Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  旅行、フランス、映画、試写会、バレエ鑑賞、クラッシック音楽、オトコマエ、母性本能をくすぐる男、猫、靴、ジェルネイル、食べ歩き、衝動買い etc.をこよなく愛するお気楽OLの日々のつぶやき。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「007 スペクター」

公開初日の今日、劇場で観てきました!




007 スペクター
原題 :SPECTRE
上映時間 :148分
製作 :2015年 イギリス/アメリカ
監督: サム・メンデス
出演:
ダニエル・クレイグ (ジェームズ・ボンド)
クリストフ・ヴァルツ (オーベルハウザー)
レア・セドゥ (マドレーヌ・スワン)
ベン・ウィショー (Q)
ナオミ・ハリス (イヴ・マネーペニー)
デイヴ・バウティスタ (Mr.ヒンクス)
アンドリュー・スコット (マックス・デンビ)
イェスパー・クリステンセン (Mr.ホワイト)
ステファニー・シグマン (エストレラ)
モニカ・ベルッチ (ルチア・スキアラ)
レイフ・ファインズ (M)




今回の作品は、前作「スカイフォール」を観ておいたほうが良いですね。できれば、ダニエル・クレイグのボンドシリーズは全部観ておいたほうが良いかと…。それぐらい、過去作品とリンクする部分が多い物語なので。

面白かったかというと、うーん…。(苦笑)悪くはないけれど、期待していたほどでもなかったかなぁ。(苦笑)

オープニングのアクションはハラハラドキドキで期待通りでしたが、クライマックスが案外地味でした。

なんだか作品を通じてイギリスという国に勢いがないのを痛感するのが寂しい。それが現実だから仕方がないのですが、ジェームス・ボンドって英国を背負って世界の平和と女王陛下のために戦うスパイであってほしいので、なんとなく単独で動かれるとテンションが下がるというか…。

ボンドの幼少期の過去も引っ張るほどのストーリーでもなかったかなぁ。(苦笑)あと、スペクターが案外ショボくて。(苦笑)

そういえば、SHERLOCKに出てくるモリアーティの人が出てました。モリアーティ並みに嫌味なキャラで。(笑)

ボンド・ガールのモニカ・ベルッチは、案外出番が少ない。そして老けたなぁ…と思いました。(苦笑)もう一人のボンド・ガールのレア・セドゥは可愛かった~。

クスクス笑えるボンドのユーモアはチョコチョコと散りばめられていたし、Qもマネー・ペニーも活躍していたから、そこは満足。でも、007って、もっと失笑するぐらいにアホアホでも良いのよね…。

ダニエル・クレイグのルックスは相変わらず好みではないけれど、ボンドとして見慣れてきたし、ボンドとしての立ち振る舞いはダンディでカッコよくて素敵だったから、この作品で最後なのはさびしくもあります。笑うとチャーミングだから、ここのところ数作品ではボンドの笑顔も見れたし愛着も感じてきただけに、次の7代目ボンドが誰になるのか、どんなボンドになるのかも気になるところ。

| 映画 | 23:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT