FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

朝の通勤電車の車内で

朝の通勤電車の車内でケンカに遭遇しました。片方は若い20代ぐらいのサラリーマンらしき青年。もう片方は40代後半ぐらいのサラリーマンらしき男性。ケンカの原因は、若いサラリーマン青年が背中にかついでいた大きなリュック。これがまあ結構な大きさなのに担いだまま乗り込んできて、そのまま車内でもかついだまま。その状態を40代後半ぐらいのサラリーマン男性が口頭で注意したところから言い争いになり、ケンカ勃発。そもそもそのリュックを担いだまま満員電車に乗るのはマナー違反だろうと思うのだけれど、注意の仕方が「おまえ、それ、いいかげんにせーや。リュック、下ろせ!」とケンカ腰の物言いだったため「はぁ?お前に関係ないやんけ!」と売り言葉に買い言葉でケンカ勃発。「マナーで言われてるやろ!」「誰が言うてるねん!聞いたことないわ!」と。「後ろの人に当たるやろ!」「当たってないやろ!」「今、あたってなくてもあたってたやろ!」「だったらどーした!」と朝から気分の悪いやりとりに遭遇。

私は常々、満員電車にリュックを背負ったまま乗ってくる人をウザいなーと苦々しく思っていたので、若いサラリーマン青年の悪びれない態度にイライラしつつ、その注意した40代男性を心の中で応援しながら成り行きを見ていたのだけれど、結局その青年は反省しないまま途中の駅で下車してしまいました。そのケンカを彼らの真横で見ていた野球部らしき高校生二人組の男子が、そのリュックをかついだままのサラリーマンらしき青年が下車して行ったあとに「あいつ、アホやな。」「常識ないな。周り見たらわかるやん。みんなリュック前にかかえてはるやん。」「聞いててイライラしたわ。」って顔を見合わせながら二人で会話していて、日本の未来は明るい気がしました。(笑)ケンカって見ているだけでも気分が悪かったけど、爽やかな高校生たちに救われた気分。

| | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT