FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)について

今回、我が家で迎え入れる子猫のかりんちゃんは、お母さんが猫エイズウイルス陽性で(キャリアの状態で発症はしていない)、その初乳&母乳で育っていたため初期検査で猫エイズの陽性反応が出ている子(※白血病は大丈夫)です。

猫エイズっていうと言葉の響きが怖いけど、正確には「猫後天性免疫不全症候群」と言って、実際は「免疫が弱くなるかも病」っていうニュアンスのウイルスらしいです。猫エイズは感染していても完全室内飼いの猫の場合は発症せずに長生きできる猫が多く、一般的な発症率はとても低いとのことで、感染力も弱いので完全室内飼いの避妊去勢済の猫同士なら日常生活(グルーミングや食器やトイレの共有など)では感染する可能性はほとんどなく、流血沙汰のケンカでもしない限りは大丈夫とのことで、ノンキャリアのゆずと同居も考慮に入れた上で、最初から陽性であることを納得して引き取りました。

そんな事情もあり、引き取る段階で保護主さんからしっかりと説明を受けてはいたものの、一応確認もかねて、我が家にかりんが来てすぐにも動物病院で健康診断とワクチンの予約のついでに白血病と猫エイズのウイルス検査をしてもらいました。

結果は白血病は陰性、猫エイズは偽陽性とのこと。とりあえず白血病は陰性なので、まずは安心なのですが(白血病ウイルスは感染力が強く、発症率も高く、短命なので、白血病が陽性だとノンキャリアのゆずとの同居はできないので)、問題の猫エイズのほうは、今回の検査では偽陽性。お母さんの母乳の抗体移行で陽性反応が出ているだけなのか、それともかりん本猫がウイルスキャリアなのか、現段階では疑わしいということで、お母さんの母乳の抗体が切れる頃(生後6か月ぐらい)に再検査することになりました。

まあ全て納得した状態で引き取っているので、陽性でも構わないっちゃー構わないんだけれど、お母さんの母乳の抗体のせいで陽性反応が出てるだけだとしたら、生後6ヶ月頃には陰転している可能性もあるので、それぐらいの時期にまた再検査するつもりです。陰性であることに越したことはないのでね。(苦笑)

まあ、こういう事情もあるので、ゆずがかりんを最後まで気に入らず、かりんには近づかないと決めて家庭内別居を決め込むのなら、それもありかなと思ったりするわけです。ゆずが近づかなければ近づかないで、ゆずの安全は確実にはなるのでね。猫好きで猫肌が恋しいかりんには気の毒ではありますが…。(苦笑)

とりあえずかりんちゃんはワクチンが終わるまでは、しばらくゲージ内生活なのでゆずとガッツリ接するのはもう少し後になってからの予定です。1回目のワクチンは終わったので(子猫はワクチンが2回必要)来月、2回目のワクチンが終わってからかな。ゆずちゃんもそれまでには心の準備も整っていることでしょう。


ゆっくり心の準備してるけど?


| 犬&猫 | 21:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT