FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我が宿敵の誕生日2012

6月17日といえば、我が宿敵の誕生日。“永遠の17歳”なんて呼ばれていた彼も、今や頭皮が心配な29歳。(苦笑)月日の流れるのは早いものです。そんな宿敵の誕生日当日に気象系5人揃って東京ドームでイベントなんてことをしてくれたもんだから、無駄に倍率が上がるわで涙を飲んだ人も多かったのでは? ある意味、罪な男ですね。そんな2012年6月17日は、偶然にしてベイスト(←二宮ラジオ)も500回記念なんだとか。なんだか今年はいろいろ重なって賑やかなバースデーですね。そんなバースデーに便乗して私も仲間たちと集まってお祝い。


今年も黄色いケーキを用意しました。某店のマンゴーのタルトです。
29のキャンドル乗せるまえに写真をとってしまい、
改めて29をのせて撮り直しました。

今年は、まさかまさかの金髪で迎える29歳のバースデー。昨年の同じ日に「頭皮と髪の毛を大切にしてください。」と願ったというのに、その願い空しく、相変わらず無茶をしておられる様子に胸が痛みます。自分の意思なんだか事務所の意思なんだかわかりませんが、その金髪は本当に頭皮によくないと思うぞ。「(金髪に染めるときは)頭皮が燃えるように痛かった」と言っておられましたが、それだけ頭皮が痛めつけられているわけで、それはただでさえ弱っている貴方の毛根には非常によろしくない状況だと思われ・・・。去年の国立のライブ映像でも、雨に打たれた貴方の頭髪の貧弱さにハラハラさせられた(と同時に、同じ雨に打たれていたというのに髪の毛1本の乱れもなかったリーダーの頭髪にもビックリ。あれは防水スプレーでもかけていたのか?という疑念さえ浮かぶ超人レベル)ものですが、弱り目に祟り目といわんばかりのさらなる金髪の追い討ちだなんて、30歳を迎えるまでに薄毛が進んでいませんようにと、今年もひたすら祈るばかりです。

我が宿敵なだけあって、相変わらず隙あらば主張してくる“相葉大好き”アピールや“オレだけが知ってる相葉”自慢は健在のようで、私もすっかり心が広くなり、貴方のそういう姿を目にするにつけ、今では失笑を浮かべるほどにまで心が広くなりました。頼んでもいないゲームを買ってきてお会計まで任せて甘えるあたりも「こんなことしたって相葉に許してもらえる俺って凄いだろ?」オーラーぷんぷんでイラっとする部分もなきにしもあらずでしたが、そんな貴方の相葉自慢のおかげで、「そこまで懐の深い太っ腹なダーリン素敵♪」と、さらにダーリン愛が深まったことをお伝えしておきますね。私とダーリンにとって“子はかすがい”ならぬ“二宮はかすがい”(笑)

基本、貴方が「“オレ、相葉のことなら何でも知ってるぜ!”自慢」が大好きだということは、かねてより存じ上げておりますが、先日も「相葉さん、こう見えてせっかちだから。」なんてプチ情報を得意げに披露してみせるレベルなら微笑ましく見守れるのですが、「ひみつの嵐ちゃん」のシェア・ハウスの吉瀬美智子ゲストの回では、真ん中に相葉を座らせて、その隣をちゃっかりとキープするあたりだとか、「三毛猫ホームズ」のドラマのキスシーンをオンエアー前にチェックして既に把握していたり、「三毛猫ホームズ」のドラマで相葉とキスした吉瀬美智子に闘志剥き出しなあたりとか、もう夫の浮気を責める新妻レベルにしか見えないほどに、あからさますぎてちょっとビビります。(苦笑) そのスタンスが最近は「オレ、嵐のことなら何でも知ってるぜ!」レベルにまで広がっていて、最近では相葉さんのみならず、松本さんがらみでも自分が把握していないことがあったら、ものすごい目玉をギラつかせて真偽を追求しておられる様子を見るにつけ、「リアル友達でこういうタイプがいたらめんどくさそうだなー。」と思いながら拝見しておりますが (ちなみに櫻井さんも「オレ、大野智のことなら何でも知ってるぜ」アピールが強い人だし、「大野智について知らないこと」に対しての動揺が隠せない人ですが、なぜか櫻井さんの場合は微笑ましく受け止められるのは、相葉が絡んでいないからか?はたまた私が山フェチだからなのか?自分でもよくわかりません。) 、「嵐にしやがれ」で、松本さんが「明日地球が滅びるとして最後に食べたいものは?」という質問に「俺、スキヤキ!」と嬉しそうに語った瞬間に「そんなの初めて聞いた!そんなにスキヤキが好きだったなんて今まで一度も聞いたことない!」と松本さんに突っ込んで、あの松本さんすらを照れさせてタジタジにしてしまう様子を拝見していると、その「嵐について知らないこと」への執着心に逆に惚れ惚れさせられました。常日ごろから “嵐を攻撃するものに対する警戒心”の強さを感じさせる貴方だけれど、これからも、誰よりも“あいばか”で誰よりも“嵐大好き”な貴方のまま、“貴方の大好きな嵐&相葉”を彼らに一番近い場所で守ってあげてください。そんな貴方に負けないように、こちらも静かな愛情を遠くからいっぱい注いでいきたいと思います。

| 誕生日 | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT