FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一昨日のN響アワー

一昨日のN響アワーを録画していたので、おくればせながら鑑賞。いつも毎週録画にはしてあるのだけれど、興味がない回やバタバタしているときは見ないで消すことも多いのですが、一昨日の放映は辻井伸行氏のピアノだったし、曲もチャイコフスキーのピアノ協奏曲1番だったし(指揮は外山雄三氏)、しっかり再生。辻井伸行氏がピアノを弾く姿をじっくりと集中して見たのは初めてだったのですが、指が伸びたままの状態で弾くので驚きました。普通、ピアノって卵を持っているような状態で指を曲げて弾くものだと思っていたので。それでも肩や腕はすごくリラックスしていて、力を入れて弾いているような雰囲気は微塵もないのに、その伸びた指先で押す鍵盤からは、けっこう力強い音が出てくるのだから不思議。そんな辻井伸行氏のピアノの音色はとても瑞々しくて若々しい印象。穏やかで落ち着いた雰囲気のチャイコンでした。辻井さんが、演奏の後のインタビューで、「弾いているうちに夢中になってしまってリハーサルと違うことをしてしまったのだけれど、オケがピタっとあわせてくれた。今日演奏できてとても幸せでした。」みたいなことをおっしゃっていたのだけれど、本当に弾いている最中も弾き終えた後も、そして聞こえてくる音色も、ピアノを弾いていることが本当に幸せだということが伝わるような演奏でした。一つのことに夢中になれる、ここまで一つのことが「好き」だという気持ちをブレることなく持ち続けられるって羨ましいと感じさせられた演奏会でした。

debut
debut辻井伸行

avex CLASSICS 2007-10-24
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
マイ・フェイヴァリット・ショパン 神様のカルテ ~辻井伸行 自作集 感動のショパン~ヴァン・クライバーン・コンクール・ライヴ 感動のヴァン・クライバーン・コンクール・ライブ 展覧会の絵

| 音楽 | 19:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT