FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東野圭吾(著)「天空の蜂」

読書好きな会社の後輩のAちゃんがオススメしてくれた本、東野圭吾の「天空の蜂」を読みました。この本、1995年に出版された作品らしいのですが、なぜに今おすすめしてくれたかというと、原子力発電所が舞台で、原発について書かれている作品なのです。なので、今、改めて読むと、ものすごくいろんなことを考えさせられるとのことで貸してくださいまして、読ませていただきました。(Aちゃん、ありがとう。)

http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Amazon
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">楽天市場
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Yahooショッピング
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -100px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">7net
by カエレバ


一言でいうなら、今読むべき本。いや、15年前に読んでおくべき本でした。これ、15年前に書かれていたなんて、その15年間、今回の地震と津波による原子力発電所の事故が起こるまで、自分が原子力発電に対して全く無関心だったことを心から反省しなくてはと思わされる本でした。

ストーリーは、ある重化学工業の倉庫から軍事用に開発された最新型のヘリコプターがテロリストに盗まれるところからはじまります。犯人は、ヘリコプターを遠隔操縦し、福井にある原子力発電所の真上でホバリングさせ、「今すぐに日本中の原発をとめなければ、ヘリを原子力発電所に墜落させる」という内容の脅迫状をおくりつけてきます。タイムリミットはヘリの燃料が切れるまで。燃料が切れてしまえば自動的にヘリは原発に落下する。要求を拒否した場合は、犯人が即座に原発にヘリを落下させる、そしてヘリが墜落すれば、原発は?地域一体の放射能汚染は?という状況。それに対する政府や警察、そして電力会社の対応が描かれています。しかし、そのヘリには犯人すら意図していなかった設計者の子供が乗っており・・・、その予定外の状況に対する犯人の要求、そして政府の対応、そして犯人の真意は?といった雰囲気の社会派サスペンス。かなり分厚い本なのですが、重すぎず軽すぎずなテイストと今、まさにタイムリーな内容であるということもあって、グイグイとストーリーに引き込まれ、すんなりと読み進めることができました。

この物語、原発を扱っているだけに、原発推進者、反原発の人、原発で働く人、原発の恩恵をこうむっている人、原発で迷惑をこうむった人、そして原発に無関心な人、本当にさまざまな立場の人が出てきます。それらの人々を描く作者の目線はきわめて中立で、物語の進行と同時にそれぞれの立場の人間が平等な目線で紹介されていきます。書き手が中立であるという点で、非常に好感の持てる作品でしたし、作者が中立であるがゆえに、読んでいる自分自身の良心を問いかけられる感じがします。誰の言い分が正しいのか?また間違っていると思うなら正解は何なのか?と考え、結果的に自分の原発に対する意識の低さを考えさせられる作品でした。

原子力発電の原理や仕組み、原子炉の構造や緊急時のマニュアルについても初心者にもわかりやすく説明を加えて描写してくれてあります。高速増殖炉というものがどういうものなのか、沸騰水型原子炉とどう違うのかとか、そういうことも素人にもわかるように説明してくれているので勉強にもなります。しかも、その危険性や危機管理体制の甘さも15年も前に書かれた本なのに既に作品内で指摘されている。実際、今、福島の原子力発電所がああいう状況になって知ったことって多い。「タービン建家」だとか「制御棒」だとかいう単語もこの本の中に出てきます。でも、今、テレビであれだけ図解しながら解説しているのを何度も見ているだけに、少しだけ頭の中に図を思い描きながら読める。だからこそ今、読むべき本。知った上でこの本を読めば、日本という資源のない小さな島国が電気エネルギーを生み出していくために頼った原子力発電について、ただ当事者たちを責めるだけでなく、自分たちの罪深さについても気づかされ、さらに深く考えさせられる。無関心であることが最も罪深い。知っておくべきことがある。知らないこと、知ろうとしないことの罪深さ、そんなことを改めて痛感させられる本でした。

| 読書 | 13:39 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

JOLLYさんの読書記事、本選びの参考にさせてもらってます。
東野圭吾の「天空の蜂」は、過去2度図書館で借りて、2度とも途中で挫折したまま返却していて、もう手にすることはないだろうと思っていました。
JOLLYさんの記事を見て、次こそは読めそうな気がしました。
テロリストとか現実離れしていると思っていたけれど、こんなにも身近な問題が盛り込まれた内容だったとは、読まずにいたことを後悔。
結末がどうなっているのか大変興味深いです。


| yuco | 2011/05/22 17:07 | URL |

>yucoさん

確かに、数年前だったら、専門用語もわからないし、ピンとこなくて挫折しちゃうのもわかるかも。
分厚い本だし。
たぶん、今なら読めると思いますよ。
人々のパニックの様子だとか、マスコミへの報道規制だとか、
むしろ状況が手に取るようにわかるので、怖さだとか、半端ないかも。
ぜひ、再挑戦してみてください。

| JOLLY→yucoさん | 2011/05/22 21:09 | URL |

無関心でいることの罪…

こんばんは。
JOLLYさんの日記やラムネとゆずちゃんのお写真を眺めv-10に時々お邪魔させていただいております。

JOLLYさんが「天空の蜂」について書いてくださってるv-237と嬉しくなり久しぶりにコメントでお邪魔いたします♪

東野圭吾氏の作品はたくさんベストセラーになってますが、私も今回の原発事故後、この作品のことを思い出し、すぐ読み返しました。。
うちの近所のいくつかの本屋さんでは、他の人気作品(ガリレオシリーズとか加賀刑事のシリーズとか。これもいいんですが)がズラッと平積みにしてあるのに、残念なことに「天空の蜂」はあまり前面に出してもらってないカンジです。。

おっしゃるように、今「天空の蜂」を一人でも多くの人に読んでもらえたらいいのに…と思うのですが~

以前読んだときも自分が「沈黙の群集」ひとりである事に恥ずかしさを感じ、これではいけない、と思ったのですが、何も調べることもなく動くこともなく……

やはり人間は一度刺されなければ痛みを実感しないのですね。
ようやく今まで無意識に享受していた電力というものやエネルギー政策について考えるようになり、国民の声として意見を送ったりしています。
そしてこれからも関心を持ち続けようと思っています。

「天空の蜂」は、犯人の本当の目的、心の内を思うととても切ない作品ですよね。
詳しい人によると、もう一人の犯人は三島由紀夫に関係してるとか。
色々な意味で作者の思い入れ深い、奥行きのある作品だと思いました。

| Arabesque | 2011/05/31 00:13 | URL |

>Arabesqueさん

こんにちは。
Arabesqueさんも「天空の蜂」を震災後に読み直されたんですかー。
本当に、今こそ、たくさんの人に読んでもらいたい内容です。
「人は一度刺されないと痛みを実感しない」というのは、本当にそのとおりですね。
「のど元過ぎれば熱さを忘れる」ようなことのないように、
本当にこれからしっかりとエネルギーについて考えなくてはと思います。

| JOLLY→Arabesqueさん | 2011/06/02 23:48 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT