FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

週末はバレエ三昧

4230811522_20110917155016.jpgこの週末はバレエ三昧の至福の時間を過ごしておりました。昨日お知らせしたNHKのテレビ放映ももちろんのこと、西宮の兵庫県立芸術文化センターにてボリショイバレエの来日公演を2公演、2日連続で見に行っておりました。今回の関西公演の演目は「ライモンダ」と「白鳥の湖」。セット券を買うとオトクなので、セット券を買っていたのですが、セット券って座席も優遇されているのか、もう、それはそれは素晴らしく見やすい席で、レベルの高いバレエ団の全幕ものを全身で味わってきました。全身でというのは、今回、オケもボリショイ管弦楽団だったのです。なので、いつも関西のバレエ公演で聞いているようなオケとはレベルが格段に違い、もう耳でもうっとり、目でもうっとり。これも「スパルタクス」とハチャトリアンのおかげです。関西では「スパルタクス」は上演されなかったので、名古屋まで行こうかとも直前までは思っていたのだけれど、風邪をひいてあえなく断念。「ライモンダ」と「白鳥の湖」だけ見たわけですが、まずボリショイバレエ団のダンサーの層の厚さに感動。これからの成長が楽しみな若手がたくさん。素晴らしいなーと思ってパンフレットをみたら、まだプリンシパルじゃない人だったり、このレベルでまだプリンシパルじゃないんだーと驚くぐらい。(なんちゃってエトワールだらけのPOBとの差は何なんでしょうか?)

今回の関西公演、「ライモンダ」はライモンダがアラシュ、ジャン・ド・ブリエンヌがヴォルチェコフ、アブデラーマンがドミトリチェンコ。「白鳥の湖」は、オデット&オディールがルンキナ、ジークフリートがチュージン、ロットバルトがバラーノフ、そして道化が岩田守弘でした。(バレエブログのほうにキャストの詳細記載済。ライモンダはこちら白鳥の湖はこちら。レビューもいずれアップ予定。ただし予定は未定。)岩田さんは今シーズンで引退されるので、ボリショイバレエ団の岩田さんを日本で見れるのは今日が最後だったのですが、まさしく有終の美。それはそれは素晴らしい跳躍と回転とチャーミングな雰囲気の道化で会場からはブラボーの嵐でした。ライモンダのアラシュは指先と手の使い方がとても丁寧で美しく、ちょっとキリリとした踊りをするカッコイイ系のバレリーナ(さすがにアレクサンドロワほど男前な踊りではないけれど。(笑)ヴォルチェコフは、その昔、2008年、私がパリに「ライモンダ」を見に行ったときにちょうどボリショイからの客演でアレクサンドロワと一緒にパリで踊ったダンサー。当時見た友人たちからは酷評されていたけれど、さすがに5年も経ちヌレエフ版ではない踊り慣れたグリゴローヴィッチ版だと、全く不満を感じさせない王子っぷりでした。(個性は薄かったけど。苦笑)、ドミトリチェンコのアブデラーマンは大好き!グリゴローヴィッチ版のアブデラーマンは、ロイヤルの眠りのカラボス的な存在で強烈なんだけど、その濃さがなんとも迫力があって素敵でした。ダウエルさんのカラボスをほうふつとさせるようなキャラ。(笑)ルンキナの白鳥は前回の来日公演(2008年12月)に降板した白鳥以来(=ルンキナが降板してアレクサンドロワが踊ることになった)だったので楽しみにしていたのだけれど、期待を裏切らず、高貴で美しく、感情表現もゆたかだし、腕の動きはまさしく鳥で素敵でした。そして、私のハートをわしづかみにしたのがジークフリートのチュージン!ウヴァーロフが引退してから私のロシアの王子様はいなくなったと嘆いていたけれど、見つけたよ、新しい王子様!チュージンの踊り、もうめちゃくちゃ好み。ルグリ好きな人、マルティネス好きな人は絶対好きだとおもう系統です。まず、とにかくノーブルだし踊りが優しい。サポートのエレガントさは、ルグリ好きのツボをくすぐるはず。バレリーナを壊れものを扱うように丁寧にサポートし、かつソロパートでは素晴らしいテクニックを披露してくれる。滞空時間の長いジャンプ、無音の着地。ひさしぶりに「ノーブルとはかくあるべし!」っていうダンサーを見つけた。嬉しい~。そして、やっぱり全幕ものって楽しい!!そして「白鳥の湖」は奥が深くて面白い!と改めて実感したので、6月のニーナ・アナニアシビリの最後の「白鳥の湖」(クルジアバレエ団)と、琵琶湖ホールでのシュツットガルトバレエ団の「白鳥の湖」もチケット買うことにしました。今年の年末にはマリインスキーバレエ団も来日公演を予定しているらしい。こちらはオケも来日するみたいだし、演目とキャストが気になるところ。関西に白鳥の湖をもってくるのであれば、オデットはロパートキナでお願いします。(祈)

| バレエ | 22:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT