FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海堂尊(著)「チーム・バチスタの栄光」上・下

海堂尊(著)「チーム・バチスタの栄光」上・下を読みました。読書家の友人が、このシリーズ面白いよと言っていたのが妙に気になっていたのです。

テレビドラマ化されていたことは知っていたのだけれど、とりあえず医療物の推理物であるということ以外、どんな話なのか全く知らないままに読んだのですが噂に違わず面白かったです。本自体は、長編小説好きな私としては、上下巻に分ける理由がわからないぐらい薄っぺらい文庫本2冊なのでスイスイと読めました。医療用語や専門用語は、わからないなりにもなんとなく雰囲気は伝わるので、さほど苦でもなく、そして描かれている医療現場(この物語の舞台は大学病院)の現実は、以前読んだ夏川草介(著)「神様のカルテ」と同じく、医療現場の労働条件の過酷さを訴えているようにも思えます。登場人物のキャラ設定が明確なのでドラマ化しやすかっただろうなーと改めて思いました。田口&白鳥コンビが面白かったので、続編の「ナイチンゲールの沈黙」も読んでみるつもり。

| 読書 | 18:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT