FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

IC東西狂言

先月見た万作萬斎新春狂言2006で、すっかり狂言&野村萬斎にハマってしまったワタクシは、関西の茂山家(公式サイト、こちら)の狂言を見たい!できれば人間国宝の茂山千作さんの狂言を拝見したい、そして、やっぱり野村萬斎ももう一度見たい!という複数の狂言願望をメラメラと燃やしていたのだけれど、その願望を一気に叶える夢のような公演「東西狂言」とやらを発見し、速攻チケットを手配して、本日行って来ました。大阪は大阪でも羽曳野市ってどこにあるの???というぐらい、我が家から遠い見知らぬ場所の会場でして、雨にもマケズ遠足気分でおでかけ。だって距離には変えられない魅力的なキャストなんですもん。

2月26日(日)IC東西狂言
■「三番三」
三番三/茂山逸平  
千歳/茂山童司 
笛/竹市学  小鼓/曽和尚靖・幸正佳・成田達志  大鼓/河村大
■トーク
  茂山千三郎×野村萬斎
■「鶯」
何某/野村萬斎   
飼い主/野村万之介
■「花折」
住持/茂山千作
新発意/茂山千之丞
花見の衆/茂山あきら・茂山千三郎・茂山正邦・茂山宗彦
佐々木千吉・丸石やすし


見てきて、あらためて、狂言って面白いなーと実感しました。今回は、野村さん一家の和泉流と、茂山さん一家の大蔵流の違った流派の狂言を同時に見れるという非常にいい機会で、途中の千三郎さんと萬斎さんとのトークでは、和泉流と大蔵流の両方にある演目で、どれぐらい違いがあるかを示すため、お二人が同時に同じ歌で舞を披露してくれました。同じ歌詞なのだけれど、音程が違っていて、ちょっとした合唱のよう。舞などは、同時に踊ると、違いが歴然。まるで意図して別の振付をしているかのように違うのだけれど、足拍子のタイミングなんかは全く同じだったりして、面白いなーとしみじみ感じました。
冒頭の逸平さんの「三番三」は、威勢が良い舞に魅了されました。やはり古典芸能って、バレエと同じで、型があって、それをきっちりと計算しつくされた様式美の中で演じるので、非常に美しい芸術だなーと思いました。あのお腹の底から出すヨォー!という掛け声と、鼓の音も心地よいですね。
そして、茂山一家の勢ぞろいした最後の「花折」は、非常ににぎやかで楽しかったです。千作さんも千之丞さんも80歳を超えておられるとは思えない声量。いやはやステキすぎます。萬斎さんの「鶯」も面白かったけれど、今日は、どちらかというと茂山一家に魅了されて帰ってきた感じ。関西だから、茂山一家も応援していかなくちゃ。というわけで、私にとっては、2005年のバレエブームに続き、平行して2006年は狂言ブームも到来といった状態です。ちなみに本日の参加メンバーは、前回&落語の時と全く同じ。もうすっかり“古典芸能を愛する会”が結成されてしまいました。今度は、どの狂言公演を観にいこうかなー。

| 観劇・狂言・落語 | 20:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨日はどうも~(こちらでもお久しぶりです)
私は昨日 初めて狂言を観ました。
萬斎さんは、前から好きやったんやけどね。v-10
でも昨日は、芝山一家の方がおもしろかったね!
『七つになる子』も東西で違うのが興味深かったです。
また行ってみたいので、なにかあったら誘ってね!
バレエも興味があります~

| Gioia | 2006/02/27 13:22 | URL |

>Gioiaさん

お久しぶりです。
まさか、あそこで会うとは!奇遇でした。
皆、萬斎さん、お好きなんですね。
『七つになる子』おもしろかったですよね。
バレエにも興味がおありですか!?
ぜひぜひ、御覧になってみてください!
関西だと、近々、熊川哲也の「ジゼル」が発売されますよー。

| JOLLY | 2006/02/27 21:20 | URL |

私も一度でいいから、狂言を観てみたいです。
日本人なのに、伝統芸能を知らないなんて情けないですから。
しかしJOLLYさんてば多趣味!
色んな事に目を向けるっていい事ですよね。

| じぇいるばーど | 2006/02/28 00:45 | URL |

じぇいるばーどさん、ぜひぜひ、狂言デビューしてみてください!
いろんな古典芸能のなかでも落語と狂言は、わりと親しみやすくて、はじめてでも、十分楽しめると思います。(私もどちらも2回しかみたことないですから。)
野村家だと、関西では、4月に琵琶湖ホールで、5月5日に奈良の東大寺で公演があるそうです。(どちらも万作さんと萬斎さんが出演なさるみたい。)茂山家は、関西でたくさん公演しておられれますよ。こちらは、やはり京都が多いかな。

| JOLLY | 2006/02/28 01:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jollyjournal.blog15.fc2.com/tb.php/249-24573b2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT