Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬場は、これ無しでは生きていけない

冬場は、これ無しでは生きていけないといっても過言ではないぐらい愛用しているのがシークレットインヒール。脚長効果バツグンだし、身長盛れるし、もはや手放せません。レインブーツ、ムートンブーツ、ミネトンカのフリンジブーツ、ジョッキーブーツなど、ペタンコ系の手持ちのブーツ類、またヒールがあっても若干低めで物足りないブーツ類、ロングブーツからショートブーツに至るまで、ほとんどに入れて使っています。

かなりいろんな物を試してみたけれど、たどりついたのは、高さを調整できるものが最強という結論。というのもブーツって甲回りの高さがそれぞれメーカーや型やデザインによって違うので、盛れる高さも甲の高さに制限されることが多く、中に入れてみて初めてシックリくる高さというのがわかるので、調節できるに越したことがないのです。適当に買って中に入れてみたら足の甲が入らなかったものや、もう少し高さがあってもよかったなーと感じるものやら、試してみたら予想外の高さで落ち着くことがしょっちゅうで、一番便利だったのがこの調整できるタイプのインソールだったのだ。とりわけお気に入りが、このエアー入りのハーフタイプとシリコン製のかかとだけのタイプ。

やはり靴に入れて使うものだから衛生的なことも考えると布製とか布張りのものは抵抗があって、極力丸洗いOKな素材で探していて辿りついたのがこの二つ。最初のうちは1つのインヒールを履くと決めたブーツに毎回入れ替えて使っていたのだけれど、だんだん入れ替えるのがめんどくさくなってきて、ネットで買えば送料を入れてもソニプラやシューズ専門店で買うよりも断然安いので、今やもうまとめ買いして、基本ブーツ1足に1つのインソール固定で使っています。




なぜエアータイプとシリコンタイプの二種類を使い分けているかというと、私、もともと甲が高いのでエアー入りタイプだと入らないブーツがあって、そういうのにはシリコンタイプだと入るので、。あとシリコンタイプは前すべりしないから、もともとヒールのあるものに入れる際には前すべりしないから履きやすいのです。エアー入りやシリコンタイプって衝撃も結構吸収してくれるから1日中入れて歩いても疲れないし、本当にペタンコ系ブーツには手放せない存在。今年もお世話になりまーす。


他のショップでもいろいろ取扱いあり。

| | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT