Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なで肩さんの誕生日2017

昨年は香港でお祝いする予定だったのに、父の緊急入院で欠席せざるをえなくなったショーサクライの誕生日(っていうか香港旅行をキャンセルしたわけですが・・・)。(※参照記事こちら) 今年はしっかりとお祝い会に参加してきましたよ。あちこち浮気中ではありますが、まだ、こっち方面への愛もしっかりと残っていますのでね。(苦笑) 今年のケーキも友人が用意してくれました。



翔さん。お誕生日おめでとうございます。


さてさて、2016年は、個人的にショーサクライの魅力を再発見した年でもありました。その魅力に気づかせてくれたのは北の大地に住む友人Mちゃんだったのだけれど。(笑)ライブDVDでショーサクライだけを見ることがこんなにも面白かったなんて知らなかったわ。(笑)いつもダーリンにロックオンされていたから全く気づかなかったけれど、あらためて注視することで魅力をたくさん発見した2016年。集中すればするほど鬼の形相になるあたりだとか、ドスドスと重力感を醸し出す踊りとか、いちいち全てが愛くるしい。(←褒めてます) 今回のライブソロでは、まさかのプリティー感で攻めてくるあたりもたまらん。とくにパツパツの縦縞ボトムを身につけて披露する花道での重力感満点のステップ「こんな風に歩いてく~♪」の部分。はやく映像で鬼リピートしたい。(笑)丸々しているお顔も福々しくて大好きです。これからも私に笑いを届けて下さい。(←え?違う?) いや、マジでライブのショーサクライが好きなんですよ。最近の私は櫻井ファンの友人とライブに入ることが多いのだけれど、ショーサクライって自分のファンを取りこぼさないんだもの。良席に入れば確実に華麗にファンサして立ち去る姿に何度惚れ惚れしたことか。ダーリンは閃きとフィーリングで動くから動線に偏りがあるだけに良席でも背中を向けられる可能性も高いゆえ、毎回近くに来るたびに胃が痛くなるけれど、ショーサクライの動線は計算し尽くされていて無駄なく公平な印象なんだよね。そんなショーサクライから毎回確実にファンサをもらう隣席の友人を見るにつけ、その計算し尽くされていて無駄なく公平な動線が羨ましくて仕方がありません 。頭が良いからこそなせる技、ダーリンにも爪の垢を煎じて飲ませたい。(苦笑) そのショーサクライの笑顔のおこぼれで、毎回私も幸せな気分になっています。なので、今年も笑顔のおすそわけを楽しみにしています。あ、できればダーリンが背中を向けているときによろしくね。ダーリンがこっち向いてるときは、さすがにショーサクライを見る余裕はないので。(笑)

| 誕生日 | 23:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT