FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゆずちゃん、入院しました

ゆずちゃん、本日より入院しています。昨夜、また熱が出ており食事もちゅーるすら食べなくなってしまったので、病院へ連れて行きました。今までしっかりと食事をしていた猫は、丸2日食事をしないと肝臓に脂肪がたまって脂肪肝という肝臓の病気になってしまうそうです。そうするととても大変なんだそう。なので、食べなくなったらすぐに病院へ連れて行かないとダメだということで、ゆずも1.5日水以外を口にしなくなったので連れて行きました。

5回目の猫風邪再発だし、猫風邪じゃない他の病気かもしれないし、ちょっとセカンドオピニオンを求めたかったので今回はいつもと違う病院へ連れて行きました。先生も猫風邪じゃない他の病気かもしれないからと、血液検査やらエコー検査やら、とりあえず必要な全ての検査をしてもらったのですが、血液検査も正常、内臓等も異常なしとのことで、やはりウイルス性の猫風邪であろうとのこと。

昨夜は、猫風邪用の注射を打ってもらって自宅に連れて帰り、朝まで様子を見て、1度の注射で症状が治まって朝までに食事をするようであれば入院しなくても良いけれど、1度の注射で症状が治まらず朝までに食事をしなかったら、明日から入院して血管に管を入れて24時間点滴をしましょうとのことで、結果、今朝も何も口にしてくれなかったので3日間入院させることになりました。


入院のため病院に行く直前のゆずちゃん。
そこまでグッタリしているわけでもないのだけれど
とにかく食欲が戻らないのでねぇ・・・。


そして、お医者様から、ゆずちゃんが完治するまで、子猫のかりんと、ゆずちゃんは、1か月間ほど完全隔離するようにと言われてしまいました。猫は常にウイルスは保菌しているらしいのですが、健康なら発症しないけれど、今はゆずちゃんの免疫が下がって弱っているから、治りかけてもすぐにかりんが持ってるウイルスに毎回負けて繰り返し発症している可能性があると。なので、ゆずが完全に健康になってから、かりんと接触させてくださいと。居住空間を完全に分けて、できればお世話する人も専属で分けてくださいと。これ、ケージフリーにする前なら簡単でしたが、今や家中をフリーで走り回っているかりんなので、けっこうたいへん。ですが、やるしかないので、かりんは猫部屋(兼母の寝室)に隔離。それ以外の空間をゆずだけにして、食事もトイレも完全に別にしました。共有で使っていた食器やトイレは、一度全部塩素系漂白剤に漬け置きあらし洗いして殺菌。なかなかの大仕事。(苦笑) お世話係は、母がゆず担当、私がかりん担当です。

そんな事情により、突然猫部屋に1か月閉じ込められることとなったかりんさん。(苦笑) 幸いかりんは猫部屋が大好きで、もともと昼もほとんど猫部屋でお昼寝していたし、赤ちゃん時代から過ごしてきたケージがあるので、そこで食事や排泄することは慣れていることもあり、扉を閉めた猫部屋でも御機嫌で走り回って、好きな玩具やベッドやハンモックを使ってくつろいでいましたが、ひととおり満喫したら、扉を閉められているので居間にも廊下にも出れないこと&ゆずちゃんに会えないことに気づき始めたようで、ちょっとテンション下がりはじめています。(苦笑) 様子を見に扉をあけて猫部屋に入るたびに、めったに鳴かない子だったのに、私の顔を見てはニャーと毎回鳴いて甘えてくるようになってきて、その姿はとても可愛いのだけれど、なんだかちょっとかわいそうでもあり複雑。ケージフリーにする前だったら良かったのに・・・。(苦笑) 今度はかりんにストレスがたまらなければいいのだけれど。そして2匹を完全隔離するとなると、常に2部屋2台のエアコンを稼働させねばならず、これまた光熱費も嵩みそう。なので、より一層早く涼しくなってくれることを祈りはじめています。っていうか、それより何より、ゆずちゃん、早く元気になってー。

| 犬&猫 | 22:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT