FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮部みゆき(著)「魔術はささやく」

最近、宮部みゆきの著書ばかり読んでいた私に読書仲間の友人が貸してくれた本。宮部みゆき(著)「魔術はささやく」。貸してくれた本人は「まぁまぁです。強くは勧めません。」と言っていたのですが、せっかくなので読みました。こちらの本、1989年(平成元年)日本推理サスペンス大賞受賞とのこと。

魔術はささやく (新潮文庫)

宮部 みゆき 新潮社 1993-01
売り上げランキング : 26344
by ヨメレバ


いわゆるサスペンス物です。3人の独身美女が次々と謎の自殺を遂げる。一見すると全く関係のなさそうな一連の自殺、しかしその3人の女性には共通点があり・・・。といったところから始まる物語。これ、読み始めて気づいたのだけれど、私たぶん大昔に読んだことがあるような気がします。その女性たちの共通点の部分を読んだときに思い出しました。(遅)書かれた時代が古いので、やはりミステリーとしてのトリックも古い印象。書かれた当時だったら衝撃的というか新鮮だったのかも。ネタバレになるから多くは語れないけれど、こんな風に人を操れるって怖いけれど、実際のところ、どこまでリアルなんだろうね? そして「一途」という名の「思い込み」って怖いなーと。いろんな世界で見受けるだけにね。(苦笑)

| 読書 | 21:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

JOLLYさんこんにちは!大阪から失礼します。
読んだことのある本だったのでコメントさせていただきました。

トリックのリアリティや信憑性については怪しい気もしますが、
個人的には結構好きです(^^)
ミステリーというよりひとつの読み物として楽しんだからかもしれません。

一途という名の思いこみ、なんだか含蓄のあるお言葉です。

| ふくみ | 2012/05/11 22:10 | URL |

>ふくみさん

こんにちは。
宮部みゆきは、トリック云々より人情物語的なところも多いから読みやすいですよね。
基本的には私も好きです。
宮部みゆき好きなら、ぜひ「ぼんくら」シリーズを読んでみてください。
「おまえさん」に出てくる5人兄弟の3男坊の淳三郎さんは、気象系の上から3番目の彼がモデルですし。

一途という名の思いこみ、いろんなヲタク界でもよくみかけませんか?
そのたびに不気味に思うことが最近多々あるんですよね。(苦笑)
そういうことも含めての記述です。
まさに、含蓄のある言葉に気づいてくれてありがとう。(笑)

| JOLLY→ふくみさん | 2012/05/13 22:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT