FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水戸岡 鋭治 (著)「ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語」

ゴールデンウィークに九州新幹線に乗る予定であることは、先日報告済みですが、九州新幹線というものに乗ってみたいと強く心引かれるのは、その設計が水戸岡鋭治さんであるということも大きな理由。水戸岡さんに興味を持ったキッカケは、「http://www.mbs.jp/jounetsu/2009/05_10.shtml " target="_blank" title="情熱大陸">2009年5月10日に毎日放送で放映された情熱大陸」。そして、先日2011年4月4日にNHKで放映された「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見て、いつか乗ってみたいなーから、マジで乗ってみたい!と強い気持ちに変わり、今に至る。

この水戸岡さんが子供用に書かれた素敵な本があると知り、読んだ人のレビューを見ていたら、みなさん「「つばめ」に乗る前に読んでおけばよかった」とか「子供用の本なのに、大人が夢中で読んでしまった」と書かれてあり、思わず購入して読んでみる。

ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語ぼくは「つばめ」のデザイナー―九州新幹線800系誕生物語
水戸岡 鋭治

講談社 2004-12-21
売り上げランキング : 65075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本の対象年齢は小学校の高学年から中学生ぐらい?漢字には全部ルビが打ってあります。でも、大人でも十分面白い。というか、かなり面白い。なぜ水戸岡さんが「つばめ」をデザインするにいたったか、「つばめ」をデザインするにあたりこだわったところ、そして、工業デザイナーになった経緯など、わかりやすく説明してあって、イラストも豊富、塗り絵までついていて、鉄道車両の写真もあって、鉄道ファンでなくとも、手にとっただけで、おもわずワクワクしてしまう。 将来、何かを目指す子供に対する目線が暖かくて、夢を後押しするような、そんな文章も心地よい。男の子でなくても女の子でも楽しめると思います。お母さんが子供に読み聞かせるにも最高の本だと思います。読み聞かせなら、幼稚園から小学校低学年ぐらいの子供でも楽しめるとおもいます。これを読んで、そして九州新幹線にのると、楽しさ倍増すること間違いない。っていうか、「さくら」だけでなく「つばめ」にも乗らなくちゃ!という気にさせられます。というわけで、本日、九州新幹線に乗ってきまーす!(熊本市内での遊び相手も、無事に見つかりました!)

こちらは、水戸岡さんのデザイン画集。

旅するデザイン 鉄道でめぐる九州 水戸岡鋭治のデザイン画集旅するデザイン 鉄道でめぐる九州 水戸岡鋭治のデザイン画集
水戸岡 鋭治

小学館 2007-06-06
売り上げランキング : 68449

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 読書 | 10:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT