Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台湾・九份観光

3月に行った台湾旅行の主な目的は、九份観光。九份は、台北から車で1時間ぐらいの山の上にある町で、宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルになったといわれているところです。



夕暮れ、赤提灯に火が灯る時間帯が最高に素敵だというので、その時間帯に狙いをつけて向かったのですが・・・・。とにかく人、人、人。  3月は台湾観光のベストシーズンなこともあってか、普通の平日だったんだけれど、あまりの観光客(観光客の8割が日本人の団体旅行客)の多さに辟易。(苦笑)  ここまで観光地化されて、人だかりになってしまうと趣もヘッタクレもありゃしません。どこもかしこも人だらけで、あまり素敵な写真も撮れなかったし・・・。 

九份に向かうバス(←いわゆる市バス)乗り場も九份から台北へ戻るバス停もとにかく先が見えないぐらいの大行列。 並ぶのも、並んで乗れたとしても満員のバスで1時間ゆられて山道を行くのも考えただけで疲れるレベルだったので、行きも帰りも日本人観光客の人たちに声をかけてもらい大型タクシーに7人相乗りで現地に向かいました。 タクシーだと一人あたり250TW$(≒1000円)で、30分~45分ぐらいで着いて快適&ラクちんでしたが、九份は人が多すぎて本当に疲れました。 数年前ぐらいだったら、素敵だったんだろうな~。(苦笑)

| おでかけ | 01:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT