FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アルバム「Beautiful World」 の感想

10枚目のオリジナルアルバム『Beautiful World』が発売されました。家に帰って開封したら、1枚のディスクに18曲も入っていて驚きました。ディスク1枚で収まるんですね。1枚に収めてあると一気に聞けるからありがたい。

http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Amazon
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">楽天市場
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Yahooショッピング
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Yahooオークション
http://img.yomereba.com/kl.gif') 0 -100px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">7net
by カエレバ


今回のアルバムタイトルは櫻井案だそうで「(大震災を踏まえて)アルバムを聞いてくれた人たちに待つ未来が『Beautiful World』でありますように」という願いを込めて、このタイトルを提案したとのこと。スローバラードがなくて、アップテンポの曲が結構多い?全体としては媚びていない曲が多い(=アイドルアイドルした曲が少ない)なという印象。笑顔を封印するかのようなシリアスモードな曲が多いし、大震災を受けてということもあり、コンセプトは祈りだったり願いだったり希望だったり心の支えだったりで、ひとつの方向を向いてまとまっている印象を受けました。このアルバムから作りあげようとしているライブを想像すると、「一緒に楽しむ系」ではなく「魅せる系」でライブを作り上げていくのかな?個人的には、お手振り封印の「魅せる系」は大歓迎。

以下、各曲の感想。

(※あくまで一個人の感想です。一個人の感想であることや個人の嗜好を割り切って受け止められない方、冗談の通じない方は、この先は御遠慮ください。)












◆Rock this
なんとなく「Dream-A-Live」のツアーのオープニングを思い出させるようなイントロ。硬派な曲でカッコイイ。それにしても相葉さんのラップ「じわりと迫りくる my crew」のぎこちないことといったら。(苦笑)キーが低くて苦しそうだし、無駄に舌巻いてるし。(苦笑)「あなたがたの前じゃ誤魔化せんぜ♪」って自分で言ってるけど、本当に誤魔化せてないよ。(笑)


◆まだ見ぬ世界へ
これは、先日発売されたドーム版のDVD『ARASHI 10-11 TOUR "Scene"〜君と僕の見ている風景〜 DOME+』のDISC3に収録されているPVをみて振付にかなりテンションが上がった曲。とってもお気に入り。相葉さんが素敵だったことは言わずもがな、それより何より、あんなにキレキレで踊る大野さんを見るのって、一体いつぶり? Cちゃんも「久しぶりに智のダンスでテンション上がった!!!リピートが止まらない」って速攻電話してきたぐらいに、大野さんのダンスの魅力があふれてた。(できればあのPVはモノトーンのほうだけで全編みたかったぐらい。)ダンスを抜きにしても、サクラップから伝わってくるメッセージや歌詞が、今の嵐からのヲタクたちへの意思確認みたいになっているから、歌詞をかみしめて聞くと、さらにジーンとする。「上を向き stay with me」とか「I promise you」とか。とくに最近若干下を向きつつ stay with youしようとしていただけにね。(苦笑)


◆Løve Rainbow
当時は怒涛のリリース続きで、じっくり味わう余裕もないまま消化されていった曲でしたが、1年たった今、改めて聞くとキャッチーで可愛い曲だなと思う。とくに今回のアルバムの中に入っていると、妙に親しみやすくてホっとする。「夏」の印象が強いので、今の季節に聞くと去年の夏を自然と思い出します。


◆always
なんだか相葉さんのソロパートが罰ゲーム的というか、失笑ポイント的に感じるのは私だけ?「きっと時代が変わっても季節は巡り来るだろ」って、もう聞いてるだけで手に汗握るんですけどー。(苦笑)


◆Shake it !(松本ソロ)
どうしよう、これ、妙に好きだ。しぇけ♪しぇけ♪が頭から離れない・・・。viva!鼻声封印! そこはかと漂うヒロミGO的な一昔前っぽい空気と、みんなでノリノリになろうぜぃ!的な空気が楽しい。ライブでは、「Count Down♪」の後の途中の妙な間があくところで、ウインクいれてニヤっと笑ってギャーな反応を待つに100しぇけ。


◆虹のカケラ〜no rain, no rainbow〜
ほのぼのとした曲ですね。スマ兄さんの代表曲っぽいな。


◆Dear Snow
この曲を聞くと「旦那は意地悪だ!」と言いたくなる。そして「それでも愛しい人よ~♪」という歌詞を聞くと、某所で出会った名も知らぬ気の毒なチョンマゲGIRLを思い出す。(わかる人にしかわらからないエピソードでスミマセン。)


◆Hung up on(大野ソロ)
あ、櫻井ソロが始まった?と思いきや、大野ソロだというこの冒頭のフェイント山コラボ。(苦笑)大野さんが、ライブで眉間に皺をよせて、ヘッドセットのマイクを左手でいじりながら歌う姿が既に目に浮かぶ・・・。(笑)それにしてもぶれない嗜好というか、相変わらず「無機質」な曲ですね。(苦笑)大野さんが自分で選ぶソロ曲(※今回のソロ曲はスタッフ提案だそうですが)って、総じてどれもこれも「無機質」な印象。ベクトルが自分自身の内側に向かっているのでしょうか? 若干、聴衆おいてけぼり的な曲が多いよね。(苦笑)今回は、それに加えて英語まじりな歌詞のせいで、さらに聴衆おいてけぼり感が強いような・・・。(苦笑)例えるなら真冬に激しい滝にうたれて本気の修行をしている僧侶を、うっかり見てしまった完全防備服の観光客みたいな、テンションの違いによる疎外感というのでしょうか、どうも「置いてけぼり」な感じが強くて、さすがの大野さんの美声をもってしても、途中でついついSKIPボタンを押してしまう曲だったりします。(苦笑)アップテンポの曲なので、美しくキレキレで踊ってくれるんだろうな思うとテンションが上がらないわけではないのだけれど、日常生活の中で耳だけで聞くには、このアップテンポなリズムとリフレインがしんどい。まあ相手は「不屈のFighter」だから、SKIPボタンを押す私の指の存在なんて、全くなんとも思っていないでしょうけれど。(苦笑)

◆Joy
先日発売されたドーム版のライブDVDのDisc3 嵐の強化合宿「録る」にて収録風景が収められておりました。「ひびひびひびひびひびかせながら♪」のところは、会場全体のヲタクが、相葉さんの方を向いて指を折るのがデフォですよね?(ニヤリ)


◆どこにでもある唄。(二宮ソロ)
えーーっと、これは二度目の肺気胸をやっちゃった彼に捧げるバラードなんでしょうか?(笑)(←※そうでないことは百も承知の上で言っております。)作詞・作曲:二宮和也とのことなんですが、「ほら、息を~♪吸って♪吐いて♪生きている~♪」とか、もうあまりにも肺気胸をやっちゃった彼にぴったりすぎて、笑えてくるやら泣けてくるやら。(笑)ライブでやるなら、ステージの横にでも彼を立たせておいてほしいぐらいです。その場合、私が双眼鏡でガン見するのは歌ってる人ではなく立たされて聞いている人になること間違いないのだけれども・・・。それにしても、この曲のタイトルは『過度な謙遜は逆に嫌味』の典型だよね。いかにも彼らしいちゃー彼らしいけれど、本心では「どこにでもある」なんて思ってないんだろう?ってツッコミたくなる。(苦笑) ところで、二宮ヲタク界では、やはり「他人の作った曲を歌って踊る二宮」よりも「自作自演の曲を歌う踊らない二宮」のほうが支持率高いの?私としては「自作自演の曲を歌う踊らない二宮」<「他人の作った歌であろうが歌って踊る二宮」なんだけど。(苦笑) 珍しく踊った二宮ソロ(Gimmick Game)がDVDとして映像化されて残っていないのが、いまさらながらに恨めしい・・・。


◆negai
この曲は、1週間前の〝あいばか”のテーマ曲だと思います。(断言)「願い♪ひとつ♪星じゃなくて♪あなたにそっと祈る~♪ だって♪それは♪あなただけが起こせる♪奇跡だから~♪」とか「願い♪ひとつ♪星じゃなくて♪あなたにそっと祈る~♪ だって♪君の♪笑顔だけが起こせる♪奇跡だから~♪」って、あまりにもここ1週間の気分にドンピシャ。ただ、この曲、唯一苦手なのが間奏に入るバイオリン(?)の音質。どうにもこうにも、この機械的な質感が嫌。もうすこし温かみのある音色だったら良かったのに・・・。


◆Lotus
この曲は、この先、ずっとヲタク界では「るーたす」と呼ばれるんだろうな。(苦笑)震災後は、相葉さんのドラマの主題歌という印象が薄れ、私には福島で働く原発復旧作業員さんたちのテーマ曲にしか聞こえなくなってきています。(苦笑)


◆「じゃなくて」(相葉ソロ)
おお!今年はJAZZアレンジですか!(驚)そして今年もチャライバマサキ健在。(笑)切ない片思いの歌なのに、なぜだか超チャラく聞こえてくるあたりが、相葉マジックだね。お持ち帰りソング(※「Secret Eyes」のことです)並にチャラい後味にビックリです。それにしても、こんな風に相葉さんを振り回せる女が羨ましい。(遠い目)ここ最近の相葉ソロは想像のナナメ上を行くものが多く、脱マンネリ化してくれているので個人的には大満足です。今年のソロも好き。ライブでは「じゃなくって!」と「じゃなんで?」でC&Rができるのかな?(嬉)


◆morning light
ギリギリでいつも生きていたい人たちの曲みたい。なんとなく。大野さんのフェイクは大好物ではあるのだけれど、あえて言う。智、うるさいよ、智・・・・・。


◆To be free
ああ、コンサートが終わってしまう・・・・というイメージ。(苦笑)


◆このままもっと(櫻井ソロ)
ヒィイイイイイイーーーーーーー。何!?このスウィーーーーーートなテイストは!?!?!?!去年、あんなにツンツンとがっていた櫻井さんが、なんというイメージチェンジ!!!!!!!!!!!!(驚)今年のギャップ王だ。一体、何回「I Love you」って言えば気が済むんですかーーーーーーーーーーー???


◆果てない空
この曲は震災復興応援ソング的に2011年になってまた注目を浴びておりますが、本当に気持ちがドン底のときに聞くと、かなり励まされる。2010年、私自身、プライベートではいろいろあって、自分の人生の中でもトップ3に入るぐらい精神状態がドン底まで落ちた状態だったときが、この曲がリリースされた時期とかさなり、何度も何度も歌詞をかみしめて涙目で聞いていたので、思い出の曲だったりします。


◆遠くまで
日本航空『嵐で、JALで、夏旅。』CM曲。爽やかで嵐っぽいね。

| 音楽 | 23:05 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/07/08 02:01 | |

面白かったです

Beautiful Worldの一曲ごとの感想、面白かったです。照らし合わせながら聴きこみました。
共感したり、なるほど~と思ったり・・・。とにかく楽しめました。

| まっころ | 2011/07/09 00:43 | URL |

>秘密のコメントの方

コメント&プチ情報どうもありがとうございます。
そうだったんですね。
そして共感していただけて妙に嬉しかったりします。


>まっころさん

コメントどうもありがとうございます。
感じ方は人それぞれなので、いろんな人のツボをきけば、
またいろんな新鮮な発見があるかと思います。
私のは「あいばか」目線でしかないので。(苦笑)

| JOLLY→ 秘密のコメントの方、まっころさん | 2011/07/09 08:46 | URL |

私も

私もアイバカです♪だからJOLLYさんのブログにたどり着いたんですよ。
これからもよろしくお願いします。

| まっころ | 2011/07/09 09:29 | URL | ≫ EDIT

にのそろ

今回の二宮さんの歌は被災地の方へ向けたものでしょうね。
本人は否定しそうですが。

| きらら | 2011/07/09 09:34 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/07/09 10:14 | |

>まっころさん

アイバカさんなんですか。
それはそれは・・・・(以下自粛)。
私は、しょっちゅう毒を吐きますけど、
そんなワタクシでよろしければ、どうぞよろしく。


>きららさん

おそらくそうでしょうね。
それをあえてゆがめて解釈するのが、
ひねくれたあいばか流の二宮ソロの楽しみ方なのです。(笑)



>秘密のコメントの方

好き勝手に書いてるだけなのに
楽しんでいただけたようでなによりです。
ライブでどんな風に演出されるのか、本当に楽しみですね。

| JOLLY→まっころさん、きららさん、秘密のコメントの方 | 2011/07/21 21:18 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT