FC2ブログ

Je pense, donc je suis.

Je pense, donc je suis.(我思う、故に我あり。)  というか、ただの日記です。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

迷惑メールにうんざり

私の携帯電話はAU。AUはDoCoMoなんかに比べると迷惑メールは少ないらしく、私はほとんど受け取ったことがなかったのだが、最近ちらほらと届き出して警戒ぎみ。とはいえ、迷惑メール専用窓口を用意してくれているので、届いた迷惑メールは、即、窓口へ転送して対処を仰ぐ。問題は携帯ではなく、パソコンのほうに届く迷惑メール。これ、本当になんとかならないのでしょうか?以前、自分のサイトで、直リンクでアドレス公開していたこともあり、迷惑メールが後を立たない。ほとんどが男性を対象とした出会い系やアダルト系。ウザいったらありゃしない。「男の人ですよね?」とかいう文面やタイトルを見ると「違うわ!ボケ!」と言いたくなる。そういう営業方法でしか客を呼び込めないわけ?っていうか、男って、こんなバカらしい誘い文句に騙されるわけ?それとも世の中に女が余っているから、男を探す文面ばかりなの?いずれにせよ、本当に迷惑。なんとかしてほしいです。

| | 01:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり好きになれないKLM

私が所持しているエアラインのマイレージカードは、4枚。
--------------------------------------
全日空(ANAマイレージカード):スター アライアンス
日本航空(JALマイレージカード):JMB
エールフランス(フリークエンス・プラス):スカイチーム
ノースウエスト&KLMオランダ航空(ワールド・パークス)
--------------------------------------
この4つさえ持っていれば、私が利用するたいていのエアラインがグループ提携しているので事足りていたのであるが、最近、ノースウエスト航空と提携していたKLMが、エールフランスと提携してスカイチームに新たに加入したことにより、エールフランスから、KLMマークが加わった新しいカード(その名もフライング・ブルー)が送られてきた。しかし、それ以前は、KLMはノースウエスト航空と提携していたので、手持ちのノースウエスト航空のカード(ワールド・パークス)と新しく届いたエールフランスのカード(フライング・ブルー)のどっちにもKLMのマークが印字されている。おまけに、エールフランスのカードに添付されていた書類を要約すると

「KLMとエールフランスの両方のカードをお持ちの方には、2枚新しいカードが届く場合があります、その場合は1枚にまとめることが可能ですので、後日2枚のカードの表面をコピーして送ってください」

みたいなことが書いてある。KLMの場合、日本でカードを作ると、勝手にノースウエスト航空のカードが送られてくる。つまりKLMのカード関連の日本の窓口は、完全にノースウエスト航空へ委託されているような状態なので、日本在住者が持つKLMのカード=ノースウエスト航空のカードなわけ。ってことは、ノースウエスト航空のカードもエールフランスと1枚にできるんだろうということで、一応ノースウエスト航空へメールで問い合わせたら

「他社のマイレージプログラムで貯めたマイルとワールドパークスで貯めたマイルを合算することは出来ません。 悪しからずご了承くださいませ。」

とかいう、それだけかよ!?と言いたくなるような無愛想な短文の返事が戻ってきた。だいたい他社って言うけど、あんたたちが勝手に統合だの合併だの業務提携だのしてるんだろー!(怒)とイライラしつつ電話で再度確認したら、電話では丁寧に説明してくれたので、少し怒りが収まった。要するに、今のところKLMはノースウエスト航空(ワールド・パークス)とエールフランス(フリークエンス・プラス)両方に参加しているという状態になっているらしいが、ノースウエスト航空(ワールド・パークス)とエールフランス(フリークエンス・プラス)は、全く違うシステムなので、マイルもカードも1つにまとめることはできない。というわけで、今後、KLMの搭乗マイルは、ノースウエスト航空(ワールドパークス)でもエールフランス航空(スカイチーム)でも、どっちにでもマイレージをつけることが可能なんだそうだ。(両方につけるのは不可)。どっちにするかは自分で選んでいいらしい。
それにしても、だいたい今回の統合だの提携だので、顧客を混乱させ、迷惑をかけているのは、KLMなわけでしょ?だったらKLMから書面なり手続きの説明なりがあって然るべきじゃない?窓口をノースウエストが代行しているなら、ノースウエストから、それなりの説明があるべきだと思うけどねー。合併するというお知らせはあったものの、今後のカードやマイルに関する説明はなかったし、サイトにもプラチナ会員以外の一般会員に関する説明なんてありゃしないし。他社であるエールフランスから手紙が届いて初めて知らされて、当の会社は、ほったらかし状態っていう企業姿勢って一体どうなのさ?KLMは、前回のロストバゲッジ事件後の対応の悪さから、大嫌いなエアラインとなっているが(※この一件が気になる方は2003/8/18、及び8/20の日記2003/9/1の日記を御覧あれ)、またしても、今回の対応も気に食わない。とはいえ、ワールドパークスは、マイル加算率も高いし、たしかポイント無期限だったはずなので、その特典は捨てがたい。悔しいけれどたぶんスカイチームのフライトポイントは、ワールドパークスで貯めることになるだろう・・・。KLM嫌いなのに・・・。ジレンマである。

| | 12:48 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

火曜日の雨に物申す!

梅雨の季節だし、水不足騒動の直後なので、雨に文句を言っても仕方がないが、それにしてもここ大阪という町は、火曜日という日はなんと雨が多いのか!(怒)火曜日は、私はフランス語のお稽古の日で、辞書に教科書にノートにといつも以上に荷物が多いのだが、そんな火曜日に限って雨というのが、ここ数年の間、年間を通じて本当に多い。狙い済ましたように火曜日に雨が来るのは、何者かの陰謀か?とすら思ってしまう。大荷物の上に傘まで持って通勤するので、いつも荷物は雨に濡れ、おかげで、私のフランス語の教科書は、湯上り雑誌のようにフニャフニャ状態。ワタクシ、けっこう神経質な性格なので、こういうフニャフニャの本って許せないのよねー。もう何度も雨にやられてしまって、すっかりあきらめてるけれど、かろうじて辞書だけは死守している状態。で、そのくせ夕方、カラリと晴れ上がるのにもムカつく。あれだけ苦労して出勤した私はなんなのさ!今日なんて、朝、家を出るときには雨も降ってなくて、今日は会社に着くまでは大丈夫だろう、会社には置き傘もあるしと傘ナシで出かけていったというのに、バス停でバスを待っていたら、なんだか、パラパラ降り始め、気がつけば屋根のないバス停で耐えられる限度を超える雨量。仕方なくすぐ側のコンビニでビニール傘を500円で買っちゃったというのにさー、会社につくまでジャジャ降りだったくせに、午後から何事もなかったかのように晴れるって嫌がらせみたいだ・・・。雨を降らせるなら、10:00~15:00か、夜間限定で降ってください。

| | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

劇場鑑賞のマナー

映画にもバレエにも共通して言えることなのだけれど、劇場鑑賞のマナーのなってない人間にイライラする。なぜに、世の中、他人の迷惑を考えないバカが多いの?携帯電話の電源は切っておけ!マナーモードじゃなくて、電源を切れ!上演中、音を立てて物を食べるな!包み紙をガサガサ、ガサガサ、うるさいんだよ!飴を食べたければ、始まる前に口に入れとけ!ストーリーの説明は、始まる前に済ませとけ!上演中に、喋るな!喋らせるな!これらのことって、鑑賞マナーとしての常識じゃない?そんな当たり前のことができない大人が多い中、先日の熊川哲也の「白鳥の湖」の鑑賞の時にちょっと尊敬する母子を発見。そのお母さんは、小学校の低学年ぐらいの兄妹を連れて来ておりました。幕間の休憩に子供たちがトイレへ行くという際に、お兄ちゃんを呼び止めて、「もしもトイレが混んでいて、帰って来たときに、もう会場が暗くなって舞台で誰かが踊っていたら、入り口の通路の横のところで待ちなさい。そして、踊りが終わって、みんなが拍手をしたときに、走って席に帰ってきなさい、他の人に迷惑だから背を低くしてね。」って言い聞かせてから送り出していたのです。大阪フェスティバルホールを御存知の方ならわかると思うのですが、あの会場はトイレ数が不足しているので、トイレが猛烈に混むんですよね。(いいかげんに、ホールをリニューアルして改善してほしい。)一応改善策として、男性用を数箇所閉鎖して女性用として使用しているわけですが、それもたいした効果はなく、おまけにそのせいで男性は、はるばる遠いトイレまで行かなければならないわけなんです。つまりお兄ちゃんは遠くのトイレへ、妹は込んでる女性トイレに行かなくてはいけないわけで、時間内に戻ってこられないかも・・・という最悪の事態を母親は予測したわけですね。案の定、その兄妹は、舞台が始まってからしか戻ってこれず、母のいいつけどおりに入り口の横の通路で待ってヴァリエーションが終わったときの拍手の間に走って席に戻りました。その姿を見て、私は、そのお母さんに「ブラヴォー!」と言いたくなりました。賢いお母さん、ステキでした。そしてその言いつけを守る子供たちもとってもお利口さんで好感を持てました。

| | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |