FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東野圭吾(著)「プラチナデーター」

東野圭吾の「プラチナデーター」を読みました。こちらの作品、二宮和也主演で映画化が発表された(2013年公開予定)ことでも話題の作品。映画を見る前に原作を読むか、映画を見てから原作を読むか、人によって好みは分かれるとは思いますが、私はネタバレは全く気にしないし、何事においても先に本を読んでおきたい人なので、ためらうことなく読みました。

by カエレバ

プラチナデータ

東野 圭吾 幻冬舎 2010-07-01
売り上げランキング : 950
http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 0 no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">Amazon
http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -50px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">楽天ブックス
http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -100px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">7net
http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -150px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">bk1
http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -200px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">ブックオフ
http://img.yomereba.com/yl.gif') 0 -300px no-repeat;padding: 2px 0 2px 18px;white-space: nowrap;">図書館
by ヨメレバ


とても面白かったです。ストーリーは、DNA鑑定により犯罪の検挙率が高まった社会を舞台に展開されます。国民のDNA情報を国がコンピューターで管理することのメリットを解き、それを推進していこうとしていた警察庁特殊解析研究所の主任解析員。そんな彼自身が、そのシステムの落とし穴に落ちていく。

実際の社会とは違う設定ゆえ、ある意味ファンタジーでもあるのだけれど、ただのミステリーではなくて、実際に起こり得りそうな未来を見据えた設定から、社会的な問題定義が含まれているあたりが、さすが東野圭吾だなーと。読みながら、データーを国が管理することのメリットと、読む側のモラルや思想を問いかけてくるような構成になっているけれど、小難しいわけではなく、ちりばめられている謎にグイグイと引き込まれて、続きが気になって一気に読めました。

登場人物は複数でてくるのですが、メインになるのは警察庁特殊解析研究所の主任解析員の神楽龍平と警視庁捜査一課警部補の浅間玲司。神楽龍平は二重人格者で、もう一つリュウという人格を持っており、その二つの人格と折り合いをつけるために精神科で診療を受けているという設定。その二つ目の人格だったり、仕組まれた陰謀だったりが興味深くて面白い。映画では、神楽を二宮和也、浅間礼司を豊川悦司が演じるとのこと。私の神楽のイメージは二宮和也ではなかったんだけれど(二宮だとソフトすぎる印象。)、またうまく化けてくれることに期待しつつ・・・。 浅間も本から抱いたイメージは豊川悦司ではなくて、もっと泥臭いイメージ。織田裕二みたいな感じ。でも織田裕二は二番手では出てくれないか。(苦笑) 個人的に興味があるのは女性陣。アメリカから派遣されてくるデキる女と、不思議少女のスズラン。こちらの配役も気になるところ。不思議少女のスズランは、綾瀬はるかちゃんがいいなーなんて願いつつ。(言霊~、言霊~。)

とりあえず、ファンタジー要素もあるだけに下手したら安っぽくなってしまう恐れもある作品だと思うので、見ごたえのあるキャストによる芝居対決と原作にまけない映像化を期待しております。でも公開は2013年なんだよね。まだまだ先だなー。(苦笑)

| 読書 | 20:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT