FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どんどん大きくなっています。

子猫の成長って本当に早いんです。ラムネもゆずも可愛かった子猫時代はあっという間に過ぎ去って、もっと写真に残しておけば良かった!と後悔したものですが、かりんも、どんどん大きくなってきて体重も1キロを超えてきました。フォルムも手足が伸びてきて胴も長くなってきて、だんだん子猫から本格的な猫に近づいてきています。




外見だけでなく、中身も少しづつ成長してきています。最初の頃はゆずちゃんが近くにいるだけで嬉しくてはしゃいでしまって勢いを抑えることができず思いっきり飛びついては、ゆずにシャー&猫パンチで叱られまくっておりましたが、一度ゆずがかりんを上から押さえつけたのを機に、ゆずも無駄に逃げ回らなくなり、かりんもゆずの力には敵わないということを学んだようで、少し空気を読むようになって、ゆずちゃんに認めてもらうにはどうすればいいかを考えて行動しはじめているようで、さらに少しづつではありますが関係性は良くなってきています。

最近のかりんちゃんは、ソーっと静かに、そして時には「近くに寄ってもいいですか?」とニャーと小さな声でゆずちゃんにお伺いを立ててから、ゆずちゃんの顔色を見ながら静かに一歩づつ近づくようになってきました。 ニャーとお伺いを立てても、ダメなときはゆずは拒否するので、そんな時はそれ以上踏み込まないで、近くでジーっと待つようになりました。

ゆずちゃんも静かに近づいて来るのは許容範囲のようで、かりんが近づいてきて耳や背中に触れられてもジーっと動かずに好きにさせていたりします。ただ、すぐ調子にのってしまうのがかりんさん。おとなしくそこで背中合わせに座っておけばいいものを、かりんは胸元&喉の下に入ってくっつきたいようでついつい手を喉元に伸ばしたりしちゃうんですよね。 喉元は急所なので、そこに触れるとゆずは瞬発的に怒って猫パンチを食らわすか、退座してしまいます。(苦笑) そんなゆずもしょっちゅうラムネの胸元に顔を突っ込んではラムネをウウウウーーーと怒らせて退座させていたんですがね。(苦笑)

まだピッタリ寄り添うまでには時間がかかりそうですが、今や、ゆずちゃんのお気に入りのベッドやおもちゃをかりんが使ってもスネたり怒ったりしなくなったし、ゆずのシャーも猫パンチもかなり減ってきたし、居間にかりんを放して自由にしていても、ゆずも自分から同じ部屋に来て眺めているし、居間でかりんとの距離が近くても平気で居眠りしたりもしているので、だいぶ一緒にいることに慣れてきてる感じです。もうちょっとだ、がんばれゆずかりん!

| 犬&猫 | 22:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT