Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エジンバラでの免税手続き

ロンドンのヒースロー空港から出国する場合はメジャーなので、免税方法は調べればいくらでも出てくると思うのですが、エジンバラ空港から他国を経由して出国する場合の免税方法って、旅行前に調べたけれど、あまりどこにも載っておらず、現地で調べて行った結果を一応記録として書き残しておきます。(果たして、この情報の需要があるのかわからないけれど。)

欧州の免税手続のメジャーどころグローバルブルー社の場合、ロンドンだと空港以外の窓口はないみたいでしたが、エジンバラは空港へ行かずとも市内(Edinburgh Waverley駅隣接のツーリストインフォメーション内の両替カウンター)で手続きができました。 空港に行く前にあらかじめ市内で免税手続きをすませてしまえば、購入品が香水やお酒などの機内持ち込み制限がある液体だったり、嵩張るものだったりする場合に購入品をスーツケースに入れて預けてしまえるので便利だと思いました。

欧州の免税ってカード入金にすると遅れたり戻ってこなかったりすることが多いので、極力キャッシュでその場で受け取りたい派なのですが、エジンバラ市内での免税手続だと現地キャッシュでしたがその場ですぐに現金で受け取れました。一応、窓口には購入品も持参しましたが、私は全く提示を求められることなく書類とパスポートと購入時のレシートを出しただけでスタンプを押してもらえました。免税書類にスタンプを押してもらって免税分の現金を受け取った後(手数料等を引かれて、購入価格の10%ちょっとが戻ってきました)、スタンプを押してもらった書類は出国時にエジンバラ空港の出発ゲート4番と5番の間にある専用の白いポスト(←白いポストというよりも驚くほど簡素な白い箱。しかも白い壁に白い箱が設置されているので、あらかじめ教えてもらっていなかったら全く気がつかないぐらい目立っていないので要注意!)に投函するだけです。

逆にエジンバラ空港の投函用ポスト付近には、税関らしき窓口も人影も全く見かけなかったので、その場合ハンコはどこでもらうのだろう??? カード受取希望の場合はハンコなしで白いポストに入れてしまえばいいという噂も聞いたことがありますが、実際にお金が戻ってくるかどうかは不明。基本的にはEU経由の場合はEU最終地で行うのが原則のようですが、イギリスはEU加盟国の中でもちょっと特殊だからイギリスでも手続できるみたいですが、万一、イギリスでスタンプをもらいそこねてもEUの経由地で手続き可能みたいです。とりあえずエジンバラ市内のツーリストインフォメーション内のカウンターなら確実に現金で戻ってきて便利だったよという報告。

一応、受付カウンターのあるエジンバラ市内のツーリストインフォメーションの住所は下記のとおり。プリンセスモールの地上階(=最上階)にあります。

VisitScotland Edinburgh Information Centre
3 Princes St
Edinburgh, Edinburgh & The Lothians EH2 2QP UK


今後、エジンバラに行く誰かのお役にたてれば幸いです。

| イギリス | 20:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

いつも勝手にお世話になってます。
今回も自分が旅行した気分で
いつか役に立つかも!と、
楽しみました(^ ^)
いろいろな話題の更新楽しみにしてます。
ありがとうございます。

| p | 2015/09/11 12:56 | URL |

> pさん

独り善がりな旅行ネタ、楽しんでもらえているなんて、こちらこそありがとうございます。
いつかお役に立つことを祈っています。
ぜひ、イギリスへ行ってみてください。素敵な国なので。

| JOLLY → pさん | 2015/10/10 00:15 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT