Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国ドラマ「チャン・オクチョン」

韓国ドラマ「チャン・オクチョン」をみました。“朝鮮3大悪女”の1人として権力欲にかられ変貌していく悪女の代名詞として描かれてきたチャン・オクチョン(=張禧嬪:チャン・ヒビン)を悲劇のヒロインという新しい視点でとらえ、チャン・オクチョンと李氏朝鮮第19 代国王、粛宗(スクチョン)の愛を、破滅へと向かっていく切なくも純粋な愛という方向性で描いた歴史ドラマとのこと。





チャン・オクチョンの人生は歴史がすでにネタバレしているようなものだから、視聴者は結末は分かった状態で見ているわけですが、歴史ドラマといっても、かなりフィクションも多いドラマです。子供の年齢だったり、他の側室の描かれ方だったり出産時期なんかも、いろいろとチャン・オクチョンに都合よく設定されていて、ツッコミどころもチラリホラリ。(笑) そして描く視点が変われば善人悪人も違ってくるんですよね。この作品では、チャン・ヒビン(=オクチョン)が主人公ゆえ善人寄りの設定で、トンイは完全なる悪役として描かれています。 まあ、このドラマでのチャン・オクチョンも善人かといわれると微妙です。理由は健気ではあれど、権力欲にかられていく姿はしっかりと描かれているので女性のイヤらしい要素も多々垣間見れるので、気の毒だとは思えども自業自得感もなきにしもあらず。(苦笑) ただ、こういう背景や事情もあったのかもね・・・気の毒な女性だったのかも・・・っていう同情に近い感情を抱きながら見るにはフィクションの部分も面白くて新鮮でした。 「服」がキーワードなところも斬新で面白かったです。「服」がキーワードなだけあって、劇中に登場する女性陣の韓服の数々、とくにチャン・オクチョンが宮廷で着る衣装は斬新で見応えがありました。そして、その派手系で斬新な衣装がキム・テヒに似合う。美しいのなんのって。でもフィクションで美化していても、やはりチャン・オクチョンってウザかったな。(苦笑) 王様の寵愛をかさに着ている感じがウザいし、「奇皇后」のときのヤンと同じで権力欲をあらわにしはじめたあたりから見ていてウザさが増してきた感じ。



私のお目当ては言わずもがな、李氏朝鮮第19 代国王、粛宗(スクチョン)を演じていたユ・アインです。李氏朝鮮第19 代国王、粛宗(スクチョン)って、私が今までドラマで見た粛宗は、どれも素敵な王様だったのですが(それにくらべて仁祖は、どのドラマでも残念な王様。)、このドラマでユ・アインが演じた粛宗も素敵だった~。愛に一途ではあれど、盲目じゃないところが素敵。冷静に状況を見て政局とのバランスをみながら愛に溺れてしまわない冷静さも併せ持つ感じが素敵でした。





そして、やはりユ・アイン好きです。演技上手い!ビジュアルはブサ可愛い系で、さほどイケメンだとは思っていなかったのだけれど、このドラマでは間違いない長身のイケメンだったわ。とくに横顔。このドラマではモテモテ役だったけれど、妙に納得できたもの。(笑) そして、やっぱりどこか愛嬌があってブサ可愛い。(笑) どんだけオクチョンが好きなんだ?ってツッコミたくなるぐらいオクチョンに会えたときの嬉しそうな表情だったり、はにかんだ表情だったりを頻繁に披露してくれるので、それにつられて見ているほうも顔が緩む。(笑) それはまるで、「奇皇后」のときにチ・チャンウクが演じていた皇帝タファンを彷彿とさせるものがありました。 それでいて政敵を論破するときの目力や強さも迫力があって、このドラマの粛宗役、ものすごく似合っていて素敵でした。やはり演技上手で見る作品ごとにイメージの変わる俳優さんって大好きです。 あんなツブラな目なのに、雄弁な目。そしてポッテリ唇から目が離せませんでした。(笑) 嫁姑問題で困ってる姿ですらも、見ていて楽しかった。(笑) 母もすっかりユ・アイン贔屓になってしまって我が家では、このドラマは「チャン・オクチョン」ではなくて「粛宋(スクチョン)」ってタイトルに変えたいぐらいだよねーって言ってたぐらい、粛宗に楽しませてもらえたドラマでした。 それにしても、「六龍が飛ぶ」「トキメキ☆成均館スキャンダル」「チャン・オクチョン」とユ・アイン出演ドラマを3作品みたのだけれど、どの役も大好きな人とは最終的には幸せになれていないのよね・・・。なので、ぜひ、次に観るドラマではユ・アインを幸せにしてあげて欲しい。(笑)

キム・テヒは美しかったです。でも顔立が西洋的だからか時代劇より現代劇のほうが似合うね。アップの髪型があまり似合ってなかったような…。気の強い役や女の嫌な部分を持ち合わせている野心家な役は似合っていました。ヨンパリを彷彿とさせる雰囲気。(笑)KARAの子はなんで出しちゃったんだろうね・・・。あれは出したらあかんやろー。へたくそな上に可愛くもないってトンイに失礼だわ。

とりあえず、私は楽しめた作品でした。

| ドラマ | 17:56 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/07/19 20:00 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT