Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  旅行、フランス、映画、試写会、バレエ鑑賞、クラッシック音楽、オトコマエ、母性本能をくすぐる男、猫、靴、ジェルネイル、食べ歩き、衝動買い etc.をこよなく愛するお気楽OLの日々のつぶやき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お気に入りのチュールスカート

流行りに流行って、今さら感もありますが、やはり便利で可愛いチュールスカート。私も何種類か気に入って愛用していますが、最近のお気に入りはこちらのBilitis dix-sept ansチックなチュールスカート。御本家Bilitis dix-sept ansで買ったら10倍ぐらいのお値段するけど、流行り物だし、この値段ならとお試しで買ったスカートだったのですが、かなり気に入って愛用中。


実は購入当初、色や形は気に入っていたものの、固めのチュールがゴワゴワしているのが気になって、そこまで気に入ってはいなかっったのですが、着ているとやたらと人に誉められるし、Bilitisのチュールスカートを愛用しているオシャレさんな友人にBilitisと間違われたりなんかして(笑)妙に気分がよくなり、最近は世の中もミモレ丈がブームなこともあり、なんやかんやでヘビロテアイテム化しています。 このチュールスカートの何が好きって、まさに御本家Bilitis dix-sept ansと同じで、内側の生地と外側のチュールの色が違うところとチュールの色が少しアッシュ系でくすんでいること。 内側は濃い目の色の2枚重ねのコットン生地(※素足で触れたときの肌触りはコットンなので気持ちいいけれど、タイツだとまとわりつくから冬場はペチコート必須)です。私、内側の生地がテカテカと光沢のあるチュールスカートは苦手なので、コットンのものを選んで着ていますが、これもコットンです。外側はグレーがかったくすんだ淡い色のチュール。内側が濃い目、外側が薄めの色で重なったときの奥行きや色の変化が雰囲気があってお気に入り。ちなみに私が持っている2色に関しては足のラインは全く透けません。


ショップの画像も実際の色にかなり近い画像ですが、一応、チュールと内側の生地の色見本がてら写真をアップしてみます。伝わりますかね?この微妙な色。中の生地はネイビーは青味の強いネイビー、ブラウンはかなり赤味の強いブラウンです。チュールは、どちらもグレーぽい、くすんだ色。丈は、私の場合、Mサイズをはくと膝が完全に隠れる丈(ミモレ丈)、まさにサイトのモデルさんと同じような感じです。腰から切り替えがあるからお腹まわりがもたつかず、トップスにも響かないし、腰から広がるボリュームもお気に入り。トップスにタイトめのニットとパンプスで綺麗目に着たり、スウェットパーカーとスニーカーでカジュアルダウンさせたり、ライダースで辛口にしてみたり、いろいろ使えるし、一年中使えるし便利です。柔らかいチュールが好きな人にはオススメできないけれど、ハリがあってボリュームのある固めのチュールが好きな人、ふんわり系のシルエットのスカートが好きな人にはオススメです。

| 買い物(楽天) | 07:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT