Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国ドラマ「君を憶えてる」

最近ド・ハマり中(もはや大好きの領域!)なソ・イングク氏の日本で公開されている中での最新版ドラマ「君を憶えてる」。ド・ハマりした直後というタイムリーさでBS11にて放映してくれたので、しっかり録画して見ました。が、BS11放映版はオリジナルからだいぶカットされているシーンがあるみたいで、本来60分全16話なのがBS11放映版は約45分×全16話。そしてレンタルDVDだと45分×全23話。7話分(=約315分)も差があるなんて、イングク萌えしたい私には耐えられない!とばかりに、結局レンタルDVDも見ましたが、これはこれで16話分を23話分に分けてあるせいで、物語の切れ目に緊張感がなくなり中途半端…。(苦笑)ノーカット・オリジナル盤がみたいところ。どこかのCSチャンネルで放映されるのを待つかな。(苦笑)

日本だとタイトルも含めてラブコメ的なパッケージにしてあるけれど、ラブの比率は低め。ジャンルは全くラブコメではなく、クールなサスペンスです。韓国ドラマって邦題や日本版パッケージに偽りありな物が多くないですか? 万人がラブコメ好きだと勘違いしてる? むしろサスペンス好きな私としては、このド・ピンクなパッケージだとイングクが出ていなかったら見てないと思う。(苦笑) 本国でのこちらのポスター(↓)のイメージのほうが内容に合っていてがシックリきます。

E5909BE38292E686B6E38188E381A6E3828B-thumbnail2.jpg


で、実際の内容ですが、すご~く私好みでした。次々と起こる連続殺人事件が、天才プロファイラーの幼少期の過去と無くした記憶に絡んでいる? みたいな伏線だらけの謎解き系。サスペンス好き!謎大好き!ついでにイングクも大好きな私には、好きなものだらけすぎてウハウハな内容。(笑) 終わり方は、ちょっと唐突というか、BS版はカットされすぎていてお話にならないようなエンディングになってましたが、ノーカット版でもスッキリしない部分もなきにしもあらず…。(苦笑) あまり日本人好みのエンディングではないかも。ただ、それまでの過程がツボすぎたので、もう最後ぐらいいいかなって許せてしまうぐらいに全体的には好みのテイストでした。

今回のイングク氏が演じているイ・ヒョンは幼少期に父を目の前で殺されたトラウマを抱えた天才プロファイラー役でクールな役どころ。今まで演じてきたどのキャラとも違うので、これまた新鮮で見ていて楽しかったです。そんなイ・ヒョンは、チャン・ナラが演じる相棒の女刑事チャン・ジアンには、かなりツンデレ。 このツンとデレのバランスにヤキモキしながら、たまにニヤニヤさせられたりもしつつ二人のやりとりを見守る感じが、これまた楽しい。 ラブ要素がないわけではないけれど、全体の比率からすると薄めなあたりがとても私好み。私がときめいたのは、チャン・ナラとのラブよりもむしろパク・ボゴムとのイケメン兄弟愛。何、あの弟思いの優しい兄とお兄ちゃん大好きな弟!あのイケメン兄弟のやりとり、どれだけ見てても飽きない。(笑) 私もあんなお兄ちゃん欲しい!(笑)

イングク氏のビジュアルは、オデコを出してないほうが好みなのですが、今回はオデコ出してる率が高め。まあ何やっててもカッコイイと思えるぐらいに惚れてしまってから見始めているので、結局は十分楽しめました。 クールなキャラなので笑顔満載というわけではないけれど、たまに見せる不敵な微笑みだったり、意味深な笑顔がツボにハマるハマる。(笑) 不敵な微笑みあり、涙目あり、泣き顔あり、怒り顔ありと、今回もいろんな表情を見せてくれたので萌えどころ満載でした。(笑) あと、ピチピチ系シャツを頻繁に着せられていて厚い胸板が目立つことこの上ない!個人的にはシャツ姿よりもニット姿のほうが好きでしたが、韓国ドラマのお約束的なイケメンによる無駄なシャワーシーンも用意されており、目の保養には飽きないイングク萌え満載の構成。(笑) あとサラリと身につけていたさりげないシルバー系のアクセサリー使いがとても好み。とくにブレスレット!プライベートでもさりげなくシルバーアクセサリーをつけてるのをお見かけするから私物なのかな? いずれにせよ、シルバーアクセ使いが毎回さりげなくて好みでした。で、結局は何やってもカッコいい~!とさらなるイングク沼の深みへ誘われる結果に…。

ヒロインのチャン・ナラは、とても小柄に見えたけれど、実際は165cmあるみたいだから、他の男性キャスト陣がみんな大きいんですね。周りを固める俳優陣もいい味を出していたし、子役の熱演もほほえましくて、最後まで楽しく見れました。周りを固める俳優陣で一番のお気に入りは、やはりパク・ボゴム。可愛い。今後も出演作をチェックしてみたくなりました。(笑)

ちなみに、今のところ私のビジュアル的なベスト・オブ・イングクは「王の顔」の世子になるかならないかあたりのヒゲなし光海君(とりわけ日本と戦争している鎧姿最高!)だったのですが、最近のビジュアルはさらに好みなので、これから日本(M net)で放映予定の詐欺師役のドラマ(←M netが映らない我が家ではまだしばらく見れないけど)と、これから撮影に入る御曹司役のドラマの日本放映が待ち遠しい限り…。

「君を憶えてる」
製作:2015年 韓国
出演:ソ・イングク、チャン・ナラ、チェ・ウォニョン、イ・チョニ、パク・ボゴム、ディオ

by カエレバ

by カエレバ

| ドラマ | 18:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT