FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ワンドゥギ」

韓国映画「ワンドゥギ」を見ました。




「ワンドゥギ」
【英語タイトル】PUNCH
【製作】2011年 韓国 上映時間 108分
【監督】イ・ハン
【原作】キム・リョリョン
【脚本】キム・ドンウ
【撮影】チョ・ヨンギュ
【音楽】イ・ジェジン
【出演】
キム・ユンソク(ドンジュ)
ユ・アイン(ワンドゥク)
パク・スヨン(ワンドゥクの父)
イ・ジャスミン(ワンドゥクの母)
キム・サンホ(隣人)
キム・ヨンジェ(ミング叔父)
パク・ヒョジュ(ホジョン)
カン・ビョル(ユナ)



「トキメキ☆成均館スキャンダル」に続くユ・アインの出世作とのことで、ユ・アイン目当てで鑑賞。韓国のベストセラー小説を映画化したヒューマンドラマだそうで、タイトルの「ワンドゥギ」は主人公の青年の呼び名です。

勉強もせずにケンカばかりする問題児高校生のワンドゥク(ユ・アイン)は、父子家庭、しかも父には障害があるという不遇な環境で育っている。そんな彼がおせっかいで破天荒な担任教師(キム・ユンソク)との出会いにより、いろいろ成長していくという話。金八先生的な担任ではなく、ちょっと破天荒な担任の先生で、私生活にまでズカズカ入り込んできて干渉していく先生。

主人公の高校生をユ・アインが演じているのですが、貧乏な高校生も似合うね。(笑) 勉強もせずにケンカばかりする問題児だけれど、父親思いで優しい。いきなりの実の母の登場で戸惑う姿や、初恋、いろんな葛藤を抱えつつ一つ一つ問題を自分の中で解決して成長していく姿が描かれていて、めちゃくちゃ面白い話というわけではないけれど、真摯な作品で普通に面白かったです。 ユ・アインのいろんな表情が楽しめるので、ユ・アインウォッチャーとしては十分満足。

実の母は、実は・・・・というあたりも切ないというかビックリというか面白いというか、あのお母さんであのお父さんでユ・アインが生まれるか?長身の遺伝子はいったいどこから???(苦笑)ってツッコミたくなりましたが、戸惑いながらも実の母を受け入れる様子も微笑ましい。いい表情するね、ユ・アイン。 相変わらずイケメンだとは思わずにみておりましたが(笑)高校生の集団の中に入ると、やっぱりイケメンなのね。存在が目立つ。先生が実は・・・ってオチも意外で面白かったです。なんやかんやと不遇ではあれど、周りの人たちから地味に愛されている姿が描かれているし、ワンドゥク本人も地味に回りを愛している様子がわかるからか、イヤな気分にならない作品でした。

| 映画 | 23:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT