているそうです。
私はこの「釣狐」を萬歳さんで是非、見たい!!
その時は何が何でも見に行こうと思っています。
(子供たちもうっちゃって(笑)・・・)
もし、萬斎さんが「釣狐」をやると言う情報がありましたら是非、ご一報を!

| まきみ | 2006/01/24 12:44 | URL |

さすが博識なまきみさん、お詳しいですねー。
ママンも万作さんの伝説の「釣狐」を見たと自慢しておりました。
(テレビで観ただけだと思うんだけれど・・・。)
萬斎さんの「釣狐」ぜひぜひ、見たいです!
っていうか、ワタクシ、すっかり狂言&狂言師:野村萬斎にハマりそうな気配でして、ヤヴァイぐらいなのです。なんと、来月の萬斎さんの狂言のチケットも、即日手配してしまいました。今朝は、朝からNHKの「能・狂言解説」などという番組を録画してまで見てしまいました。バレエと音楽だけでもヤヴァイのに、狂言まで加えてしまった2006年の私はどうなるのでしょう?歌舞伎にだけは、手を出すまいと誓っている今日この頃。

| JOLLY | 2006/01/24 20:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jollyjournal.blog15.fc2.com/tb.php/242-8c608cbf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT