FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国ドラマ「シグナル」

韓国ドラマ「シグナル」を見ました。これ、ちょうど私が韓国ドラマを見始めた頃に「太陽の末裔」と並んで話題になっていたドラマで、2%で成功と言われるケーブルテレビ局のドラマにもかかわらず異例の最高視聴率13%(ケーブルテレビドラマ史上歴代2位の視聴率)を記録した作品だそうで、第52回百想芸術大賞でも「太陽の末裔」と評価を分けて、作品賞、脚本賞、女性最優秀演技賞(キム・ヘス)の3冠に輝いたドラマらしい。




ジャンルはサスペンス。傑作サスペンスだといわれるほどの評判の作品とあらば、サスペンス好きとしては興味がひかれないわけがない。といっても誰が出ているのか全く予備知識なく見始めたのですが、主演3人のうちの男性2人は過去ドラマで見たことある人で、パク・ヘヨン警部補は、「ファッション王」でユ・アインが演じていたカン・ヨンゴルをイジメまくっていたアホボン(=イ・ジェフン)だったし、イ・ジェハン刑事は「根の深い木」のダンディなムヒュル(チョ・ジヌン)だったし、他にもけっこう見たことのある人がたくさん出ていました。

ストーリーは、ザックリいうと古い無線機が過去と現在をつないで未解決事件を解決していく話です。未解決事件と、過去のトラウマや心の傷が徐々に絡み合っていく様子が気になって目が離せなくなる系です。「ミセン-未生-」のキム・ウォンソクが演出した作品とのことで、見れば納得、ドラマの映像の色調とかトーンが「ミセン-未生-」にとても似てました。ずばり暗くて辛気臭い。(苦笑) しかも未解決事件(なかでも連続殺人が多い)を扱っているので、遺骨や死体がチョイチョイ登場することもあって、ちょっと不気味というか、夜中にひとりで電気を落とした暗い部屋で見ているとちょっとコワイし気分のいいドラマではない。(笑) でも警察内部の陰謀だったり権力者による隠ぺい工作だったりも絡んでくるので、ハラハラドキドキもあって続きがとにかく気になる系で面白かったです。

パク・ヘヨン警部補役のイ・ジェフンは、「ファッション王」のときの役が超嫌なヤツでめちゃくちゃイメージ悪かったし、ルックスも全く好みでもないだけに、見始めて彼が登場したときは、「えー、この人が主役なの...見る気が失せる...。」とテンションが下がったのですが、ストーリーに引き込まれて、過去を抱えたプロファイラー役も似合っていたしで、途中からは特になんとも思わなくなってきた。っていうか、彼らの上司の警察局長が憎たらしすぎて、あいつをやっつけてくれー!!!と途中からは応援モードになってました。(笑)しかし、イ・ジェフンの鼻の尖り方ってすごいね、三角定規みたい。

正義を貫くイ・ジェハン刑事(チョ・ジヌン)は、素敵でした。ムヒュルといい、イ・ジェハン刑事といい、好感度高いです。ひたすら応援しつづけました。チャ・スヒョン刑事(キム・ヘス)の変貌ぶりもおもしろかった。昔は初々しかったのに、百戦錬磨であんなに逞しい女性になったのですね・・・。

最後の手前まですごく面白かったけれど、最終回の最後のオチは、どうもスッキリしなかった。え?結局どういうこと?みたいな。(苦笑) 過去が変われば現在も変わるし、その現在も思い通りには変えられないってことですかね?とにかく、その続きも見せてよー!みたいな終わり方で、いまいちスッキリしません。そこが微妙。(苦笑)

| ドラマ | 19:42 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2017/11/14 20:08 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT