FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

万城目 学(著)「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

予告どおりに万城目 学(著)「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」読了。

http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Amazon
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">楽天市場
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Yahooショッピング
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -100px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">7net
by カエレバ


猫のマドレーヌ夫人と、その飼い主かのこちゃん一家のほのぼのとしたお話です。ファンタジーという点では今まで読んだ万城目学作品と同じなのだけれど、テイストは少し異なっていて、全体的にホノボノとした日常といううか、ちょっと今まで読んだものとは雰囲気がちがっていました。ほのぼのとした読み物としては可愛らしくて、猫好き(犬も出てきます)としては癒されましたが、荒唐無稽っぷりとか、グイグイとひきつけるストーリーという、先を読み進めるのが楽しくてワクワクする万城目作品のテイストを期待すると、ちょっと肩すかしかもしれません。個人的にはこれはこれで、ほのぼの感が好きですけど。読んでいてニヤっとしたのが、「かのこ」ちゃんの名前の由来。鹿の子模様というのは鹿の美しい模様のこと。お父さんが鹿に勧められた名前だというくだり。かのこちゃんのお父さんは、あの鹿男!?と思わせるやりとりがあって、鹿男ファンとしてはニヤニヤしてしまいました。(笑) そして、かのこちゃん一家の暖かさには癒されます。お母さんもお父さんも、とても話がわかる人で、子供やペット(猫のマドレーヌや犬の玄三郎)にとても優しい。ペットを飼っている人のほうが共感しやすくてじーんとするかもしれません。

| 読書 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT