FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

韓国ドラマ「トッケビ」

韓国ドラマ「トッケビ」を見ました。



本国では、かなり話題になった作品だそうですが、なんせ出演者が興味のない人ばかりだし、ジャンルが私の苦手なジャンルであるラブ・ストーリーっぽいから、かなり警戒して見始めたのですが、これが時代劇要素も加わった時空を超える輪廻転生系のファンタジーっぽい物語で、トッケビや死神や神様が登場したりなんかするので、案外それなりに楽しめました。それなりに楽しめたけれど、トッケビロスと言われたりするほどのブームが起きるようなドラマ?って疑問も・・・。(苦笑)

物語は、現代と過去パートがあり、過去パートの時代は、第3代高麗王ワン・ヨの時代。これまたイ・ジュンギの「麗」やチャン・ヒョクの「輝くか、狂うか」と同じなので、登場人物のキャラクターや政治背景なんかがスーっと頭に入ってきました。(残念ながら、「トッケビ」にはワン・ソは出てきませんでしたが・・・。)

トッケビ(韓国語 : 도깨비)というのは、朝鮮半島の昔話に登場する妖怪で、日本語で訳すと「鬼」。姿は人間に似ており、いたずら好きで、悪人をたぶらかし、善人には富などの恵みで報いるのだとか。このドラマの中では、第3代高麗王ワン・ヨの時代に胸に剣が刺さったまま亡くなった悲劇の武将がトッケビとなり、その胸の剣を抜ける唯一の存在である「新婦」を探して現世を彷徨っているという設定。この物語では、トッケビの胸にささっている剣を抜けば、トッケビは成仏できるという設定になっていました。

そのトッケビを演じているのはコン・ユ。「コーヒー・プリンス1号店」を観たことあるけれど、カッコイイとも思わず、それ以後も全く興味のない人だったのだけれど、このドラマのコン・ユは、素直にカッコ良いと思えました。とくに好みではないけれど、なんせスタイルが良いし、トッケビってめちゃくちゃ強いからさー。(笑)アメコミヒーローを見ているような気分。(笑)

トッケビの新婦役のヒロインはキム・ゴウン。これまた普通の子。目も細い一重で、さほど綺麗でもない、本当にどこにでもいそうな普通の子なのだけれど、その普通っぽさも物語の途中からは愛嬌があってだんだん可愛く思えてきました。が、私の母は、ヒロインが綺麗じゃないのが不満で物語にイマイチのり切れないと愚痴ってました。

あと死神や、神様やら、いろいろ出てきます。死神のイ・ドンウクも主要キャラなのだけれど、この人の顔が苦手で・・・。(苦笑)もうすこしビジュアルが好みの人だったら、もっと楽しめたのになー。(苦笑)あと、御屋敷で同居している御曹司(=執事の孫)役のユク・ソンジェが、ソ・イングクそっくりだった!めっちゃ似てる!と思ったら本国でも似てるって有名らしい。あとトッケビの従者になった子役の子が超可愛かったです。

| ドラマ | 17:34 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2018/04/20 20:06 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT