Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノンホールピアス化作業

手持ちのプチプライヤリングのバネネジ式金属パーツをノンホールピアス用の樹脂パーツに付け替えてみました。 別に金属アレルギーがあるわけではないのですが、丸見えのバネネジ式金具って、どうも見た目がヤボったくて好きじゃなかったので。かといってピアスの穴をあける勇気はいまだにないので。(苦笑)  


上がつけかえが完了したもの。
下がハズした金属パーツ。
(※こちらの過去記事にいくつかの加工前の写真が残ってます)


ノンホールピアスのパーツは金属製のものもありますが、私の耳たぶ(おそらく薄い)の場合は樹脂製のほうがしっかりホールドしてくれるし、見た目にも樹脂は透明で本当にピアスみたいに見えるから樹脂のほうがお気に入り。 ただ、樹脂製はサイズの調整できないから合わない人(耳たぶが分厚い人)にはしんどいかもしれないです。ついでにホールド力が足りないノンホールピアスの金具パーツや昔自作したネジバネ式パーツのイヤリングも樹脂パーツに付け替えてみました。



下の写真のコットンパールのフープっぽいイヤリングは、全部300円均一の戦利品。
300円だから失敗も恐れず心置きなく改造できた。(笑)



手作りアクセサリー熱が復活してきたついでに、もともと一つだったイヤリング(※こちらの過去記事に加工前の写真が残ってました)もストーンが片耳に3粒あるとジャラジャラとクドい気がして全く使っていなかったので、これまた分解して3つのイヤリングに 作り変えてみました。長さが違いで長いのと短いのを一緒に重ねてつけても可愛いし、作り変えて大正解!







ノンホールピアス用の樹脂パーツは、ネットで買いました。ゴールドだけでなくロジウム版もありましたよ。




フープっぽいコットンパールのイヤリングに使ったのは「樹脂オメガピアス」の3.mm平。
これ、針が細いピアスならイヤリングへの改造に使えそうです。針がかなり細くないと無理ですが・・・。



片穴式のビーズを使えば簡単に作れるパーツ



手作りアクセサリー熱、かなり復活してきています。といってもリメイク中心だけど。(苦笑) 今度は何をリメイクしようかな~。

| ハンドメイド | 17:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT