FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三浦しをん(著)「舟を編む」

三浦しをん(著)「舟を編む」を読みました。本屋大賞にノミネートされた頃からずっと気になっていたのですが機会に恵まれず、文庫化されるまで待とうと思っていたのだけれど、妙なタイミングで読むことに。(笑)

舟を編む

三浦 しをん 光文社 2011-09-17
売り上げランキング : 546
by ヨメレバ


舞台は出版社。辞書を作る人たちを描いた小説です。出版の世界、とりわけ辞書となると全く知らない世界のことなので、非常に興味深く、そして辞書作りに情熱を傾ける人たちの人間模様が微笑ましく、またそれらの登場人物もみんな愛すべきキャラで、読んでいてとても楽しい本でした。1冊の辞書を作りあげるということが、こんなにもたいへんなことだと初めて知りました。言葉のチョイスはもちろんのこと、紙質などへのコダワリ、企画から出版にかかる年月など、たかが辞書、されど辞書。今まで雑に使っていた辞書(最近はほとんど使わなくなってしまったけれど)が急に大事なものに思えてきました。ボリュームも気軽に読むには、ちょうどいい感じで簡単に読めます。オススメの1冊。実写化された映画のほうも評判がいいので、こちらも見てみたくなりました。

| 読書 | 20:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT