Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「母と暮せば」

劇場で観てきました。





母と暮せば

【製作】2015年 日本
【上映時間】130分
【監督】山田洋次
【音楽】坂本龍一
【出演】
吉永小百合(福原伸子)
二宮和也(福原浩二)
黒木華(佐多町子)
浅野忠信(黒田正圀)
加藤健一(上海のおじさん)
広岡由里子(富江)
本田望結(風見民子)
小林稔侍(復員局の職員)
辻萬長(年配の男)
橋爪功(川上教授)




あらすじは、こんな感じです。

山田洋次監督が、吉永小百合と二宮和也を主演に迎えて贈るヒューマン・ファンタジー・ドラマ。戦後の広島を舞台にした父と娘の物語『父と暮せば』を手がけた井上ひさしが生前に構想していた長崎が舞台の物語というアイデアを山田監督が受け継ぎ、原爆で死んだ息子と生き残った母が織りなす切なくも感動的な絆と希望の物語を綴る。共演は黒木華、浅野忠信、加藤健一。
 1948年8月9日、長崎。一人で慎ましく暮らしている助産婦の伸子。夫と長男は戦死し、次男の浩二も3年前の原爆で亡くなった。浩二の恋人だった町子はそんな伸子のことをずっと気にかけ、今でも足繁く通ってくれている。そんなある日、伸子の前に浩二が幽霊となってひょっこり姿を現わす。以来、浩二はたびたび現われては、伸子と思い出話に花を咲かせるようになる。笑いの絶えない楽しい2人の会話だったが、最後は決まって町子の幸せへと話が及んでいくのだったが…。



戦争を知らない世代にも戦争が生んだ悲劇を語り継ぐという目的がしっかりとある作品で、反戦がテーマなのでしょうけれど、カテゴリー的にはファンタジーでもあるので、重苦しくなく、あざとさも感じない、良質な美しい作品でした。

吉永小百合演じる母も、二宮和也演じる息子もとにかく可愛い。あんな可愛い息子が毎日「かあさん!かあさん!」って喋り倒してくれる日々が一変し、いきなり一人になってしまったら、そりゃ寂しいなんてものじゃないし、あんなに優しい母や大好きな恋人をいきなり一人きりにさせてしまった息子の無念さを思うと胸が苦しくなりますが、そんな母の前に息子が幽霊として現れて、昔と変わらずおしゃべりの相手をしてくれる日々。そんな様子をスクリーンを通して眺めているだけなのに、心が温かくなるし、母と同じ気分で浩ちゃんの登場が毎回嬉しくなりました。そして全編を通じて登場人物それぞれがお互いを思いやる愛情に心が温かくなる、なんとも言えない心地よさのある、それでいて切ない作品でした。

一番印象に残っている場面は、浩二くんが長崎医科大学の講義を受けている最中に原爆が落ちたシーン。画面にアップで映った万年筆用のインク瓶(ガラス製)が真っ赤な光のなかでグニャっと溶けてなくなる様子を映し出すことで原爆投下の瞬間の様子を表現してあったのですが、そのシンプルな映像が、とても心に強烈な感情をもたらしました。ガラス瓶が溶ける様子から想像させられる人々の様子、浩二くんの最期を思うと、ガラス瓶を観ているだけなのに涙が止まらなくなりました。音楽は、やはりメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲が頭から離れません。

吉永小百合×二宮和也も二宮和也×黒木華も「ザ・昭和!」で違和感ゼロ。安心して見ていられる人たちでした。それゆえに本田望結をキャスティングしたことが残念でならない。(苦笑)顔立ちからして昭和じゃないし、演技力も含めて違和感しかなかった。(苦笑)そこはやはり芦田愛菜か、昭和顔の無名の子役が良かったな。(苦笑)

それにしても本当に二宮さんって昭和が似合うよね。この作品、泣いたり笑ったり怒ったり歌ったりする二宮さんで溢れていて、そして、やっと満足のいく内容の作品で俳優二宮和也を観ることができて嬉しい。 たくさんの人に見てもらいたい誇らしい気持ちでいっぱいです。皆様も、ぜひ劇場でご覧ください。



by カエレバ


by カエレバ





| 映画 | 20:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT